対向輸送とは? わかりやすく解説

アンチポート

(対向輸送 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/24 00:47 UTC 版)

アンチポート: antiport)は、細胞膜に存在する膜輸送体によって、2種類以上の分子またはイオンを反対方向に輸送する機構である。対向輸送ともいい、アンチポートを行うタンパク質は、アンチポート体交換輸送体とも呼ばれる。細胞膜をはさむNa+電気化学的勾配により蓄えられたエネルギーを使用して能動輸送を行う。Na+/H+交換輸送担体、Na+共役型多剤排出ポンプなど。




「アンチポート」の続きの解説一覧

対向輸送(アンチポート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 03:21 UTC 版)

能動輸送」の記事における「対向輸送(アンチポート)」の解説

細胞内細胞外に存在する分子互いに交換するタイプ。たとえば Na+/K+ ATPアーゼNa+/H+ 逆輸送系、Na+/抗菌薬輸送系など。

※この「対向輸送(アンチポート)」の解説は、「能動輸送」の解説の一部です。
「対向輸送(アンチポート)」を含む「能動輸送」の記事については、「能動輸送」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「対向輸送」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「対向輸送」の関連用語

対向輸送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対向輸送のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンチポート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの能動輸送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS