激マン! 激マン!の概要

激マン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 21:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
激マン!
漫画:激マン!(デビルマンの章)[1]
作者 永井豪&ダイナミックプロ
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 2010年6月4日号 - 2012年9月21日号
巻数 全6巻
その他 不定期連載
漫画:激マン! マジンガーZ編[2]
作者 永井豪&ダイナミックプロ
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 2014年7月18日号 - 2016年7月29日号
巻数 全5巻
その他 不定期(主に隔号)連載
漫画:激マン! キューティーハニー編
作者 永井豪&ダイナミックプロ
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
レーベル ニチブンコミックス
発表号 2016年8月12日号 - 2017年9月29日号
巻数 全3巻
その他 不定期(主に隔号)連載
漫画:激マン! Z&グレート編
作者 永井豪&ダイナミックプロ
出版社 日本文芸社
掲載誌 週刊漫画ゴラク
発表号 2018年1月12日号 - 2018年4月20日号
巻数 全1巻
話数 全11話
その他 第7話まで毎号、以後隔号連載
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ
デビルマンの章[1]
2010年6月4日号[4]から隔号連載を開始した。2011年11月25日号で作者の過労による休載が告知されたが、2012年6月15日号から再開し、同年9月21日号まで断続的に連載された。
マジンガーZ編[2]
2014年7月18日号[5]から主に隔号で連載され、2016年7月29日号で「1章最終話」として一旦終了した。
キューティーハニー編
2016年8月12日号[6]から“「キューティーハニー」映画化記念[7]特別編”として開始され、2017年9月29日号まで主に隔号で連載された。
Z&グレート編
2018年1月12日号[8]から同年4月20日号まで連載された(2月23日号まで毎号、以後隔号連載)。

  1. ^ a b c 「デビルマンの章」は連載当初から副題に付されているが、単行本(ニチブンコミックス版)のタイトルは『激マン!』のみである。愛蔵版は「デビルマンの章」もタイトルに付されている。
  2. ^ a b 第6話(2014年8月22日号)まで(ここまで毎号連載)は、『週刊漫画ゴラク』各号の表紙と目次で「マジンガーZの章」、作品ページで「マジンガーZ編」と表記された。中断を挟んで第7話(同年10月10日号)から(以後隔号連載)は後者に統一された。
  3. ^ 当時の記憶が定かではないため、そういう理由も反映されている。
  4. ^ a b 永井豪のマンガ家一代記「激マン!」第1話はデビルマンの章”. コミック ナタリー (2010年5月21日). 2020年5月1日閲覧。
  5. ^ マジンガーZ:誕生秘話がマンガに 永井豪の「激マン!」新章へ”. MANTANWEB (2014年6月27日). 2020年5月1日閲覧。
  6. ^ 激マン!:永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家”. MANTANWEB (2016年7月29日). 2020年5月1日閲覧。
  7. ^ 実写映画第2作『CUTIE HONEY -TEARS-』(2016年10月1日公開)
  8. ^ マジンガーがボロボロに?永井豪「激マン!」新章は「Z&グレート編」”. コミック ナタリー (2018年1月12日). 2020年5月1日閲覧。
  9. ^ ただし、名前が片仮名表記の場合もある。豪の実兄の永井博(1981年に永井泰宇のペンネームで『デビルマン』のノベライズにより小説家デビュー)は作中で「ヤスタカ」と呼ばれている。
  10. ^ a b マネージャーの幸森軍也(こうもり いくや)は、作中では「コーモリ育夜」の変名で登場する。
  11. ^ 本人曰く、現実の水木しげる向井理NHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房』(2010年)で水木がモデルの役を演じた)くらいの違いがあるとのこと。
  12. ^ 「CUTIE HONEY -TEARS- [インタビュー]永井豪」『宇宙船』vol.154(AUTUMN 2016.秋)、ホビージャパン、2016年10月1日、 pp.108-109、 ISBN 978-4-7986-1312-3
  13. ^ 主人公像の変化は、複数の俳優がボブ・ディランを演じた映画『アイム・ノット・ゼア』を参考にしており、永井は「自分をそのまま出すのは嫌だった」と述べている[12]
  14. ^ ソビエト連邦の崩壊(1991年)は『デビルマン』連載から約20年後の出来事である。
  15. ^ テレビアニメ『真マジンガー 衝撃! Z編』でマジンガーZのプロトタイプとして登場している。


「激マン!」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

激マン!のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



激マン!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの激マン! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS