バイバルスとは?

バイバルス

名前 Baybars

バイバルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 06:13 UTC 版)

バイバルス・アル=ブンドクダーリーアラビア語: الملك الظاهر ركن الدين بيبرس بندقداري‎ al-Malik al-Zāhir Rukn al-Dīn Baybars al-Bunduqdārī, 1223年[2]/28年[3][4]/33年[5] - 1277年6月30日[6]/7月1日[7][1])は、マムルーク朝バフリー・マムルーク朝)の第5代スルターン君主。在位:1260年 - 1277年)。在位中の事績から実質的なマムルーク朝の建国者と評価されることもある[8]。即位名によりアッ=ザーヒル・バイバルスアラビア語: الملك الظاهر بيبرس‎ al-Malik al-Zāhir Baybars)とも呼ばれる。




  1. ^ a b c d e f g 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、221頁
  2. ^ a b c d 小林「バイバルス」『アジア歴史事典』7巻、325頁
  3. ^ a b c 佐藤「バイバルス」『新イスラム事典』、387頁
  4. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、184頁
  5. ^ 前嶋『イスラムの時代 マホメットから世界帝国へ』、346頁
  6. ^ a b c d ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、79頁
  7. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、29頁
  8. ^ a b c ヒッティ『アラブの歴史』下、641頁
  9. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、299頁
  10. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、258頁
  11. ^ J.C.ガルサン「エジプトとムスリム世界」『ユネスコ・アフリカの歴史』4 下巻収録(D.T.ニアヌ編, 同朋舎出版, 1992年9月)、554頁
  12. ^ a b c d e f 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、161頁
  13. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、212頁
  14. ^ a b c d ヒッティ『アラブの歴史』下、642頁
  15. ^ a b 長谷部「バイバルス」『岩波イスラーム辞典』、740-741頁
  16. ^ a b c d ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、343頁
  17. ^ a b ヒッティ『アラブの歴史』下、640頁
  18. ^ 前嶋『イスラムの時代 マホメットから世界帝国へ』、342頁
  19. ^ a b c d e f 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、159頁
  20. ^ a b 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、185頁
  21. ^ 前嶋『イスラムの時代 マホメットから世界帝国へ』、342-343頁
  22. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、186頁
  23. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、191-193頁
  24. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、191-192頁
  25. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、196頁
  26. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、10頁
  27. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、198頁
  28. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、287頁
  29. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、197頁
  30. ^ 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、159-160頁
  31. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、290-291頁
  32. ^ a b c 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、160頁
  33. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、18頁
  34. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、292-295頁
  35. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、308頁
  36. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、19頁
  37. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、308-309,333頁
  38. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、201頁
  39. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、326-329頁
  40. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、329-330頁
  41. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、203頁
  42. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、335頁
  43. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、205頁
  44. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、206頁
  45. ^ ヒッティ『アラブの歴史』下、598頁
  46. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、338頁
  47. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、340-341頁
  48. ^ ヒッティ『アラブの歴史』下、639-640頁
  49. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、24頁
  50. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、341頁
  51. ^ a b c d e 大原『エジプト マムルーク王朝』、25頁
  52. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、342頁
  53. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、296-297頁
  54. ^ a b c d e f 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、112頁
  55. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、358頁
  56. ^ a b c ヒッティ『アラブの歴史』下、643頁
  57. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、359-361頁
  58. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、300頁
  59. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、42頁
  60. ^ a b 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、214頁
  61. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、63-64頁
  62. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、374-375頁
  63. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、310頁
  64. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、311頁
  65. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、375-376頁
  66. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、378-379頁
  67. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、380頁
  68. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、215頁
  69. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、383頁
  70. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』4巻、346-347,384頁
  71. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、10頁
  72. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、218頁
  73. ^ a b c エリザベス・ハラム『十字軍大全 年代記で読むキリスト教とイスラームの対立』(川成洋、太田美智子、太田直也訳, 東洋書林, 2006年11月)、450-454頁
  74. ^ 伊藤『モンゴルvs.西欧vs.イスラム 13世紀の世界大戦』、134頁
  75. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、43頁
  76. ^ a b c ヒッティ『アラブの歴史』下、599頁
  77. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、34頁
  78. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、11-12頁
  79. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、13-14頁
  80. ^ a b ヒッティ『アラブの歴史』下、600頁
  81. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、15-16頁
  82. ^ a b c d 大原『エジプト マムルーク王朝』、44頁
  83. ^ 伊藤『モンゴルvs.西欧vs.イスラム 13世紀の世界大戦』、193-194頁
  84. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、44-45頁
  85. ^ 伊藤『モンゴルvs.西欧vs.イスラム 13世紀の世界大戦』、194頁
  86. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、220頁
  87. ^ a b 橋口倫介『十字軍騎士団』(講談社学術文庫, 講談社, 1994年6月)、239-240
  88. ^ 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、233頁
  89. ^ 伊藤『モンゴルvs.西欧vs.イスラム 13世紀の世界大戦』、133頁
  90. ^ 前嶋『イスラムの時代 マホメットから世界帝国へ』、344頁
  91. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、304頁
  92. ^ 伊藤『モンゴルvs.西欧vs.イスラム 13世紀の世界大戦』、146頁
  93. ^ 前嶋『イスラムの時代 マホメットから世界帝国へ』、345頁
  94. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、48-49頁
  95. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、49-50頁
  96. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、51-52頁
  97. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、53-54頁
  98. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、59頁
  99. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、60頁
  100. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、61頁
  101. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、54頁
  102. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、54-55頁
  103. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、67頁
  104. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、73頁
  105. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、69頁
  106. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、70-71頁
  107. ^ ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、72頁
  108. ^ a b 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、162頁
  109. ^ a b ドーソン『モンゴル帝国史』5巻、80頁
  110. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、304-305頁
  111. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、61頁
  112. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、297頁
  113. ^ ヒッティ『アラブの歴史』下、640-641頁
  114. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、305頁
  115. ^ a b c d 三浦徹「東アラブ世界の変容」『西アジア史 1 アラブ』収録(佐藤次高編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2002年3月)、309-310頁
  116. ^ a b 大原『エジプト マムルーク王朝』、256頁
  117. ^ a b 牟田口『物語中東の歴史 オリエント5000年の光芒』、211頁
  118. ^ アミン・マアルーフ『アラブが見た十字軍』(牟田口義郎、新川雅子訳, ちくま学芸文庫, 筑摩書房, 2001年2月)、478-479頁
  119. ^ 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、112-113頁
  120. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、247頁
  121. ^ a b 佐藤『マムルーク 異教の世界からきたイスラムの支配者たち』、113頁
  122. ^ ヒッティ『アラブの歴史』下、641-642頁
  123. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、245頁
  124. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、30頁
  125. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、249頁
  126. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、299-300頁
  127. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、151-152頁
  128. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、300-301頁
  129. ^ 佐藤『イスラーム世界の興隆』、301頁
  130. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、27-28頁


「バイバルス」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バイバルス」の関連用語

バイバルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バイバルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイバルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS