有利誤認とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 有利誤認の意味・解説 

有利誤認

読み方:ゆうりごにん

商品サービスに関する価格などの取引条件について、実際のものよりも著しく相手に有利(安価)であると誤認させる、または、競合他社に対して事実反して著しく有利であると誤認させること。

一般消費者に対して有利誤認させる表示は有利誤認表示と呼ばれ、景品表示法不当景品類及び不当表示防止法)において禁止されている(有利誤認表示の禁止)。


有利誤認と同様の不当表示で、実際よりも著しく品質がよいと誤認させる表示は「優良誤認」と呼ばれる優良誤認表示景品表示法禁止されている。

関連サイト
有利誤認とは - 消費者庁表示対策

不当景品類及び不当表示防止法

(有利誤認 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 07:35 UTC 版)

不当景品類及び不当表示防止法(ふとうけいひんるいおよびふとうひょうじぼうしほう、昭和37年5月15日法律第134号)は、日本法律である。「景品表示法」や「景表法」とも略して呼ばれる。


  1. ^ 後藤英輔「誇大広告と懸賞販売の規制」、pp.86-87、ジュリスト、264号(1962.12.15号)
  2. ^ 後藤英輔「懸賞・景品付販売について」、pp.9-13、ジュリスト、238号(1961.11.15号)
  3. ^ 懸賞による景品類の提供に関する事項の制限 昭和52年3月1日 公正取引委員会告示 第3号/平成8年2月16日 改正
  4. ^ 吉野山老舗旅館さこや:ポンプ故障…代用沸かし湯で「天然温泉」毎日新聞 2015年04月08日
  5. ^ “日産にも措置命令 三菱自燃費不正、対応遅れ指摘”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年1月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H97_X20C17A1CR8000/ 2017年8月3日閲覧。 
  6. ^ 日本果汁協会『果実飲料等の表示に関する公正競争規約規則』 第4条(1)ア
  7. ^ 不動産公正取引協議会連合会 『不動産の表示に関する公正競争規約施行規則』 第11条(10)
  8. ^ 景品表示法に基づく法的措置件数の推移(平成30年7月31日現在) 消費者庁
  9. ^ 課徴金事例


「不当景品類及び不当表示防止法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有利誤認」の関連用語

有利誤認のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



有利誤認のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不当景品類及び不当表示防止法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS