ひびきとは?

ひびき [3] 【響き】

や声広く周囲に伝わって聞こえること。また,その音や声。 「太鼓の-」 「の-」
音が物にぶつかり,はね返ること。反響。 「 -の良いホール
発音体振動をやめたあとまで残る音。残響余韻。 「鐘の-」
その音を聞いたときの感じ。 「 -の良い名前」 「迷惑そうな-があった」
伝わってくる震動。 「地(じ)-」 「レールに伝わる列車の-」
影響。 「円高の-」
世間取りざたすること。世間評判。 「宮の御心ざし,世の御-煩はしうおぼされたれば/栄花 見はてぬ夢
蕉風俳諧付合方法の一。前句切迫した緊張感を受けて,打てば響くように応じて付けるもの。 「今はうつり,-,にほひ,くらゐを以て付くるをよしとす/去来抄


響き

読み方:ひびき

カ行五段活用動詞「響く」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

艦艇(音響測定艦「ひびき」型)

5201「ひびき」 5202「はりま」
 
基準排水量
  2,850t
主要寸法
  67x29.9x15.3x7.5m
長さ、幅、深さ喫水
船 型
  SWATH双胴船
機械
  ディーゼル4基
交流電動機2基 2軸
馬 力
  3,000PS
速 力
  11kt
主要兵装
  サータス装置一式
特殊装置
  バウスラスター一式
定 員
  40名

ひびき

  1. 密告。〔掏模

分類 掏摸

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
ひびき

ひびき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 09:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ひびき

関連項目






※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ひびき」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ひびき」の関連用語

ひびきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ひびきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海上自衛隊海上自衛隊
Copyright (C) JMSDF. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひびき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS