風の松原とは?

風の松原

秋田県能代市

●よく聞ける時期
1年通じて聞ける市街地喧騒聞こえない早朝おすすめ

●よく聞けるところ
風の松原全域市街地東側)に近いほど黒松樹齢古く視覚聴覚通して重厚松籟楽しめる

寄りみち
夕陽ライン美しい日本海岸を走る五能線に乗って五所川原弘前へ出る旅もいい。日本海突き出た男鹿半島めぐりもある。山寄りマタギ故郷ブナ原生林白神山地一見したい。

 能代市街地をやさしく包み込んでいる黒松の「風の松原」は、秋田県北西部位置する能代海岸砂防林愛称である。その規模南北14キロわたってつづく松林で、日本五大松原一つにかぞえられている。

 日本海から吹きつけ潮風北西風)と飛砂背を向けて同じように傾く松林は、砂防林役目を十分に果たすとともに四季折々散策くつろぎの場、憩いの場として、市民生活と深い関わり持っている

 黒松吹き抜ける風々がいっせいにざわめき風の音の音が渾然一体となって「松籟」という音風景をつくりだす季節、場所、樹齢によって微妙に違う松籟はまさに千変万化である。風の松原

アクセス

列車JR五能線能代駅から徒歩25分(タクシーで5分)、またはJR奥羽本線東能代駅からタクシー20分。
マイカー秋田市から国道7号北上する。または東北自動車道十和田ICから国道103号、7号で能代へ。

問合わせ先
能代市生活環境環境課・秋田県能代市上町−3、0185・52・2111


風の松原

300年前から植栽続け、現在700といわれる黒松生育している。松葉や土、潮のかおりが感じられる。朝夕ジョギング散策環境学習の場、キノコ採取など、地元住民の生活に関わりが深い。各種団体による自主的清掃活動加え平成13年3月には「風の松原に守られる人々の会」が中心となり、監視パトロールガイドなどの活動が行われている。
 
所在地 秋田県能代市
かおりの源 松葉、土、潮
季節 春から秋

風の松原


風の松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/20 05:30 UTC 版)

風の松原(かぜのまつばら)とは、秋田県能代市海岸に面した約700万本のクロマツによる防風林のことである。760haの全域が保安林に指定されている。林内には、サイクリングコースやジョギングコースが設けられ、市民の憩いの場にもなっている。




「風の松原」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

風の松原に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「風の松原」の関連用語

風の松原のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊良湖岬恋路ヶ浜の潮騒

酒と醤油のかおる倉吉白壁土蔵群

道保川公園のせせらぎと野鳥の声

大分野津原香りの森

八戸港・蕪島のウミネコ

高野山奥之院の杉と線香

千光寺驚音楼の鐘

松崎町桜葉の塩漬け





風の松原のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風の松原 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS