精神病学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 精神 > 精神病学の意味・解説 

せい しんびょう がく-びやう- [5] 【精神病学】


精神病

(精神病学 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/23 17:04 UTC 版)

精神病(せいしんびょう、: Psychosisサイコシス)とは、妄想幻覚を特徴とした症状である[2][3]。厳密には、現実検討ができない症状である(妄想や幻覚だと当人が分からない)[3]。こうした症状は、統合失調症の症状であったり、また他が原因として症状を呈している場合には、精神病性障害(psychotic disorder)とも呼ばれる。以上が現行の医学的な用法である。健康な人でも生涯において5.8%が精神病体験をしている[4]




  1. ^ icd10online
  2. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Introduction.
  3. ^ a b c d e アレン・フランセス 『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』 金剛出版、2014年3月、122頁。ISBN 978-4772413527Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5®, The Guilford Press, 2013.
  4. ^ a b McGrath JJ, Saha S, Al-Hamzawi A, et al. (2015). “Psychotic Experiences in the General Population”. JAMA Psychiatry 72 (7): 697. doi:10.1001/jamapsychiatry.2015.0575. PMID 26018466. 
  5. ^ a b c d e ヒルガードの心理学第15版 2012, p. 794.
  6. ^ 伊藤正男; 井村裕夫; 高久史麿編 『医学書院医学大辞典』 (第2版) 医学書院2009年2月、1540頁。ISBN 978-4260005821http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=54705 
  7. ^ 大辞林第三版「精神病」、『コトバンク』、朝日新聞社2014年6月21日閲覧。
  8. ^ S.ジオラ・ショーハム、ジオラ・ラハーブ『犯罪と逸脱のスティグマ(烙印)理論:カインから現代まで』藤田弘人、神戸博一訳 文化書房博文社 1998年、ISBN 4830108258 p.62.
  9. ^ a b c エドワード・ショーター 『精神医学の歴史』 木村定(翻訳)、青土社、1999年10月、133、136。ISBN 978-4791757640、A History of Psychiatry: From the Era of the Asylum to the Age of Prozac, 1997
  10. ^ 西園昌久、(編集)神庭重信、黒木俊英 「うつ病の多様性と力動的理解」『現代うつ病の臨床』 創元社、2009年、12-28頁。ISBN 978-4-422-11423-1
  11. ^ a b 世界保健機関、(翻訳)融道男、小見山実、大久保善朗、中根允文、岡崎祐士 『ICD-10精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン』 医学書院、2005年、新訂版。ISBN 978-4-260-00133-5世界保健機関 (1992) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical descriptions and diagnostic guidelines (blue book). World Health Organization. http://www.who.int/classifications/icd/en/bluebook.pdf.  英語原本では Neurosis and psychosis(p10), F1x.5 Psychotic disorder (pp72-73) の項。
  12. ^ Fusar-Poli, P.; Deste, G.; Smieskova, R.; Barlati, S.; Yung, AR.; Howes, O.; Stieglitz, RD.; Vita, A. et al. (Jun 2012). “Cognitive functioning in prodromal psychosis: a meta-analysis”. Arch Gen Psychiatry 69 (6): 562–71. doi:10.1001/archgenpsychiatry.2011.1592. PMID 22664547. 
  13. ^ Brown, EC.; Tas, C.; Brüne, M. (Jan 2012). “Potential therapeutic avenues to tackle social cognition problems in schizophrenia”. Expert Rev Neurother 12 (1): 71–81. doi:10.1586/ern.11.183. PMID 22149657. 
  14. ^ DSM-IV各版の「物質誘発性精神病性障害」の項参照。
  15. ^ a b 世界保健機関 2004, p. 44.
  16. ^ 世界保健機関 2004, p. 95.
  17. ^ 『過感受性精神病』 伊豫雅臣(監修)、中込和幸(監修)、星和書店、2013年5月ISBN 978-4791108404
  18. ^ a b 世界保健機関 (1997) (pdf). Program on Substance Abuse : Cannabis: a health perspective and research agenda. WHO/MSA/PSA/97.4 (Report). World Health Organization. p. 18. http://whqlibdoc.who.int/hq/1997/WHO_MSA_PSA_97.4.pdf 2014年6月10日閲覧。. 
  19. ^ a b c 世界保健機関 2004, pp. 174-175.
  20. ^ 世界保健機関 2004, p. 169.
  21. ^ Gurillo, Pedro; Jauhar, Sameer; Murray, Robin M; MacCabe, James H (2015). “Does tobacco use cause psychosis? Systematic review and meta-analysis”. The Lancet Psychiatry 2 (8): 718–725. doi:10.1016/S2215-0366(15)00152-2. PMID 26249303. http://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(15)00152-2/fulltext. 
  22. ^ Stafford, MR; Jackson, H; Mayo-Wilson, E; Morrison, AP; Kendall, T (2013-01-18). “Early interventions to prevent psychosis: systematic review and meta-analysis”. BMJ (Clinical research ed.) 346: f185. doi:10.1136/bmj.f185. PMC 3548617. PMID 23335473. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3548617. 
  23. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.3.
  24. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.3.2.
  25. ^ Marshall M, Rathbone J (2006). “Early intervention for psychosis”. Cochrane Database Syst Rev (4): CD004718. doi:10.1002/14651858.CD004718.pub2. PMID 17054213. http://bjp.rcpsych.org/content/196/5/343. 
  26. ^ van Os J, Kapur S (August 2009). “Schizophrenia”. Lancet 374 (9690): 635–45. doi:10.1016/S0140-6736(09)60995-8. PMID 19700006. http://xa.yimg.com/kq/groups/19525360/611943554/name/Schizophrenia+-+The+Lancet.pdf. 
  27. ^ Yung AR, McGorry PD, McFarlane CA, Jackson HJ, Patton GC, Rakkar A (1996). “Monitoring and care of young people at incipient risk of psychosis”. Schizophr Bull 22 (2): 283–303. doi:10.1093/schbul/22.2.283. PMID 8782287. http://schizophreniabulletin.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=8782287. 
  28. ^ ORYGEN Youth Health(2009年10月24日時点のアーカイブ
  29. ^ Yung AR, McGorry PD, McFarlane CA, Jackson HJ, Patton GC, Rakkar A (1996). “Monitoring and care of young people at incipient risk of psychosis”. Schizophr Bull 22 (2): 283–303. doi:10.1093/schbul/22.2.283. PMID 8782287. http://schizophreniabulletin.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=8782287. 
  30. ^ Broome MR, Woolley JB, Johns LC (August 2005). “Outreach and support in south London (OASIS): implementation of a clinical service for prodromal psychosis and the at risk mental state”. Eur. Psychiatry 20 (5-6): 372–8. doi:10.1016/j.eurpsy.2005.03.001. PMID 16171652. 
  31. ^ PRIME
  32. ^ (COPE)
  33. ^ Emory University
  34. ^ Yung AR, Phillips LJ, Yuen HP (March 2003). “Psychosis prediction: 12-month follow up of a high-risk ("prodromal") group”. Schizophr. Res. 60 (1): 21–32. doi:10.1016/S0920-9964(02)00167-6. PMID 12505135. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0920996402001676. 
  35. ^ McGorry PD, Yung AR, Phillips LJ (October 2002). “Randomized controlled trial of interventions designed to reduce the risk of progression to first-episode psychosis in a clinical sample with subthreshold symptoms”. Arch. Gen. Psychiatry 59 (10): 921–8. doi:10.1001/archpsyc.59.10.921. PMID 12365879. http://archpsyc.ama-assn.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12365879. 
  36. ^ Morrison AP, French P, Parker S (May 2007). “Three-year follow-up of a randomized controlled trial of cognitive therapy for the prevention of psychosis in people at ultrahigh risk”. Schizophr Bull 33 (3): 682–7. doi:10.1093/schbul/sbl042. PMC 2526150. PMID 16973786. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2526150. 
  37. ^ Schäfer Amminger, Papageorgiou Harrigan, Cotton McGorry, Berger (2008). “Indicated Prevention of Psychotic Disorders with Long-Chainomega-3 Fatty Acids: A Randomized, Placebo-Controlled Trial”. Schizophrenia Research 102: 252. doi:10.1016/s0920-9964(08)70758-8. 
  38. ^ Frances, A. (November 2009). “Whither DSM-V?”. The British Journal of Psychiatry 195 (5): 391–392. doi:10.1192/bjp.bp.109.073932. PMID 19880926. http://bjp.rcpsych.org/content/195/5/391.long. 
  39. ^ 【神経科学】オメガ3の精神病予防効果は長続きする”. natureasia.com (2015年8月12日). 2016年12月28日閲覧。
  40. ^ 国民年金・厚生年金保険障害認定基準について 社会保険庁年金保険部長通知 昭和61年3月31日 2011年7月17日閲覧







精神病学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「精神病学」の関連用語

精神病学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウォーナリー

水素ガス自動車

レタカラ・クルヴィケプス

すみさし

32M 光伝送装置

蘭蘭

トラック・クレーン

底打ち当金





精神病学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精神病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS