天神信仰とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 信仰 > 天神信仰の意味・解説 

天神信仰

読み方:テンジンシンコウ(tenjinshinkou)

菅原道真祀る信仰


天神信仰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/26 05:39 UTC 版)

天神信仰(てんじんしんこう)は、日本における天神(雷神)に対する信仰のことである。特に菅原道真を「天神様」として畏怖・祈願の対象とする神道の信仰のことをいう。


  1. ^ 寺子屋に伝わったとされる『天神経』より。
  2. ^ 天神信仰の発足に天台宗・真言宗それぞれの僧侶が関わっていたこともあり、当初から仏教との関わりは強く、境内に寺や仏塔を建てるなどしていた。明治期の廃仏毀釈までその流れは続いた。
  3. ^ 現在は北野天満宮内にある火之御子社に祀られている。
  4. ^ 本地を十一面観音菩薩としたため。
  5. ^ 渡唐天神像をお守りとして使用した。
  6. ^ とっさの日本語便利帳 2003, p. 259.
  7. ^ (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」『三天神』 - コトバンク
  8. ^ 曽根田天満宮境内説明板。


「天神信仰」の続きの解説一覧



天神信仰と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天神信仰」の関連用語

天神信仰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天神信仰のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天神信仰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS