助産師とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 助産師の意味・解説 

じょさん‐し【助産師】


助産師 (じょさんし)


助産師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/20 06:26 UTC 版)

助産師(じょさんし、英語: midwife)は、助産行為の専門職であり、妊娠、出産、産後ケア、女性の性保健(婦人科検査、家族計画更年期ケア)、新生児ケアなどを分野とする[3]。かつて腰抱き、産婆、助産婦などと呼称された職業の発展形[4]。日本においては、2002年の名称改正まで正式名は助産婦(じょさんふ)の名称であった[5]


  1. ^ International Definition of the Midwife”. International Confederation of Midwives. 2018年4月30日閲覧。
  2. ^ Midwives Associations Worldwide”. International Confederation of Midwives. 2018年4月30日閲覧。
  3. ^ Essential Competencies for Basic Midwifery Practice”. International Confederation of Midwives (ICM). 2018年4月30日閲覧。
  4. ^ 助産師の歴史公益社団法人日本看護協会
  5. ^ 時代変われば”. 日医on-line - 日本医師会. 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ 保健師助産師看護師法 | e-Gov法令検索”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年10月13日閲覧。
  7. ^ 助産師を目指す方へ”. 全国助産師教育協議会. 2023年10月2日閲覧。
  8. ^ the definition of midwife”. Dictionary.com. 2018年4月30日閲覧。
  9. ^ Salamon, Maureen (2023年11月22日). “What does a birth doula do?” (英語). Harvard Health. 2023年11月22日閲覧。
  10. ^ Jean Towler and Joan Bramall, Midwives in History and Society (London: Croom Helm, 1986), p. 9
  11. ^ Rebecca Flemming, Medicine and the Making of Roman Women (Oxford: Oxford University Press, 2000), p. 359
  12. ^ 取り上げ婆・取上げ婆”. コトバンク. 2019年9月13日閲覧。
  13. ^ 産婆”. コトバンク. 2019年9月13日閲覧。
  14. ^ a b 日本産婆会の創立とその背景”. 公益社団法人 日本助産師会. 2019年9月13日閲覧。
  15. ^ 平成24年度「衛生行政報告例(就業医療関係者)」
  16. ^ a b c d e f g h 永山くに子, 我部山キヨ子「教育活動報告 EU諸国における助産師の卒前教育 - ドイツ・オランダおよびスウェーデンの調査より(1)」『健康科学』第3号、京都大学医学部保健学科、2006年、49-53頁、doi:10.14989/48841ISSN 18802826NAID 1200008960802020年12月10日閲覧 
  17. ^ UNESCO - Midwifery: knowledge, skills and practices” (英語). ich.unesco.org. 2023年12月9日閲覧。


「助産師」の続きの解説一覧

助産師

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 10:41 UTC 版)

名詞

(じょさんし)

  1. 分娩補助し妊婦産婦新生児対す保健指導などを行う人。現在の日本では保健師助産師看護師法基づいて分娩補助を行う。

関連語

翻訳


「助産師」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「助産師」の関連用語

助産師のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



助産師のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(c)2024 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2024 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの助産師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの助産師 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS