ビトウィーン・ザ・シーツとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 飲料 > ブランデーベースのカクテル > ビトウィーン・ザ・シーツの意味・解説 

ビトウィーン・ザ・シーツ

ビトウィーン・ザ・シーツ ビトウィーン・ザ・シーツ
 レシピ
ビトウィーン・ザ・シーツ
■  クルボアジェ VSOPルージュ
(COURVOISIER VSOP ROUGE)
1/3
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
■  レモンハートホワイト
(LEMON HART WHITE RUM)
1/3
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
■  WHITE CURACAOORANGE HEERING
ホワイトキュラソー(オレンジヒーリング)
1/3
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
■  LEMON JUICESUNTORY COCKTAIL LEMON
レモンジュース(サントリーカクテルレモン)
1tsp
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ

 作り方
ビトウィーン・ザ・シーツ
シェークして、カクテル・グラスに注ぐ。

※レシピの分量表記について
ビトウィーン・ザ・シーツ
カクテルタイプ:ショート
グラスカクテル・グラス
テイスト:中甘辛
色:茶色琥珀色
アルコール度数:強い(25度以上)
製法シェーク

ワンポイント
ビトウィーン・ザ・シーツ
“Between the sheets”とは、“ベッドに入って”という意味。ナイトキャップおすすめの少々アルコール度数高めカクテルカクテル飲みながら、甘い夢世界入り込んでいきたい。“ナイトキャップ”とは、いわゆる寝酒のことで、眠り心地よく誘ってくれるパートナーのようなもの。少し高めアルコール度数口当たり良い刺激少なタイプナイトキャップに適している。

ラムには「レモンハート ホワイト」を。カクテル・ベースとして理想的なホワイトラム。レモンハートならではの熟成感をキープしたすっきりと爽やかな味わいと、ラム特有の豊かな甘い香り特徴ミックスする相手すばらしハーモニー奏でながらも自己を失わない主張もある。

ブランデーは「クルボアジェ VSOPルージュ」。エレガントボトルに描かれた一輪赤いバラは、バラ愛好家であったナポレオンの妻、ジョゼフィーヌイメージしたもの華やか香り高さと、なめらかにのどを通り過ぎ飲みやすさが特徴VSOPとは、ブランデー熟成年数によって定められた基準のひとつで、最低でも5年以上熟成した原酒ブレンドしてつくられたことを表している。

ビトウィーン・ザ・シーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/02 16:22 UTC 版)

ビトウィーン・ザ・シーツ ( Between-the-Sheets ) は、ラムベースまたはブランデーベースのカクテル


  1. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.172 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1


「ビトウィーン・ザ・シーツ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ビトウィーン・ザ・シーツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

上海ハイボール

カルーア・ミルク

ヴェネチアン・サンセット

エックス・ワイ・ジー

カンパリ・ビア

バナナ・ミルク

リンチバーグ・レモネード

C.C.トニック





ビトウィーン・ザ・シーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2018 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビトウィーン・ザ・シーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS