自己愛性パーソナリティ障害 類型

自己愛性パーソナリティ障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 04:23 UTC 版)

類型

自己愛性パーソナリティ障害の分類について、現代に至るまでに多くの報告がなされている。

マスターソンは自己顕示型(exhibitionistic)と引き出し型(closet ; 臆病な型)[49]に、ブロウセックは自己中心型(egotistical)と解離型(dissociative)[50]に分類した。バーステンは賞賛を過剰に求める渇望型(craving)、猜疑的で自分が一番と妄想する妄想型(paranoid)、活発だが傲慢な男根型(phallic)、物事をねじまげ人を操る操作型(manipulative)[51]の4型を指摘した。ロゼンフェルドは厚皮(thick skinned)と薄皮(thin skinned)[52]に、ウィンクは顕在型(overt)と潜在型(covert)[53]へと分類した。

2つのタイプ

数多くの報告が成される中で、自己愛の病理は次第に顕在型と潜在型という2つのタイプに大きく型分けされるような障害として認知されてきた。それらの諸特徴を現象学的に記述し、包括的な報告を行ったのがグレン・ギャバードである[54]。自己愛性パーソナリティ障害を顕在型である無関心型(無自覚型 ; oblivious)と、潜在型である過敏型(過剰警戒型 ; hypervigilant)[注 4]の2つに型分けしたギャバードの分類は、現代において広く受け入れられている。これらの表現型の違いは、彼らの持つ誇大的自己が内的にどのように処理されるかによって、その現れ方が変わってきたものと理解される。2つのタイプの対比表は以下である。

自己愛性パーソナリティ障害の2つのタイプ
無関心型 (無自覚型)
oblivious type
過敏型 (過剰警戒型)
hypervigilant type
1. 他の人々の反応に気づかない
2. 傲慢で攻撃的
3. 自分に夢中である
4. 注目の的である必要がある
5. 「送話器」はあるが「受話器」がない
6. 見かけ上は、他の人々によって傷つけられたと感じることに鈍感である
1. 他の人々の反応に過敏である
2. 抑制的、内気、表に立とうとしない
3. 自分よりも他の人々に注意を向ける
4. 注目の的になることを避ける
5. 侮辱や批判の証拠がないかどうか他の人々に耳を傾ける
6. 容易に傷つけられたという感情をもつ。羞恥や屈辱を感じやすい
G・O・ギャバード(1997)[54]

DSMは歴史的にカーンバーグによって記述された攻撃的、顕在的、外向的なタイプを診断基準に組み入れて強調しており、誇大的な自己愛性パーソナリティ障害をかなり正確に記述している。しかし同一の感情的・認知的特徴と精神力動を有する潜在型の自己愛性パーソナリティ障害はほとんど無視されてしまっており、現実の臨床使用においては部分的にしか役に立たないことをギャバードやクーパーらは指摘している[55][56]

回避傾向を持つ群

騒々しく見栄っ張りで、傲慢で人を利用するという明確な自己愛性パーソナリティ障害の人物像とは対照的に、過度に傷つきやすく、失敗を恐れ、恥をかかされることを心配するために人前に出ることを避ける過敏なタイプの自己愛性パーソナリティの人々がいる[56]。彼らは周囲の人が自分にどういった反応をするかに非常に敏感で、絶えず人に注意を向けている。批判的な反応にはとても過敏で、容易に侮辱されたと感じる。人に非難されたり、欠点を指摘されることを恐れ、社会的に引きこもることで葛藤を避け、自己の万能世界を築きあげようとする一群である。自分は拒絶され軽蔑されるだろうと確信しているために、スポットライトを浴びることを常に避ける。表面的には内気で抑制的に見えるが、その実、精神内界には誇大的な幻想を抱えており、自己愛的活動の大部分を空想の中で行い、それを人に知られないようにしている。彼らの内的世界の核心には、誇大的で顕示的な秘められた願望に根ざした、強い羞恥心がある。

一見すると慎み深く、ときに深く共感的に見えることもあるが、それは他者に純粋な関心があるように見せたいという彼らの願望を取り違えているだけである。彼らは自分の心的防衛の最終段階にある抑制的な行動しか目に入らず、自分のことを恥ずかしがり屋で自己主張ができない人間であり、当然受けるべきものも得られない性格だと考えていることがある。現実には持続的な人間関係を持つことが出来ず、共感性の欠如を示し、内に秘めた誇大的な自己像は慎重な面接を繰り返していくことで徐々に明らかになっていくのが、潜在型のナルシストの特徴である[56]

アメリカ精神医学会精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)において、自己愛性パーソナリティ障害の人物は批判や挫折に伴う傷つきに非常に敏感なため、社会的ひきこもりの人々にも見られることを報告している[57]。グレン・ギャバードは、潜在型の自己愛性パーソナリティ障害の人々は回避性パーソナリティ障害社交恐怖と多くの点で関連していることを指摘している[58][59]。また牛島は、現代の操作的診断基準(DSM)においては顕在型の傲慢なタイプは自己愛性パーソナリティ障害と診断されるが、潜在型の過敏なタイプは回避性パーソナリティ障害(あるいはスキゾイドパーソナリティ障害)と診断されてしまうことが少なくないと述べている。これらは精神力動的には同じもので、単なる表裏の問題に過ぎず、背景にある自己愛性の問題を把握することが必要であることを指摘している[60]。また丸田は、典型的な症例は無関心型と過敏型の特徴のどちらかを示すが、臨床的にはほとんどが両者の混合型であり、ひとつの症状軸である「他者の反応に意を介さない vs 他者の反応に対して非常に敏感」を取り上げても、その反応は振り子の両極のように大きく揺れ動くのが特徴(健康な人は揺れが少ない)という点を指摘している[61]。現実の自己愛性パーソナリティ障害は、ギャバードの分類した無関心型の極から過敏型の極へと至る線上のいずれかにプロットされると考えられる。

その他の分類

セオドア・ミロンは自己愛人格に見られる特徴を描写し、それらを5つのサブタイプとして分類した[62][63]。臨床的にはどのサブタイプにおいてもその純形はほとんど見られず、特徴は少なからず重なり合っているのが普通である[63]

自己愛性パーソナリティ障害の5分類
分類 概要 人格特性
反道徳的
ナルシスト
反社会的特徴を含んでいる。搾取的で、不実で、人をだます、無節操なペテン師という人物像をもつ 良心に欠けている。無節操で、道理に無関心であり、不実で、詐欺的で、人を欺き、傲慢で、人をモノのように扱う。支配的で、人を軽蔑し、執念深い詐欺師である
多情型(好色的)
ナルシスト
演技的特徴を含んでいる。ドンファン性格者(多情で誘惑的)であり、エロティックで魅惑的な自己顕示的人物である 性的に誘惑的であり、魅惑的で、心を引きつけ、思わせぶりである。舌のよく回る巧みな人物であり、快楽主義的な欲望に耽るが、本当の親密さにはほとんど無関心である。貧乏な人やうぶな人を魅了し、意のままに操る。病的に嘘つきで、人を騙す
代償的
ナルシスト
受動攻撃的な特徴を含んでいる。また、過敏で回避的な特徴を有している 自尊心の欠如および劣等感を中和あるいは相殺することに努める。すなわち、自分は優れており、特別で、賞賛されるべきであり、注目に値するという幻想を生み出すことで自己の欠損をバランスしようとする。それらの自己価値感は自身を強調した結果生まれたものである
エリート主義的
ナルシスト
純粋なタイプである。ヴィルヘルム・ライヒの男根期的自己愛性格に相当する 偽りの業績や特別な子ども時代の体験のために、自分は特権的で、特別な能力を有すると信じている。しかし、立派な外見と現実との間に関連はほとんどない。恵まれた、上昇気流にのった良好な社会生活を求め、人との関わりにおいては特別な地位や優越が得られる関係を築こうとする
狂信的
ナルシスト
妄想的な特徴をもつ 自尊心はひどく幼少時代に捉われており、普段から誇大妄想的傾向を示し、全能の神であるという幻想を抱いている人物である。自分は重要ではなく、価値が無いという幻想と戦っており、素晴らしいファンタジーを夢想すること、あるいは自己鍛錬を通じて、自尊心を再確立しようと試みている。他者から是認や支持を得ることができない時には、壮大な使命を帯びた英雄的で崇拝される人物の役割を担おうとする
セオドア・ミロン(2003)[64]

共通特徴

自己愛性パーソナリティ障害は、対人関係における搾取的行動、共感性の欠如、激しい羨望・攻撃性・自己顕示欲という諸々の特徴を示す[65][66]。彼らの持つもう一つの側面は、その傷つきやすさである。意識的なレベルでは、それは無力感、空虚感、低い自尊心、羞恥心に由来するものである。それは彼らが求めたり、期待する支持が与えられない状況や、自己主張が不可能なために退避するような状況において、親しくなることを回避するという行動で表現されることがある[66]。自己愛の病理は軽症から重症まで連続的な広がりをもち、その自己表現形式も多様である。




  1. ^ 対人恐怖症や対人緊張に悩む人は、自分を恥ずかしく思うと同時に、人前で完璧に振る舞い羨望の眼差しを向けられたいという願望を有している。理想的な自己イメージと卑下された自己イメージの間を揺れ動き、その多くは自己愛の病理を抱えている(ただしすべての対人恐怖症が自己愛と結びつくわけではない)。( 岡野憲一郎 (1998) pp. 29 - 34. )
  2. ^ “プライドの高い人”とは、一般に自己評価の低い人である。だから、他人からの評価によって傷つくのである。逆にいえば、他人からの評価によって揺らぐような低い自己評価所持者が「プライドの高い人」と周囲から認識されることになる。( 中井久夫 (2011) p. 146)
  3. ^ 万能的な自己と無価値な自己とに連動したうつと躁のエピソードから、しばしば双極性障害(rapid cycler)と誤診される。( 市橋秀夫 (2006) pp. 96 - 97. )
  4. ^ "oblivious type" は「無自覚型」、"hypervigilant type" は「過剰警戒型」と翻訳されることがある。
  5. ^ 精神療法は常識の通用しなくなったところからはじまる。今・ここでの関係性の中で、 不鮮明で混乱した意識的・無意識的材料を明確化し、潜在的な葛藤を生み出す矛盾した事柄を直面化し、不合理な行動の起源となる無意識的内容を論理的に解釈する。あの時・あそこで体験した病因的関係が、今・ここで再演されていることと結びつけて転移解釈を行う。これらのサイクルを繰り返して徹底操作する。以上が精神療法の実際的な機序である。( オットー・F・カーンバーグ (1996) pp. 9 - 11. )
  1. ^ 市橋秀夫 (2006) pp.56-63
  2. ^ 狩野力八郎 (2007) p.13
  3. ^ ヴィルヘルム・ライヒ (1966) pp.259-268
  4. ^ Fenichel, O. : The Psychoanalytic Theory of Neurosis. Routledge & Kegan Paul, London, 1946.
  5. ^ a b Reich A, Psthological forms of object choice in woman. J.Amer Psychonal. Assn. 1.
  6. ^ Kernberg O, Borderline Conditions and Pathological Narcissism, 1967
  7. ^ Kohut H, The Psychoanalytic Treatment of Narcissistic Personality Disorders: Outline of a Systematic Approach, 1968
  8. ^ アレン・フランセス、大野裕(翻訳)、中川敦夫(翻訳)、柳沢圭子(翻訳) 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』 金剛出版、2014年3月ISBN 978-4772413527Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5®, The Guilford Press, 2013.
  9. ^ アメリカ精神医学会 (2014) p. 661
  10. ^ 世界保健機関 (2005) p. 217.
  11. ^ 世界保健機関 『ICD‐10精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン』 医学書院、2005年、新訂版、212頁。ISBN 978-4-260-00133-5世界保健機関 (1992) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical descriptions and diagnostic guidelines (blue book). World Health Organization. http://www.who.int/classifications/icd/en/bluebook.pdf. 
  12. ^ a b Narcissistic Personality Disorder”. Personality Disorders – Narcissistic Personality Disorder. Armenian Medical Network (2006年). 2013年7月9日閲覧。
  13. ^ Megalomaniacs abound in politics/medicine/finance Business Day 2011/01/07
  14. ^ ジーン・M・トウェンギ、W・キース・キャンベル (2011) p. 47
  15. ^ Twenge, Jean M. & Campbell, W. Keith The Narcissism Epidemic: Living in the Age of Entitlement (2009)
  16. ^ a b Narcissistic personality disorder: Symptoms”. MayoClinic.com. (2 Dec. 2011.). 2013年7月9日閲覧。
  17. ^ 岡田尊司 (2006) p. 96.
  18. ^ Ronnigstam E. (2011). "Narcissistic personality disorder: A clinical perspective". Journal of Psychiatric Practice 17 (2): 89-99.
  19. ^ a b Development and Validation of the Childhood Narcissism Scale, SANDER THOMAES,1,2 HEDY STEGGE,1 BRAD J. BUSHMAN,3,4 TJEERT OLTHOF,1 AND JAAP DENISSEN. Department of Psychology, VU University, The Netherlands Department of Psychology, Utrecht University.
  20. ^ 狩野力八郎 (2002) p. 80.
  21. ^ Kernberg, P.F. Narcissistic personality disorder in childhood. In : Psychiatry. Clin. North. Am., 12 ; Narcissistic personality disorder (ed. Kernberg, O.F.), pp.671-694. Saunders, Philadelphia.1989.
  22. ^ L・サルズマン (1998) pp. 3 - 12, 73 - 76.
  23. ^ 成田善弘 (2002) p. 33.
  24. ^ Andrew P. Morrison (1989). Shame: The Underside of Narcissism. Analytic Press. 
  25. ^ 岡野憲一郎 (2014) pp. 5 - 9.
  26. ^ 岡野憲一郎 (1998) p. 14 - 35.
  27. ^ Cooper AM: Narcissism in normal development, in Character Pathology. Edited by Zales M. New York, Brunner/Mazel, 1984, pp. 39–56.
  28. ^ Joseph Fernando, MPSY, M.D., The Etiology of Narcissistic Personality Disorder, (1998). Psychoanalytic Study of the Child, 53:141–158.
  29. ^ Golomb, Elan PhD (1992). Trapped in the Mirror. New York: Morrow, pp. 19–20.
  30. ^ Stephen M. Johnson (1 May 1987). Humanizing the narcissistic style. W.W. Norton. p. 39. ISBN 9780393700374. 
  31. ^ full list in DSM-IV-TR, p. 717
  32. ^ Identifying and understanding the narcissistic personality Elsa F. Ronningstam. Oxfard University Press Inc.
  33. ^ American Psychiatric Association: Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition. Washington, DC, American Psychiatric Association, 1994, p. 659.
  34. ^ Golomb, Elan PhD (1992). Trapped in the Mirror. New York: Morrow, p. 22.
  35. ^ Kernberg, O.F. (1970). Factors in the psychoanalytic treatment of narcissistic personalities. Journal of the American Psychoanalytic Association, 18:51–85, p. 56
  36. ^ Siegel, J.P. (2006). Dyadic splitting in partner relational disorders. Journal of Family Psychology, 20 (3), 418–422
  37. ^ Kernberg, O.F. (1970). Factors in the psychoanalytic treatment of narcissistic personalities. Journal of the American Psychoanalytic Association, 18:51–85
  38. ^ 成田善弘 (2004) pp. 15 - 16.
  39. ^ 岡野憲一郎 (1998) p. 88.
  40. ^ 松木邦裕 (2002) p. 305
  41. ^ 岩崎徹也 (2002) p. 194
  42. ^ メラニー・クライン (1996) pp. 3 - 89
  43. ^ オットー・F・カーンバーグ (2002) pp. 45
  44. ^ a b c d 市橋秀夫「自己愛性心的構造と精神療法」、『日本サイコセラピー学会雑誌』第11巻第1号、2010年、 15-25頁。
  45. ^ ジェームス・F・マスターソン (1990) p. 30.
  46. ^ 岡野憲一郎 (1998) pp. 87, 97.
  47. ^ ジェームス・F・マスターソン、アン・R・リーバーマン (2007) p. 92.
  48. ^ 成田善弘 (2002) pp. 92-93.
  49. ^ ジェームス・F・マスターソン (1990) pp.5-6
  50. ^ Broucek, F (1982). “Shame and its relationship to early narcissistic developments”. International Journal of Psychoanalysis 63: 369-378. 
  51. ^ Bursten, B (1973). “Some narcissistic state of consciousness”. The International Journal of Psychoanalysis 54 (3): 287-300. 
  52. ^ Rosenfeld, H (1987). “Impasse and interpretation : Therapeuticand anti-therapeutic factors in the psychoanalytic treatment of psychotic, borderline, and neurotic patients”. Tavistock Publications, London 63: 369-378. 
  53. ^ Wink, P (1991). “Two faces of narcissism”. Journal of Personality and social Psychology 61: 590-597. 
  54. ^ a b G・O・ギャバード (1997) p.89
  55. ^ G・O・ギャバード (1997) p.87 p.91
  56. ^ a b c アーノルド・M・クーパー (2003) pp.62-78
  57. ^ a b c d e アメリカ精神医学会 (2014) pp. 661 - 664
  58. ^ G・O・ギャバード (1997) p.201
  59. ^ a b 岡野憲一郎 (1998) pp. 25, 96.
  60. ^ 牛島定信 (2006) pp.104-112
  61. ^ a b c d 丸田俊彦「自己心理学からみた自己愛とその病理」、『精神療法』第33巻第3号、2007年6月、 273-279頁。
  62. ^ Millon, Theodore (1996). Disorders of Personality: DSM-IV-TM and Beyond. New York: John Wiley and Sons. p. 393. ISBN 0-471-01186-X. 
  63. ^ a b Millon, Theodore, Personality Subtypes
  64. ^ セオドア・ミロン (2003) pp.79-101
  65. ^ オットー・F・カーンバーグ、ハロルド・W・ケニスバーグ、アン・H・アペルバウム 他 (1993) pp.229 - 233
  66. ^ a b Initial Construction and Validation of the Pathological Narcissism Inventory, Aaron L. Pincus, Emily B. Ansell, Claudia A. Pimentel, Nicole M. Cain, Aidan G. C. Wright, Kenneth N. Levy
  67. ^ 笠原嘉 (1988) p. 119.
  68. ^ 笠原嘉 (2002) pp. 203 - 252.
  69. ^ 牛島定信 (2004) pp. 153 - 162, 219.
  70. ^ a b 和田秀樹 (2002) pp.84-86
  71. ^ 丸田俊彦 (1992) pp.191-200
  72. ^ Elsa Ronningstam and John Gunderson (1991). “Differentiating Borderline Personality Disorder from Narcissistic Personality Disorder.”. Journal of Personality Disorders 5 (3): 225-232. 
  73. ^ 牛島定信 (2011) p. 70 - 75.
  74. ^ 林直樹 (2005) pp. 20 - 21
  75. ^ ジークムント・フロイト (1977) pp.226-227
  76. ^ ジェームス・F・マスターソン (2007) pp. 93 - 96.
  77. ^ マーガレット・S・マーラー、アニー・バーグマン、フレッド・パイン (2001) pp. 77 - 127.
  78. ^ ジェームス・F・マスターソン (1990) pp. 10 - 13, 116-117.
  79. ^ ハーバート・ロゼンフェルド (1993) pp. 107 - 126
  80. ^ 松木邦裕 (1996) pp. 121 - 123.
  81. ^ オットー・F・カーンバーグ (1996) pp. 9 - 11.
  82. ^ ハインツ・コフート (1994) pp. 1 - 31.
  83. ^ 岡田尊司 (2004) pp. 116 - 117
  84. ^ アメリカ精神医学会 (2014) p. 343
  85. ^ ヒルデ・ブルック (1993) p. 70.
  86. ^ 市橋秀夫 (1997) pp. 260 - 263.
  87. ^ 下坂幸三 (1999) pp. 128, 138.
  88. ^ 市橋秀夫 (2006b) pp. 134 - 142.
  89. ^ 松木邦裕 (2008) pp. 17 - 20.
  90. ^ 岡野憲一郎 (1998) p. 29.
  91. ^ 中広全延「三島由紀夫に関する病跡学的試論」、『夙川学院短期大学研究紀要』第41号、2012年、 35-45頁。
  92. ^ 町沢静男 (2005) pp.151 - 175
  93. ^ 岡田尊司 (2004) pp. 110 - 126
  94. ^ 小此木啓吾 (1992) p. 138.
  95. ^ 中広全延「ヘルベルト・フォン・カラヤンの病理における他者との関係」、『夙川学院短期大学研究紀要』第37号、2008年、 1-14頁。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

自己愛性パーソナリティ障害に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自己愛性パーソナリティ障害」の関連用語

自己愛性パーソナリティ障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

清水裕子

頭蓋

ハチジョウツグミ

スピアーノ

PC-9821Xa

裏筋

ヴァンガード

Megane Glass Roof Cabriolet





自己愛性パーソナリティ障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自己愛性パーソナリティ障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS