東洲斎写楽 東洲斎写楽の概要

東洲斎写楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/06 14:36 UTC 版)

三代目大谷鬼次の江戸兵衛[1](寛政6年〈1794年〉5月河原崎座上演の『恋女房染分手綱』より)

来歴

三代目澤村宗十郎の大岸蔵人(寛政6年5月都座上演の『花菖蒲文禄曽我』より)

画業

写楽は寛政6年(1794年)5月から翌年の寛政7年(1795年)3月にかけての約10か月の期間内に、145点余の作品を版行している。

寛政6年5月に刊行された雲母摺、大判28枚の役者の大首絵は、デフォルメを駆使し、目の皺や鷲鼻、受け口など顔の特徴を誇張してその役者が持つ個性を大胆かつ巧みに描き、また表情やポーズもダイナミックに描いたそれまでになかったユニークな作品であった。その個性的な作品は強烈な印象を残さずにはおかない。代表作として、「市川蝦蔵の竹村定之進」、「三代坂田半五郎の藤川水右衛門」、「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」、「嵐龍蔵の金貸石部金吉」などがあげられる。

役者絵は基本的に画中に描かれた役者の定紋や役柄役処などからその役者がその役で出ていた芝居の上演時期が月単位で特定できることから、これにより作画時期を検証することが現在の写楽研究の主流をなしている。

写楽作品はすべて蔦屋重三郎の店から出版された(挿図の左下方に富士に蔦の「蔦屋」の印が見える)。その絵の発表時期は4期に分けられており、第1期が寛政6年(1794年)5月(28枚、全て大版の黒雲母大首絵)、第2期が寛政6年7月・8月(二人立ちの役者全身像7枚、楽屋頭取口上の図1枚、細絵30枚)、第3期が寛政6年11月・閏11月(顔見世狂言を描いたもの44枚、間版大首絵10枚、追善絵2枚)、第4期(春狂言を描いたもの、相撲絵を交える)が寛政7年(1795年)1・2月とされる。写楽の代表作といわれるものは大首絵の第1期の作品である。後になるほど急速に力の減退が認められ、生彩を欠き、作品における絵画的才能や版画としての品質は劣っている。前期(1、2期)と後期(3、4期)で別人とも思えるほどに作風が異なることから、前期と後期では別人が描いていた、またあまりに短期間のうちに大量の絵が刊行されたことも合わせて工房により作品が作られていたとする説もある。

作品総数は役者絵が134枚、役者追善絵が2枚、相撲絵が7枚、武者絵が2枚、恵比寿絵が1枚、役者版下絵が9枚、相撲版下絵が10枚存在する[2][3]。2008年に写楽作とみられる肉筆の役者絵が確認された(後述)。

写楽の正体

江戸名所図会』などで知られる考証家斎藤月岑天保15年(1844年)に著した『増補浮世絵類考』には、「写楽斎」の項に「俗称斎藤十郎兵衛、八丁堀に住す。阿州侯の能役者也」(通名は斎藤十郎兵衛といい、八丁堀に住む、阿波徳島藩蜂須賀家お抱えの能役者である)と書かれている。長くこれが唯一の江戸時代に書かれた写楽の素性に関する記述だった。当時の八丁堀には、徳島藩の江戸屋敷が存在し、その中屋敷に藩お抱えの能役者が居住していた。また、蔦屋重三郎の店も写楽が画題としていた芝居小屋も八丁堀の近隣に位置していた。“東洲斎”という写楽のペンネームも、江戸の東に洲があった土地を意味していると考えれば、八丁堀か築地あたりしか存在しない。さらには“東洲斎”を並び替えると、“さい・とう・じゅう”(斎・藤・十)というアナグラムになるとも推測できる(補強資料でもあるが、岩田秀行(2013)[4]によると天保頃までは「洲」は濁って発音されるのが通例で「とうじゅうさい」と読まれたと考えられる、とある)。

しかし、長らく斎藤十郎兵衛の実在を確認できる史料が見当たらず、また能役者にこれほどの見事な絵が描ける才能があるとは考えづらかったことから、「写楽」とは誰か他の有名な絵師が何らかの事情により使用した変名ではないかという「写楽別人説」が数多く唱えられるようになった。蔦屋が無名の新人の作を多く出版したのは何故か、前期と後期で大きく作品の質が異なるうえ、短期間で活動をやめてしまったのは何故か、などといった点が謎解きの興味を生んだ。

別人説の候補として絵師の初代歌川豊国歌舞妓堂艶鏡[5]葛飾北斎[6]喜多川歌麿司馬江漢谷文晁円山応挙、歌舞伎役者の中村此蔵、洋画家の土井有隣[7]戯作者でもあった山東京伝十返舎一九、俳人の谷素外[8]など、多くの人物の名があげられた。

しかし近年、以下の研究によって斎藤十郎兵衛の実在が確認され、八丁堀に住んでいた事実も明らかとなり、現在では再び写楽=斎藤十郎兵衛説が有力となっている。その根拠は以下の諸点である。

  1. 能役者の公式名簿である『猿楽分限帖』や能役者の伝記『重修猿楽伝記』に、斎藤十郎兵衛の記載があることが確認されている。
  2. 蜂須賀家の古文書である『蜂須賀家無足以下分限帳』及び『御両国(阿波と淡路)無足以下分限帳』の「御役者」の項目に、斉藤十郎兵衛の名が記載されていたことが確認されている。
  3. 江戸の文化人について記した『諸家人名江戸方角分』の八丁堀の項目に「写楽斎 地蔵橋」との記録があり、八丁堀地蔵橋に“写楽斎”と称する人物が住んでいたことが確認されている。
  4. 埼玉県越谷市の浄土真宗本願寺派今日山法光寺[9]過去帳に「八丁堀地蔵橋 阿州殿御内 斎藤十良(郎)兵衛」が文政3年(1820年)3月7日に58歳で死去し、千住にて火葬されたとの記述が平成9年(1997年)に発見され、阿波藩に仕える斎藤十郎兵衛という人物が八丁堀地蔵橋に住んでいたことが確認されている。斎藤十郎兵衛が住んでいた八丁堀地蔵橋は現在の日本橋茅場町郵便局の辺りになる。

以上のことから、阿波の能役者である斎藤十郎兵衛という人物が実在したことは間違いないと考えて良さそうだが、齋藤月岑の記した写楽が斎藤十郎兵衛であるという記述を確実に裏付ける資料は発見されていない。ただし、『浮世絵類考』の写本の一つ(達磨屋伍一旧蔵本、斎藤月岑の増補以前の加筆か?)には「写楽は阿州の士にて斎藤十郎兵衛といふよし栄松斎長喜老人の話なり」とある。栄松斎長喜は写楽と同じ蔦屋重三郎版元の浮世絵師であり、写楽のことを実際に知っていたとしてもおかしくはない(長喜の作品「高島屋おひさ」には団扇に写楽の絵が描かれている)。

なお八丁堀の亀島橋たもとにある東京都中央区土木部が設置した「この地に移住し功績を伝えられる人物」の案内板には、東洲斎写楽と伊能忠敬が紹介されている。

評価

写楽は寛政6年5月の芝居興行に合わせて28点もの黒雲母摺大首絵とともに大々的にデビューを果たしたが、絵の売れ行きは芳しくなかったようである。特定の役者の贔屓からすればその役者を美化して描いた絵こそ買い求めたいものであり、特徴をよく捉えているといっても容姿の欠点までをも誇張して描く写楽の絵は、とても彼らの購買欲を刺激するものではなかったのである。しかも描かれた役者達からも不評で、『江戸風俗惣まくり』(別書名『江戸沿革』、『江戸叢書』巻の八所収[4])によれば、「顔のすまひのくせをよく書いたれど、その艶色を破るにいたりて役者にいまれける」と記されている。

作品の版元であった蔦屋重三郎と組んで狂歌ブームを起こした狂歌師の大田南畝は、「これは歌舞妓役者の似顔をうつせしが、あまり真を画かんとてあらぬさまにかきなさせし故、長く世に行はれず一両年に而止ム」(仲田勝之助編校『浮世絵類考』[5]より)、役者をあまりにもありのままに描いたからすぐに流行らなくなったと写楽の写実的な姿勢を評している。ただし南畝の著した原撰本の『浮世絵類考』には岩佐又兵衛から始まって三十数名の絵師の名と略伝を記すが、そのなかで写楽のことを取り上げたのは、少なくとも南畝から見て写楽は無視できない絵師だったことを示しているという見方もある。

ドイツの美術研究家ユリウス・クルトドイツ語版はその著書『Sharaku』(1910年)のなかで、写楽のことをレンブラントベラスケスと並ぶ「世界三大肖像画家」と称賛し、これがきっかけで大正時代頃から日本でもその評価が高まった。しかし写楽の役者絵が版行された当時においては、写楽よりも同時代の初代豊国描くところの役者絵が受け入れられたのであり、中山幹雄勝川春英や初代豊国、歌川国政などの描いた役者絵と比べた上で、写楽を次のように評している。

江戸期当時の役者絵の流れは、勝川派から豊国へと移ってゆくのが主流で、写楽は、あくまでも孤立した存在であったことを確認しておくべきであろう。(中略)これまで写楽の諸説を発表してきた人は、その役者絵を論じながらも江戸時代の歌舞伎にあまり造詣のない美術研究家かコレクターや好事家といった人たちで、一方、歌舞伎の専門家であっても絵を見る範囲の限られた人が写楽を追ってきた。美術評論もすると同時に、歌舞伎の研究や舞台現場の経験もある者は、写楽をそれほど高く評価しないにちがいない。(中略)写楽をすて、豊国を選んだ江戸庶民の眼を、高く評価したい[10]




  1. ^ 長い間、この図の役名は「大谷鬼次の江戸兵衛」とされていた。しかし、当時のどの番付記録にも「奴」は付いておらず、ただ「江戸兵衛」と記されている。また、この場合のは武家の奴僕という意味であるが、現存する台帳を見ると江戸兵衛は非人盗賊乞食)達の頭で、武家の下僕なら剃らねばならい月代も残っている事から「奴」はないと考えられる(浅野秀剛『日本史リブレット51 錦絵を読む』山川出版社、2002年、55頁、ISBN 978-4-634-54510-6)だが、これには異論がある。いくつかの意味がある「」について、「武家の奴僕」というひとつの意味に固執しすぎているとの指摘である。岩田和夫の示教によって、「には、武士の奴僕の意のほかに、競(きおい)・男達(おとこだて)の意味もあり、狂言によっては、江戸兵衛(平)がそういう役柄で登場する場合もあった。その際「奴江戸平」という役名になることもあったことが確かめられる。」と浅野自身ものちに認めている。(2011年写楽展『図録』「江戸兵衛」の項)
  2. ^ ただし、役者版下絵は2点が行方不明、相撲版下絵は9点が大正期に焼失している。そのため現在確認されている写楽の役者版下絵は、ギメ東洋美術館2点、ボストン美術館2点[1][2]シカゴ美術館1点[3]、個人蔵2点、の計7点(ギメ所蔵の2点のみ「写楽画」の落款あり)、相撲版下絵は個人蔵の1点のみである(『ギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展』図録 211頁、浮世絵太田記念美術館・大阪市立美術館、2007年)。
  3. ^ 浅野秀剛 「写楽版下絵の検討」『國華』第1416号、2013年10月、pp.7-23。
  4. ^ 岩田秀行著「東洲斎」の読みについて」(『浮世絵芸術』165号,2013, pp.73-79)
  5. ^ クルトは写楽が歌舞妓堂艶鏡に改名したと考えていた。
  6. ^ 田中英道 『実証 写楽は北斎である―西洋美術史の手法が解き明かした真実』 祥伝社、2000年8月。同『「写楽」問題は終わっていない』 祥伝社〈祥伝社新書〉、2011年12月。田中は『浮世絵類考』の一部の写本に、写楽と北斎を同一人物と読めることを論拠に上げている。しかし、これは伝写の過程で北斎の記述が紛れ込んだものだと考えられる(中嶋(2012)pp.15-16)。また、田中は写楽と北斎の武者絵における脛の描き方の類似も根拠として挙げている。しかし、北斎の師で、写楽が作画の参考にしたと推定される勝川春章、及びその弟子たちの脛の描き方も類似している(『浮世絵 大武者絵展』図録 町田市立国際版画美術館、2003年)。
  7. ^ 井上和雄『写楽』昭和15年に「又能油画号有隣」の引用あり。出典は大草公弼『異本浮世類考』
  8. ^ 『写楽実は俳人谷素外』(『読売新聞』昭和44年10月16日号、日本浮世絵博物館館長・酒井藤吉)
  9. ^ 法光寺は平成5年に越谷へ移転したが、それまでは築地にあった。
  10. ^ 中山幹雄 『歌舞伎絵の世界』 東京書籍、1995年。45 - 46頁
  11. ^ 以上の確認点数は、中嶋(2012)による。
  12. ^ 第3期間版役者絵11枚を除く。
  13. ^ 松木寛 「写楽の謎と鍵」『浮世絵八華4 写楽』所収 平凡社、1985年 ISBN 4-582-66204-8
  14. ^ 扇面お多福図」シカゴ美術館蔵など。
  15. ^ 小林忠 『江戸の浮世絵』 藝華書院、2009年、428-432頁、ISBN 978-4-9904055-1-9。同著 「東洲斎写楽の肉筆扇面画」『國華』1364号所収、国華社、2009年6月。浅野秀剛 「写楽の肉筆扇面画」『写楽』平凡社、2011年、6-16頁。
  16. ^ 服部幸雄 富田鉄之助 廣末保編集 『新版 歌舞伎事典』 平凡社、2011年3月、297頁。ISBN 978-4-5821-2642-6
  17. ^ 中嶋修(2012)p.462。なお本著では、原本ではなく図版写真による鑑定ではあるが、写楽作品を悉皆的に精査し、第2期最初の「篠塚浦右衛門の都座口上図」以外は後世の模刻の可能性があることを指摘している。
  18. ^ 富澤慶秀 藤田洋監修/神山彰 丸茂祐佳 児玉竜一編集委員 『最新 歌舞伎大事典』 柏書房、2012年、331頁、ISBN 978-4-7601-4148-7。当項目の執筆は、岩田秀行。


「東洲斎写楽」の続きの解説一覧





東洲斎写楽と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

東洲斎写楽に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東洲斎写楽」の関連用語

東洲斎写楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

長押

BCJマーク

南部次郎

ヌメリスギタケモドキ

小鴨川第三号堰堤

7700系

ギャランティ

車道透水性舗装





東洲斎写楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東洲斎写楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS