ヤムチャ ヤムチャの概要

ヤムチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 01:11 UTC 版)

ヤムチャ
Yamcha
ドラゴンボールのキャラクター
登場(最初) 其之七「ヤムチャとプーアル」
ドラゴンボール・第5話「つよくて悪い砂漠のヤムチャ」
作者 鳥山明
声優 古谷徹
プロフィール
性別
種類 地球人
テンプレートを表示

原作での初登場は其之七「ヤムチャとプーアル」、アニメでは『ドラゴンボール』第5話「つよくて悪い砂漠のヤムチャ」。

概説

エイジ733年[1]3月20日[2]生まれ。身長181[2]→183cm[1][3]、体重62[2]→68kg[1][3]。血液型O型[2]。趣味は特にない[3]→格闘技、野球[1]。好きな食べ物はかた焼きそば[1]。好きな乗り物はマイティマウス号(旧型バギー[1]。嫌いな物はブルマ以外の女の子[3]、歯医者[4]

荒野の大悪党「ハイエナヤムチャ」としてプーアルと共に砂漠を駆け回っていた盗賊孫悟空の話を盗み聞きしたことでドラゴンボールの存在を知り、それに願って女性の前であがる癖を克服するため[注 1]、悟空たちに協力するふりをしてボールを横取りしようと考えていたが、次第に情を見せるようになる。旅の過程の中で女性が苦手という弱点を自然に克服した。

初登場時から実力は高いが、初戦で未知の強豪と当たり、相手の強さを読者に見せつける形で負けるパターンが多く、勝利シーンは少ない。あまりにも悟空たちとの実力の差が開いたため、セルゲーム以降は武道家を引退[5]。第25回天下一武道会には、同じく武道家を引退していたクリリンも参加を決意する中、「出ても恥をかくだけ」と消極的な態度で出場を辞退していた。

作品の最初期より、長らくブルマと喧嘩しながらも交際していた。ブルマいわくヤムチャの浮気癖で破局したらしいがヤムチャの浮気や破局の具体的な描写はなく、モテることと喧嘩が多いことしか言及されていない。突然の破局でアニメの声優陣はショックを受けた[6]

作中で何度も髪型が変化しているキャラクターの1人である。

名前の由来は中華料理の形態である飲茶[7]

人物・性格

当初こそは荒野に迷い込んだ旅人を襲うなどの非道な行いをしていたものの、女性に対する極度のあがり症から、女性のブルマがいた悟空一行への襲撃はことごとく失敗に終わる。悟空一行に付きまといドラゴンボールを横取りしようとするものの、結局ドラゴンボールでの願い事はピラフ一味によって阻まれた。しかしこの旅を通して彼の願いとブルマの願いが合致(ヤムチャの「女性へのあがり症の克服」とブルマの「すてきな恋人が欲しい」)し、彼女の交際相手としてプーアル共々カプセルコーポレーションに居候する。その後は仲間思いの好青年として活躍し、また、気遣いが細かい姿を見せる。

作中では珍しく、美形と設定されているキャラクター。そのため女性にもてる。初期には「結婚に憧れている」と発言していたが、ブルマとの破局後に新しい女性と交際しているものの、結婚した描写は最後までない。恋人としては破局したがブルマとの友人関係は続いており、魔人ブウ編で共に天下一武道会の観戦に行ったり、ベジータの死にショックを受ける彼女を気遣っていた。

登場初期はナルシストな一面を持っており、悟空と闘って歯が折れた時には手鏡を見ながら「オレの凛々しい顔が!」とショックを受けて戦意喪失[注 2]チチから「よく見るとひょうきんな顔」と言われて憤慨している。また、極度のあがり症だった頃も少女に対してはあがることがなく[注 3]、チチに謝罪する際、格好つけて彼女を口説いた。アニメではチチがこの件を覚えており、成長後にヤムチャの愛を断る場面がある。

悟空の武道家仲間としては、もっとも古い付き合いとなる。ナメック星消滅の直前には悟空に対して「死ぬな!」と絶叫したり、悟空が死亡したと思われていた際に強いショックを受けたり、セルとの戦いで2度目の死を遂げた悟空を何とか復活させてほしいと神龍に頼むなど、長年の悟空に対する友情を示す場面は多い。また、最初に悟空の大猿への変身に遭遇した後には「助かりもした」と言っている。

悟空、クリリンとは亀仙人を師匠とする兄弟弟子の関係だが、2人より後に亀仙人に弟子入りしたため、悟空とクリリンは年下だが兄弟子である。また、クリリンとは一緒に修行しているが、悟空はその頃は亀仙人の指示で世界中を飛び回って修行をしていたため、一緒には修行していない。

第22回天下一武道会後に天津飯が足の骨を折ったことを謝罪した際には、恨みを残さずに許し(アニメでは天津飯の優勝が決まった際、最初に拍手している)、以降は彼と友人関係になる。アニメでは2人の気が合うようなシーンが幾つかあり、地球のドラゴンボールでは生き返れない餃子や、一緒に残る気でいた天津飯に付き合って、自分も界王星に残ろうとするなどお人好しぶりを見せた。アニメでは天津飯と共にセルジュニアと戦い、当初は息のあったコンビネーションで優勢に戦うもすぐに逆転されてしまった。また、劇場版では天津飯と共に行動することもあった。

ナメック星編後には、かつての敵だった(間接的に自分を殺した相手である)ベジータも住んでいるカプセルコーポレーションで暮らしていたため、天津飯に「(ベジータと)一緒に住んでいるヤムチャの気が知れん」と言われている。

セルゲーム直後には、皆がドラゴンボールの最後の願いを思い浮かばなかった際、付き合っている彼女のために高価なネックレスを貰おうとしたが、クリリンの提案で人造人間17号人造人間18号の体内の爆弾を取り除くことに使用される。18号を危険視していたヤムチャだが、そのことをクリリンから謝罪された際には「ネックレスなんて冗談だ」と笑って彼を気遣っている。また、ベジータがセルに殺されたトランクスの敵討ちに挑んだことを、復活したトランクスに伝えるという気遣いも見せた。

魔人ブウ編では第25回天下一武道会に出場したクリリンを心配するマーロンに対し、「クリリンは世界で一番強いから大丈夫だ」とフォロー(その後、「地球人の中では」とこっそり付け足した)。アニメではビーデルとスポポビッチの試合で酷い場面になると、マーロンの目を手で覆って見えないようにしたりと気遣っていた。

我流と亀仙流の硬軟のスタイルでのスピードと技の切れを身上した戦法を得意とし、第23回天下一武道会においてシェン(神様)からは「素晴らしい才能を持っている」[9]、一時は神様を脅かした繰気弾を「実に良い技[10]」と高評価を受ける反面、我流ゆえに「足元がお留守[10]」、「無駄な動きが多い[10]」など荒削りなところや油断してしまう点について忠告を受けている。

鳥山明は料理が一番上手なキャラクターとして牛魔王と共にヤムチャを挙げている[11]

ナメック星編の時期に行われた鳥山明の漫画全般を対象にしたキャラクター人気投票では第6位[12]、魔人ブウ編時に行われた投票では第8位にランクインしている[13]


注釈

  1. ^ これを聞いたプーアルは「“天下を取る”とか“大金をもらう”とか願った方が良いのでは」と進言したが、ヤムチャは天下には興味がなく、盗めば手に入る金よりあがり症の克服を優先した。
  2. ^ この時の歯は差し歯にしている[8]
  3. ^ 本人いわく「オレはロリコンじゃない」
  4. ^ アニメではピッコロ大魔王の部下のタンバリンの襲撃を受けるが、助かっている。
  5. ^ アニメでは生き返った先がカプセルコーポレーションの裏にある池であったため、ずぶ濡れになってしまったシーンがある。
  6. ^ 後に悟天も参加した。
  7. ^ 初使用の際に舞台袖で観戦していたジャッキー・チュン(亀仙人)が驚いている
  8. ^ アニメでは計測されず。
  9. ^ アニメではピッコロたちと共に悟飯の援護を行い、ベジータにやる気を取り戻すきっかけを与えた。

出典

  1. ^ a b c d e f 超EGC 2009, pp. 22, 「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 9 ヤムチャ」
  2. ^ a b c d 後藤広喜編「永久保存版!! JUMPオールキャラクター総勢148名!! 名鑑」『週刊少年ジャンプ』1986年37号、集英社、1986年8月25日、 11頁、 雑誌 29934-8/25。
  3. ^ a b c d 冒険SPECIAL 1987, pp. 29, 「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」
  4. ^ 鳥山明「其之十二 亀仙人をたずねて」『DRAGON BALL 第2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年1月15日、ISBN 4-08-851832-2、18頁。
  5. ^ 大全集2巻 1995, pp. 129, 「PERSONAL HISTORY」
  6. ^ a b 天下一伝説 2004, pp. 148, 「「天下一声優陣 其之二 ヤムチャ役 古谷徹」
  7. ^ FOREVER 2004, pp. 158, 「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」
  8. ^ 超EGS 2009, pp. 94, 「おまけコーナー ヤムチャ&ウーロンのDRAGON BALLでCHOTTO ASOBO!」
  9. ^ 鳥山明「其之百七十四 ヤムチャ対シェン」『DRAGON BALL 第15巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年12月15日、ISBN 4-08-851612-5、89・91頁。
  10. ^ a b c d 鳥山明「其之百七十五 シェン」『DRAGON BALL 第15巻』93-105頁。
  11. ^ Vジャンプ編集部編「鳥山明に聞いてみた!2013 CHARACTER編」『ドラゴンボール超全集 1巻』集英社、2013年2月10日、ISBN 978-4-08-782496-4、28頁。
  12. ^ 後藤広喜編「わくわくBIRD LAND キャラクター人気投票-おもしろ番外編!!」『週刊少年ジャンプ 鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』、集英社、1990年10月10日、 107頁、 雑誌29939-10/10。
  13. ^ 堀江信彦編「祝! みんなのおかげで10周年! 連載500回突破記念 ドラゴンボール人気キャラ投票結果発表!」『週刊少年ジャンプ』1995年5・6号、集英社、1995年1月23日、 38頁、 雑誌29934-1/23。
  14. ^ 鳥山明、とよたろう 『ドラゴンボール超』 第6巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2018年6月9日、144頁。ISBN 978-4-08-881501-5 
  15. ^ a b c 冒険SPECIAL 1987, pp. 28–29, 「DRAGONBALL 徹底全激闘史 必殺技模範技」
  16. ^ a b 超EGC 2009, pp. 84, 「第3章 バトルテクニックファイル 体術技」
  17. ^ 鳥山明「其之二百九 それぞれの1年間」『DRAGON BALL 第18巻』67頁。
  18. ^ 後藤広喜編「創刊21周年記念奇蹟イベント2 究極戦士大集合!!カード」『週刊少年ジャンプ』1989年31号、集英社、1989年7月17日、 6-8頁、 雑誌29933-7/17。
  19. ^ 大全集7巻 1996, pp. 83, 「孫悟空戦闘力成長の軌跡」
  20. ^ 超EGS 2009, pp. 64, 「エキサイティングコラム3 孫悟空の戦闘力解析」
  21. ^ 超史集 2016, pp. 52, 「DRAGON BALL SECRET FILE 週刊少年ジャンプ なつかしの特集ページ」
  22. ^ 冒険SPECIAL 1987, pp. 137, 「DRAGON BALL誕生秘話」
  23. ^ 大全集2巻 1995, pp. 262, 「鳥山明的超会見」
  24. ^ 冒険SPECIAL 1987, pp. 139, 「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」
  25. ^ FOREVER 2004, pp. 152, 「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」
  26. ^ a b c d e f g h 鳥山明も絶賛!ヤムチャが主役の公式外伝、誕生秘話を集英社に聞いたBuzzFeed Japan、2017年1月28日。
  27. ^ a b c d e f 『DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2017年11月2日。ISBN 978-4-08-881261-8
  28. ^ a b c 古谷徹「第三章 「人生にムダな経験なんてひとつもない---究極のヒーロー・星矢と、飾らない良さのヤムチャ」」『ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生』角川書店、2009年7月25日、ISBN 978-4-04-715275-5、95-98頁。
  29. ^ a b 渡辺彰則編 「SUPER VOICE TALKS 声優スペシャル座談会」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、111-112頁。
  30. ^ 天下一伝説 2004, pp. 149, 「「天下一声優陣 其之二 ヤムチャ役 古谷徹」






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤムチャのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤムチャのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤムチャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS