郷に入れば郷に従えとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 郷に入れば郷に従えの意味・解説 

郷に入れば郷に従え

読み方:ごうにいればごうにしたがえ

その土地やその環境に入ったならば、そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方である、などの意味の表現。「郷に入っては郷に従え」などとも言う。

郷に入れば郷に従え

出典:『Wiktionary』 (2019/09/24 13:03 UTC 版)

成句

っては郷にえ(ごうにいってはごうにしたがえ

  1. その土地(又は社会集団一般)に入ったら、自分価値観異なっていても、その土地集団)の慣習風俗にあった行動をとるべきである。

出典等

表現のゆれ

入郷而従郷』の訓読読み癖により、以下の表現なされる

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「郷に入れば郷に従え」の関連用語

郷に入れば郷に従えのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



郷に入れば郷に従えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの郷に入れば郷に従え (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS