逆総当たり攻撃とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 逆総当たり攻撃の意味・解説 

リバースブルートフォース攻撃

読み方リバースブルートフォースこうげき
別名:リバースブルートフォースアタックリバースブルートフォース,逆総当たり攻撃
【英】reverse brute force attack

リバースブルートフォース攻撃とは、不正ログイン目的とするアカウント突破手法のうち、特定のパスワードと、ユーザーID使用され得る文字列組み合わせ用いて総当り的にログイン試み手法のことである。

リバースブルートフォース攻撃の名称は「ブルートフォース攻撃」を前提した命名といえるブルートフォース攻撃特定のIDに対し、パスワード使用され得る文字列総当り的に入力して、有効な組み合わせ発見ようとするブルートフォース攻撃ではユーザーID固定されパスワード変更が試されるが、リバースブルートフォース攻撃ではパスワード固定してユーザーID変更が試される。

最近では、同じID一定回数ログイン失敗するパスワード間違える)とアカウントロック掛けられて、しばらく待機するか所定の手続きを踏まなければ再度ログインが試せなくなる仕組み多く導入されている。この仕組みブルートフォース攻撃阻止するために有効といえるしかしながらユーザーIDの側を次々と変えていくリバースブルートフォース攻撃の場合、このアカウントロック回避しやすい。「admin」や「1234のような安易な文字列パスワード用いている利用者少なくなく、こうしたパスワード固定してリバースブルートフォース攻撃を仕掛けることで、認証突破できるアカウントが見つけられやすいとされる。

リバースブルートフォース攻撃を防ぐには、ブルートフォース攻撃同様にある程度長く複雑なパスワード設定したりパスワード定期的に変更したりといった措置が有効とされる。


参照リンク
不正ログインを防ぐパスワード管理術 - (マカフィーセキュリティニュース)
セキュリティのほかの用語一覧
ネットワーク攻撃:  PoD  RLTrap  リモートアクセス型トロイの木馬  リバースブルートフォース攻撃  論理爆弾  SYNフラッド攻撃  SQLインジェクション

総当たり攻撃

(逆総当たり攻撃 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 19:35 UTC 版)

総当たり攻撃(そうあたりこうげき)とは、暗号解読方法のひとつで、可能な組合せを全て試すやり方。力任せ攻撃、または片仮名ブルートフォースアタック: Brute-force attack)とも呼ばれる。




「総当たり攻撃」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「逆総当たり攻撃」の関連用語

逆総当たり攻撃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



逆総当たり攻撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリバースブルートフォース攻撃の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの総当たり攻撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS