アクメ アクメの概要

アクメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/04 07:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要・歴史

イタリア鉄道車両HOスケールで正確に模型化するメーカー。アクメは正式にはAnonima Costruzioni Modellistiche Esatteと言い、頭文字を略してACMEと表記する。1990年代に創業し、細かい点に厳しい愛好者・コレクターなどのニッチ市場向けにイタリア国鉄の車両の模型を生産する。

イタリアの鉄道模型市場は1990年代まで、リマリバロッシがほぼ独占していた[1]が、2000年代にリマ・リバロッシともに外国企業に買収され、イタリアの車両の模型化が以前よりも重要視されなくなってしまったため、これを是正することを目的にアクメは起業した。

製品

製品のデザインや設計はイタリアで行なうが、実際の製造は製造コストを低減させるために中国で行なわれる。昔のような鉄道玩具然とした製品はなく、価値ある模型の市場が作られている。

出版

鉄道の歴史やニュースなどを題材とした出版物を発行する。トレノアズーロコルベリーニ車両など、特定のテーマの本を出版した。

鉄道の歴史や模型を探求した雑誌『la RF Rivista della Ferrovia』を発行する。

外部リンク


  1. ^ 両社は以前に合併しており、それぞれローエンド製品とミドルレンジ製品を担当していた。ハイエンド製品は主にドイツメーカーの製品が占めていた。


「アクメ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アクメ」の関連用語

アクメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アクメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS