浸みるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 浸みるの意味・解説 

し・みる [0]染みる・沁みる・浸みる・滲みる

上一 [文] マ上二 し・む
液体が、繊維の間や物の割れ目をつたって広がる染・浸・滲 インクが-・みる紙 が壁に-・みる 汗の-・みたハンカチ しみ出る場合滲みる書くことが多い
液体気体などの刺激で、刺すような痛み感じる。比喩的にも用いる。 染・沁 冷たいが歯に-・みる 寒さが身に-・みる 目に-・みるような新緑
心などに深く感じる。 染・沁 人の情けが身に-・みる 骨身に-・みて感じ
影響を受ける。染まる。 悪習に-・みる 古く四段活用中古に入って上二段にも活用し、近世以降上一段活用されることが多くなった



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浸みる」の関連用語

1
100% |||||

2
浸入 国語辞典
100% |||||

3
浸出 国語辞典
100% |||||

4
滲みる 国語辞典
100% |||||

5
72% |||||



8
54% |||||

9
50% |||||


浸みるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浸みるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS