BiS 概要

BiS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/06 13:39 UTC 版)

概要

第1期(2010年 - 2014年)

歌手として活動していたプー・ルイが音楽配信・情報サイトOTOTOYでのインタビューにて、「アイドルグループがやりたかった」と発言[2]。これを発端に公開メンバー選考オーディションを行い、2010年11月より活動を開始。マネージメントは渡辺淳之介、サウンドプロデュースは松隈ケンタが担当。

日本語名称として「新生アイドル研究会」、英称として「Brand-new idol Society」と呼称・記述される。その名の通り、結成当初は、「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」[3]をコンセプトに、「自給自足」をモットーとし、活動初期は振り付けやイベントのブッキングも自ら行っていた。また、南波一海を講師として、「OTOTOYアイドル研究室」の生徒として授業を受けていたこともある。

破天荒なプロモーション手法(ロマン優光曰く、「昭和の新日本プロレス的なトラブルをトラブルで解決するような現実とシナリオが交錯する炎上商法」[4])が有名となり、特に1stシングル「My Ixxx」のミュージック・ビデオでは、メンバーが全裸に近い状態で出演し、話題を集めた[5]日本武道館での解散コンサートを目標に活動していたが、武道館側からNGが出されたことにより会場を横浜アリーナに変更。2014年7月8日、「BiSなりの武道館」と銘打たれた公演をもって解散した[6]

第2期(2016年 - 2019年)

解散から2年後の2016年7月8日、プー・ルイ、渡辺、松隈により新メンバーを募集した上で本格的な再始動を発表[7]

BiS1st(ビスファースト)、BiS2nd(ビスセカンド)の2部制「BiS.LEAGUE」の導入、廃止を経て、2019年4月から5月にかけて行う全国ツアー「BiS Are you ready to go? TOUR」を最後に解散を発表。それに伴い、再結成オーディションの開催がアナウンスされた[8]

第3期(2019年 - )

解散から1カ月後の2019年6月11日に始動[9]


  1. ^ ARTiSTS”. WACK. 2017年6月28日閲覧。
  2. ^ アイドル・グループ構成員増殖計画vol.1”. OTOTOY. 2017年7月2日閲覧。
  3. ^ BiS 新生アイドル研究会サイト powered by syncl”. 2012年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ ロマン優光 (2015年12月11日). “『TVタックル』地下アイドル特集をみたよ:ロマン優光連載46”. ブッチNEWS. 2017年5月28日閲覧。
  5. ^ a b アイドルなのに野外で全裸、BiSが初シングルの衝撃PV公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年7月6日). 2011年7月6日閲覧。
  6. ^ 【ライブレポート】BiS、3時間半歌い続けての解散。横浜アリーナ総エヴィゾリ”. BARKS (2014年7月8日). 2015年6月3日閲覧。
  7. ^ BiS再始動!プー・ルイが新メンバー募集し11月にアルバム発売”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月8日). 2016年7月8日閲覧。
  8. ^ a b BiSが解散を発表、再結成オーディション開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  9. ^ a b c 第3期BiS始動!「Brand-new idol Society」で8月デビュー、赤目&鼻血アー写公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年6月11日). 2019年6月11日閲覧。
  10. ^ BiS-新生アイドル研究会-:プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. 2015年6月3日閲覧。
  11. ^ BiSワンマンライブで生キスマーク入りチケット用意”. ナタリー (2011年4月5日). 2012年6月29日閲覧。
  12. ^ BiS、1カ月越しのタワレコイベントに感激&新作コンペも”. ナタリー (2011年5月6日). 2012年6月29日閲覧。
  13. ^ 新メンバーユフ遂にステージへ!新生アイドル研究会BiSワンマンライブフォトレポート@下北沢SHELTER 2011.07.16”. INMUSIC (2012年4月10日). 2012年6月29日閲覧。
  14. ^ 大物ゲストDJがシェルターに参戦!「BiSのハロウィンパーティー」イベントレポート at 下北沢シェルター(動画付き)”. INMUSIC (2011年11月4日). 2012年6月29日閲覧。
  15. ^ ユケの卒業後も2012年に向けて再出発を宣言!BiS念願のリキッドワンマンの舞台に立つ!ワンマンライブ「IDOL is DEAD」”. INMUSIC (2011年12月27日). 2012年6月29日閲覧。
  16. ^ BiS ナカヤマユキコ脱退!そして2012年へダイブ!!(動画コメントあり)”. INMUSIC (2012年1月4日). 2012年6月29日閲覧。
  17. ^ 「BiS メジャーへシャウト!」エイベックス移籍とメンバー加入を発表。ワンマンライブ「Killer BiS」@下北沢シェルター(メンバーコメントあり)”. INMUSIC (2012年4月19日). 2012年6月29日閲覧。
  18. ^ 大阪・北堀江にアイドルの滝汗が飛び散る!BiS大阪初ワンマン「OK BiS」”. INMUSIC (2012年5月22日). 2012年6月29日閲覧。
  19. ^ BiSが24時間連続インストアイベント。満身創痍の「survival dAnce〜no no cry more〜」”. BARKS (2012年7月23日). 2012年7月24日閲覧。
  20. ^ “BiS 運営謝罪でアイドル抗争終結、両国国技館へ”. Billboard JAPAN. (2012年10月22日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/7878/ 2012年10月22日閲覧。 
  21. ^ “アイドルグループBiS 女装イベント「プロパガンダ」でハプニング”. SPA!. (2013年1月28日). https://nikkan-spa.jp/376879 2013年1月30日閲覧。 
  22. ^ “BiS公式ライバルグループ・SiS(仮)逆襲インタビュー”. Billboard JAPAN. (2016年9月21日). https://www.billboard-japan.com/special/detail/1697 2016年10月6日閲覧。 
  23. ^ Twitter・SiS OFFICIAL - 2016年9月26日 23:00
  24. ^ “BiS公式ライバルグループ・SiS(仮)狂乱デビューライブで負け犬軍団の矜持見せる! しかし活動中止へ”. Billboard JAPAN. (2016年9月27日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/42391/ 2016年10月6日閲覧。 
  25. ^ JxSxKのツイート(784015467576823808)
  26. ^ ギャンパレ BiS公式ライバルグループ・SiSメンバー電撃加入”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2016年10月6日). 2016年10月6日閲覧。
  27. ^ GANG PARADE『Barely Last』インタビュー”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2016年11月8日). 2016年11月10日閲覧。
  28. ^ BiS【元BiSなりのワンマンライブ】以来の地で示した新しいストーリー「魂を引き継いで歌っていく」”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2016年11月25日). 2016年12月7日閲覧。
  29. ^ 新生BiS、2月に早くも2枚目のフルアルバム”. ナタリー (2016年12月8日). 2016年11月20日閲覧。
  30. ^ BiSに新メンバー2名加入、アヤとギャンパレ・カミヤのトレードも”. ナタリー (2017年4月2日). 2017年4月18日閲覧。
  31. ^ BiSツアー初日に新メンバーお披露目、Twitterアカウントも開設”. ナタリー (2017年4月8日). 2017年4月18日閲覧。
  32. ^ BiS赤坂ワンマンがペリ・ウブ急病で延期、BiSHとギャンパレが代替公演”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年8月3日). 2017年8月3日閲覧。
  33. ^ a b c BiSとギャンパレがツーマンツアー開催、アヤ&カミヤサキのレンタルトレードは無期限延長”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年8月6日). 2017年8月6日閲覧。
  34. ^ a b BiSニューシングル、ペリ・ウブの体調不良受け発売延期”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  35. ^ a b BiSのプー・ルイが活動休止”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年9月16日). 2017年9月18日閲覧。
  36. ^ a b BiSH、BiS、GANG PARADEメンバーからなるSAiNT SEXが「WACK is FXXK」発売”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月2日). 2017年10月2日閲覧。
  37. ^ a b プー・ルイ帰還で5回連続「パプリカ」、メジャーデビューも発表のBiS赤坂BLITZ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月7日). 2017年10月7日閲覧。
  38. ^ BiSが2度目のメジャーデビュー、両国国技館含む東名阪ツアーも”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月6日). 2017年10月6日閲覧。
  39. ^ BiSH、BiS、ギャンパレ、EMPiREメンバーがシャッフル”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月17日). 2017年10月17日閲覧。
  40. ^ a b c BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiRE集結!衝撃発表にざわついた「WACKのフェス。」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年12月9日). 2017年12月10日閲覧。
  41. ^ a b BiSからプー・ルイ卒業、ラストステージは両国国技館”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年1月6日). 2018年2月27日閲覧。
  42. ^ a b c d 「BiSは私の人生の一番の汚点であり、誇りです」BiSからプー・ルイ卒業&新体制スタート”. 株式会社ナターシャ (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  43. ^ 「WACK合同オーディション2018」ニコ生で7日間密着&BiSHアイナら参加”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月6日). 2018年3月7日閲覧。
  44. ^ 新体制BiSが放つ「WHOLE LOTTA LOVE」MV&アヤ復帰の6人体制アー写公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年2月20日). 2018年2月27日閲覧。
  45. ^ WACKオーディション結果発表!キャン・マイカは改名、BiSは2チームに分裂”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月18日). 2018年3月18日閲覧。
  46. ^ 分裂したBiS、47都道府県ツアーでも分裂”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月15日). 2018年5月6日閲覧。
  47. ^ a b BiS、ももらんどが本日付けで脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月20日). 2018年4月20日閲覧。
  48. ^ 分裂したBiS、1stと2ndの対照的なビジュアル公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年5月15日). 2018年5月16日閲覧。
  49. ^ BiSidolのツイート(1002505640076455938)
  50. ^ BiS1stとBiS2nd、代々木公園フリーライブで「BiS.LEAGUE」投票を熱く呼びかけ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月4日). 2018年7月4日閲覧。
  51. ^ BiSメンバー入れ替え戦「BiS.LEAGUE」開幕、新シングル「Don't miss it!!」に投票券”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年4月26日). 2018年5月6日閲覧。
  52. ^ 「Don't miss it!!」封入の「BiS.LEAGUE券」が対象となる投票期間は、2018年7月3日 20:00~2018年7月29日 23:59。
  53. ^ 「BiS.LEAGUE」次作も1stが4名、2ndが6名に「今回のはまりがすごく良かった」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月9日). 2018年7月28日閲覧。
  54. ^ 「BiS.LEAGUE」集計結果発表をニコ生配信”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年7月26日). 2018年7月28日閲覧。
  55. ^ 「BiS.LEAGUE」でゴ・ジーラ最多得票獲得、次作の1st&2ndメンバー決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年8月1日). 2018年8月3日閲覧。
  56. ^ BiSがキャプテン制を導入、ゴ・ジーラは次回新曲の作詞権を獲得”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年8月1日). 2018年8月3日閲覧。
  57. ^ Tetsuo_Hiragaのツイート(1025603474900172800)
  58. ^ Tetsuo_Hiragaのツイート(1025610872394153984)
  59. ^ 西澤裕郎 (2018年8月3日). “BiS、新体制初シングルを11月発売&完全生産限定盤にゴ・ジーラ作詞曲収録”. StoryWriter. 2018年8月3日閲覧。
  60. ^ これに先立ち、グッズ購入者の投票は8月4日のTOKYO IDOL FESTIVAL2018から受付開始された。
  61. ^ BiS1stと2nd決める第2回「BiS.LEAGUE」詳細明らかに”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月24日). 2018年11月18日閲覧。
  62. ^ BiS運命の47都道府県ツアー千秋楽、生中継が決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月26日). 2019年1月1日閲覧。
  63. ^ 大波乱「BiS.LEAGUE」はゴ・ジーラ連覇、BiS10人中5人が戦力外通告を受ける”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月29日). 2019年1月1日閲覧。
  64. ^ a b BiSからネル・ネール脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月1日). 2019年1月1日閲覧。
  65. ^ WACK合同オーディション開催決定、合宿には所属メンバー7名参加”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月3日). 2019年3月5日閲覧。
  66. ^ BiS、1カ月間に11会場を回るツアー決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年2月3日). 2019年2月4日閲覧。
  67. ^ a b クラウン新レーベルにBAND-MAID、BiS、FABLED NUMBER、predia、UNCHAIN”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月1日). 2019年3月6日閲覧。
  68. ^ BiS、研究員と寝食を共にする“BiSなりの69時間フェス”は全17部制に”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月8日). 2019年4月4日閲覧。
  69. ^ BiS、研究員と寝食共にする“69時間フェス”「BiSなりの69フェス。」開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月4日). 2019年3月6日閲覧。
  70. ^ BiSの69時間イベント開幕!レーベルメイト・純烈が白塗りメイクで応援に駆け付ける”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年3月18日). 2019年4月4日閲覧。
  71. ^ 第2期BiSがラストライブを終え解散、9人はそれぞれの未来へ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年5月11日). 2019年5月12日閲覧。
  72. ^ 配布されたフライヤーは同一デザインだが、収録曲ダウンロードのQRコードのみ各日異なり、それぞれ別の楽曲が配信された(21日「teacher teacher teacher」、27日「ナンデスカ?」、28日「strawberry girl」)。
  73. ^ BiSがあなたの街にやって来る、3日かけてタワレコ全店舗を訪問「BiS 研究員補完計画」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月18日). 2019年7月29日閲覧。
  74. ^ BiS全編モザイクの衝撃MV公開、無修正バージョン解禁まであと少し”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月30日). 2019年8月4日閲覧。
  75. ^ BiSidolのツイート(1157204436961206272)
  76. ^ 西澤裕郎 (2019年8月4日). “BiSがTIF2019にゲリラ出演、第1期2期の歴史を受け継ぐ初ライヴ”. StoryWriter. 2019年8月4日閲覧。
  77. ^ BiS目標達成で顔出し解禁!MV無修正バージョン、アー写、アルバム詳細を一挙公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  78. ^ BiS、アルバム未収録の「少年の歌」「Good bye」「kAsAbutA」無料配信スタート”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月8日). 2019年10月10日閲覧。
  79. ^ 第3期BiS、CDデビュー直前でマナコ・チー・マナコが脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月13日). 2019年10月10日閲覧。
  80. ^ 第3期BiSが中野heavy sick ZEROで初ワンマン開催、チケット争奪戦の電話番はメンバー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月16日). 2019年7月29日閲覧。
  81. ^ 西澤裕郎 (2019年8月6日). “第3期BiS、初の東名阪ツアー開催&初ワンマンのニコ生放送も”. StoryWriter. 2019年10月10日閲覧。
  82. ^ BiSに新メンバー「ズズ・デス」加入、赤目アー写の加工解除時期はマネージャー次第”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月1日). 2019年10月10日閲覧。
  83. ^ BiS、新メンバーのズズ・デス脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月7日). 2019年10月10日閲覧。
  84. ^ BiSが再びあなたの街へ、「研究員増殖計画」でタワレコ全76店舗を訪問”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月7日). 2019年10月10日閲覧。
  85. ^ BiS対CARRY LOOSE、メインアクトの座を懸け200km駅伝バトル”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月10日). 2019年11月28日閲覧。
  86. ^ 渋谷~熱海往復200kmを走破!BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝の勝者はCARRY LOOSE”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月4日). 2019年11月28日閲覧。
  87. ^ CARRY LOOSEとBiS、駅伝バトルの末に繰り広げた熱いツーマンライブ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月24日). 2019年11月28日閲覧。
  88. ^ BiS、年末に24時間イベント「Let's have a 24 hour BiS's party」開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年11月19日). 2019年11月28日閲覧。
  89. ^ 第3期BiSが24時間ライブ完遂、初披露曲含む計75曲をパフォーマンス”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月29日). 2020年2月12日閲覧。
  90. ^ 「WACK合同オーディション2020」開催決定、合宿参加メンバーはこの6名”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年1月3日). 2020年2月12日閲覧。
  91. ^ 第3期BiSが8都市回る全国ツアー開催、ファイナルはリキッド”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月13日). 2020年2月12日閲覧。
  92. ^ BiSの2ndアルバム「LOOKiE」詳細発表、新曲「BASKET BOX」除く試聴音源を公開中”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月26日). 2020年2月12日閲覧。
  93. ^ BiS新曲「IT'S TOO LATE」無料配信スタート、新アー写&JK写も公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年4月30日). 2020年5月15日閲覧。
  94. ^ 東京はネオ・トゥリーズとイトー・ムセンシティ部、大阪はチャントモンキーとトギー
  95. ^ BiSidolのツイート(1295925958952865792)
  96. ^ BiSidolのツイート(1296044537563947008)
  97. ^ BiSメンバー自主制作の無観客ライブ映像作品、ネットのどこかで販売開始”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月9日). 2020年9月28日閲覧。
  98. ^ BiS無観客ライブ映像を“正式に”発売、30曲パフォーマンスを完全収録”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月9日). 2020年9月28日閲覧。
  99. ^ BiS、観客ありのワンマンライブ「KiLL YOur WiNTerxxx -but fall-」開催決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年9月22日). 2021年9月15日閲覧。
  100. ^ BiS有観客ワンマンライブ「KiLL YOur WiNTerxxx」北海道、京都、宮城で開催決定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年10月12日). 2021年9月15日閲覧。
  101. ^ BiS、11カ月ぶりに福岡でワンマンライブ開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年11月1日). 2021年9月15日閲覧。
  102. ^ BiS「“プロパガンダ”と“PROPAGANDA”」ジャケット公開、布教盤は特製バンダナで包装”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年11月17日). 2021年9月15日閲覧。
  103. ^ BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月19日). 2021年9月15日閲覧。
  104. ^ ゲーセンに急げ!BiS新曲「COLD CAKE」がセガのクレーンゲーム限定で登場”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月23日). 2021年9月15日閲覧。
  105. ^ BiS感情爆発の2020年ラストライブ終幕、新ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月19日). 2021年9月15日閲覧。
  106. ^ BiS、新曲「COLD CAKE」ゲリラリリース”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年1月29日). 2021年9月15日閲覧。
  107. ^ Inc, Natasha. “BiS、プライベートレーベルULTRA STUPiD RECORDSから新作「KiLLiNG IDOLS」発売決定(写真7枚)”. 音楽ナタリー. 2021年1月14日閲覧。
  108. ^ 「WACK合同オーディション2021」に参加する現役メンバー発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年2月27日). 2021年9月15日閲覧。
  109. ^ BiS、学生限定&女性限定ライブを東名阪で開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年3月3日). 2021年9月15日閲覧。
  110. ^ BiSの両A面シングル「TOUCH ME / LOVE」詳細発表、職場で撮った新アー写公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年4月14日). 2021年9月15日閲覧。
  111. ^ 3期BiS史上最大!夏に駆ける全国ツアー「ENDLESS SUMMER BiS TOUR」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年5月13日). 2021年9月15日閲覧。
  112. ^ BiS、100枚限定ビークルカバーシングルを仙台でゲリラリリース”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年6月30日). 2021年7月29日閲覧。
  113. ^ a b BiSとZOCのリリースイベントがダブルブッキング、Twitterで協議して合同リリイベ開催へ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年7月6日). 2021年10月5日閲覧。
  114. ^ BiSとZOC、ダブルブッキングから実現した激レア合同リリースイベント”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年7月15日). 2021年10月5日閲覧。
  115. ^ BiSが「アラバキ」への思い込めたドキュメンタリー公開、東北ツアー振替日程も発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年5月6日). 2021年9月15日閲覧。
  116. ^ BiS東北ツアーチケット完売、仙台で追加公演開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年6月10日). 2021年9月15日閲覧。
  117. ^ BiSのバンド編成ライブ!白熱の東北ツアーで1期BiS曲も披露”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月1日). 2021年9月15日閲覧。
  118. ^ BiSゲリラリリース再び!KEMURI「PMA」カバーシングルは100枚限定、香椎浜に急げ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年7月29日). 2021年7月29日閲覧。
  119. ^ BiSが3度目のゲリラリリース!BRAHMAN「BASIS」カバーシングルはタワレコ橿原店限定”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月30日). 2021年9月19日閲覧。
  120. ^ BiSとZOC、プロデューサーを交換したスプリットシングル発売&ツアー開催”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年10月4日). 2021年10月10日閲覧。
  121. ^ Inc, Natasha. “BiSに新メンバー「ナノ3」加入!Twitterフォロワー2万5000人到達まで赤目鼻血”. 音楽ナタリー. 2021年11月6日閲覧。
  122. ^ Inc, Natasha. “BiSのトギー、活動休止「辞めません!」”. 音楽ナタリー. 2022年7月19日閲覧。
  123. ^ Inc, Natasha. “BiS新シングル「DA DA DA DANCE SONG」詳細発表、2年ぶりリリイベ開催”. 音楽ナタリー. 2022年12月6日閲覧。
  124. ^ a b Inc, Natasha. “BiSからチャントモンキー脱退「BiSはこれからもっと大きくなっていくはずです」(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2022年7月19日閲覧。
  125. ^ a b Inc, Natasha. “【イベントレポート】BiSチャントモンキー、笑顔でスクワットして脱退「ありがとうございました!」(チャントモンキー コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2022年7月19日閲覧。
  126. ^ Inc, Natasha. “BiSのトギーが電撃復帰!「TIF2022」で半年ぶりライブ”. 音楽ナタリー. 2022年8月8日閲覧。
  127. ^ a b Inc, Natasha. “BiSに新メンバー「ヒューガー」加入!赤目&鼻血加工解除の条件とは”. 音楽ナタリー. 2022年10月21日閲覧。
  128. ^ Inc, Natasha. “BiSのイトー・ムセンシティ部、ネオ・トゥリーズ脱退(2人のコメントあり)”. 音楽ナタリー. 2022年12月19日閲覧。
  129. ^ a b c Inc, Natasha. “【ライブレポート】BiS初の日比谷野音はチケット完売の大盛況、ネオとイトー脱退で明日から3人体制に(写真8枚 / MCコメントあり)”. 音楽ナタリー. 2023年1月9日閲覧。
  130. ^ Inc, Natasha. “BiSに新メンバー3名加入!WACKオーデ2023、運命の合格者発表”. 音楽ナタリー. 2023年3月25日閲覧。
  131. ^ Inc, Natasha. “BiS「イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム」MV公開”. 音楽ナタリー. 2023年7月13日閲覧。
  132. ^ Inc, Natasha. “BiS「BiS新曲プロデューサーはDOPING PANDAフルカワユタカ、ナノ3の目に涙”. 音楽ナタリー. 2023年9月15日閲覧。
  133. ^ BiS新アルバム「NEVER MiND」豪華プロデューサー陣発表、AxSxEとJxSxK初コラボも”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2024年1月31日). 2024年3月5日閲覧。
  134. ^ a b Inc, Natasha. “BiSのシオンエピック本日脱退”. 音楽ナタリー. 2024年3月5日閲覧。
  135. ^ HYUGA_BiSのツイート(1632363479914131458)
  136. ^ 「BiSの“Do you remember Rock’N Roll TV”?」第62回:クレナイ・ワールズエンド「orangeーオレンジー」”. TV LIFE. 株式会社ワン・パブリッシング (2023年5月16日). 2023年5月30日閲覧。
  137. ^ 元BiSのマナコ・チー・マナコこと小森まなこ、新バンドkillmilky結成”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年7月7日). 2021年8月8日閲覧。
  138. ^ 第3期BiSメンバーはなぜBiSの名を背負うと決めたのか? その覚悟と2ndEP『KiLLiNG IDOLS』に込めた想いとは”. スパイス. 株式会社イープラス (2021年3月4日). 2022年4月13日閲覧。
  139. ^ BiSインタビュー「曲を出せば出すほど、どんどん伝えたいという気持ちが増している」”. TV LIFE. 株式会社ワン・パブリッシング (2021年5月28日). 2022年4月13日閲覧。
  140. ^ 元BiSのチャントモンキー、「未菜」として再スタート”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2022年8月5日). 2022年8月5日閲覧。
  141. ^ 元BiSネオ・トゥリーズが“Lan”名義で再始動”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2023年9月11日). 2023年9月14日閲覧。
  142. ^ 「BiSの“Do you remember Rock’N Roll TV”?」第63回:シオンエピック『水曜日のダウンタウン』”. TV LIFE. 株式会社ワン・パブリッシング (2023年5月30日). 2023年5月30日閲覧。
  143. ^ “元BiSコショージがアイドル再始動、プロデュースはサクライケンタ”. 音楽ナタリー. (2014年11月6日). https://natalie.mu/music/news/130529 2014年11月6日閲覧。 
  144. ^ Ultimate!! Girls Revolution特設サイト”. 2013年2月17日閲覧。
  145. ^ ただし「Re:STUPiD」発売時のアーティスト写真でも白塗りをしていた。
  146. ^ STINGRAY【インタビュー】”. 2YOU MAGAZINE (2020年11月25日). 2024年3月5日閲覧。
  147. ^ ムロパナコに関するお知らせ”. 株式会社WACK (2019年6月24日). 2019年7月25日閲覧。
  148. ^ 第2期BiSのムロパナコ、双方合意でWACKとの契約解除”. 株式会社ナターシャ (2019年6月25日). 2019年7月25日閲覧。
  149. ^ DEARSTAGE新人ユニットは3組、BiSやAISの元メンバーも参加”. 株式会社ナターシャ (2019年7月31日). 2019年8月1日閲覧。
  150. ^ BiS、プー・ルイの軌跡たどる「DiPROMiSE」MV”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月3日). 2018年3月5日閲覧。
  151. ^ BILLIE IDLEに“大型新人”プー・ルイ加入!BLITZワンマンで夏の7都市ツアー開催を発表”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年6月7日). 2018年6月30日閲覧。
  152. ^ BiSの作品”. ORICON STYLE. オリコン. 2024年3月5日閲覧。
  153. ^ BiS1stの作品”. ORICON STYLE. オリコン. 2018年11月21日閲覧。
  154. ^ BiS2ndの作品”. ORICON STYLE. オリコン. 2018年11月21日閲覧。
  155. ^ DVDには「primal.」(MUSIC VIDEO)&映像特典を収録。
  156. ^ DVDには「2011/12/20 LIVE "IDOL is DEAD"@LIQUID ROOM (ライブ映像)」などを収録。
  157. ^ DVDには「PPCC」(MUSIC VIDEO)などを収録。
  158. ^ 「BiSとDorothy Little Happy」名義。Dorothy Little Happyとのコラボレーション・シングル。
  159. ^ DVDには「2012.7.13 LIVE"BiSメジャーデビュー記念直前大パーティ まだメジャーじゃないもん!! "@新宿LOFT(ライブ映像)」を収録。
  160. ^ DVDには「BiSimulation」MUSIC VIDEO(2種)、メイキング映像を収録。
  161. ^ DVDには「2012.10.21 LIVE"IDOL is DEAD -repetition-"@赤坂BLITZ」を収録。
  162. ^ DVDには「DiE」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  163. ^ DVDには「2013.8.7 LIVE"BiS階段"@WWW」を収録。
  164. ^ DVDには「Fly」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  165. ^ DVDにはアニメ “Backstageidolstory”/コショージメグミ デビュー密着ドキュメント映像を収録。
  166. ^ DVDには「STUPiG」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  167. ^ DVDには「2014.3.3 BiS after all EXTRA@O-EAST」を収録。
  168. ^ DVDには「FiNAL DANCE」MUSIC VIDEO、メイキング映像を収録。
  169. ^ DVDには映画「劇場版 BiS誕生の詩」ディレクターズカット版を収録。
  170. ^ DVDには「2017.10.6 LIVE "IDOL is DEAD"@赤坂BLITZ」を収録。
  171. ^ 初回生産限定盤Aには「2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館」ライブ映像・ボーナス映像を収録したBlu-ray、「2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館」ライブ音源を収録したCD2枚組、Photobook(50P.)、ポストカード(25枚)を同梱。
  172. ^ 初回生産限定盤Bには「2018.3.4 『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』@東京・両国国技館」ライブ映像を収録したDVDを同梱。
  173. ^ 完全生産限定盤には、ゴ・ジーラ作詞の「イツカヤラレルゾ」が収録される他、「アゲンストザペイン」1stメンバーソロ歌唱バージョンを収録したボーナスCD4枚、「アゲンストザペイン」ミュージックビデオをはじめとした映像を収録したBlu-ray、Photobookを同梱。
  174. ^ 初回限定盤には「アゲンストザペイン」ミュージックビデオをはじめとした映像を収録したDVDを同梱。
  175. ^ 完全生産限定盤にはBiS「I Don't Know What Will Happen TOUR」FiNALを収録したBlu-rayとPhotobook(100P.)、Tシャツを同梱。
  176. ^ 初回生産限定盤にはBiS「I Don't Know What Will Happen TOUR」FiNALを収録したDVDを同梱。
  177. ^ サイドビーのトラック1終了後に「TOUCH ME」がシークレットトラックとして収録されている。
  178. ^ 初回限定盤には、岩淵弘樹がディレクション、ゆめっち(3時のヒロイン)がナレーションを務めた「DOCUMENT of KiLLiNG IDOLS TOUR」を収録したBlu-rayを同梱。
  179. ^ DVDには映画『アイドル・イズ・デッド』とライブ映像を収録。
  180. ^ a b DVDにはミュージック・ビデオを収録。
  181. ^ DVDには映画『アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-“Special Edition-”』を収録。
  182. ^ 2014年4月19日発売
  183. ^ CD収録曲は1.Fly/2.DiE/3.PPCC/4.nerve/5.primal./6.IDOL DVD収録映像は1.Fly (Music Video)/2.DiE (Music Video)/3.PPCC (Music Video)/4.nerve(2012.10.21 LIVE “IDOL is DEAD Repetition”@赤坂BLITZ)/5.primal.(2013.3.16 LIVE “ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN 「WHO KiLLED IDOL?”@両国国技館)/6.IDOL(2012.7.13 LIVE“BiSメジャーデビュー記念直前大パーティ まだメジャーじゃないもん!! ”@新宿LOFT)
  184. ^ 編曲は松隈ケンタ。なお、でんぱ組.incはBiSの「IDOL」をカヴァー。編曲は玉屋2060%。
  185. ^ 編曲は松隈ケンタ。
  186. ^ 「完全版BiSキャノ」DVD発売決定、カンパニー松尾から長すぎるコメント到着”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年4月23日). 2015年4月23日閲覧。
  187. ^ “BiS正統派アイドル転向? 1カ月アイドルを学ぶラジオ番組”. ナタリー. (2012年10月5日). https://natalie.mu/music/news/77791 2012年10月9日閲覧。 
  188. ^ 番組一覧:BiSのビッスン?(仮)|ラジオ日本 AM1422kHz”. 2012年12月28日閲覧。
  189. ^ カンパニー松尾(監督) (5 March 2015). 『劇場版BiSキャノンボール2014』予告編. moviecollectionjp. 2017年8月9日閲覧
  190. ^ Inc, Natasha. “劇場版 アイドルキャノンボール2017 | あらすじ・内容・スタッフ・キャスト・作品情報”. 映画ナタリー. 2022年4月10日閲覧。
  191. ^ “MOBiSPROOF”. design studio STUDS. (2013年10月18日). https://mobisproof.tumblr.com/ 2016年4月19日閲覧。 
  192. ^ BiS 新曲『IDOL』PV公開 正統派アイドル路線変更は嘘!?”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2012年4月10日). 2019年8月27日閲覧。
  193. ^ 西澤裕郎 (2012年12月30日). “アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー”. OTOTOY. オトトイ. 2019年8月27日閲覧。



BIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 06:54 UTC 版)

BIS

bis

BiS

  • BiS - 新生アイドル研究会。プー・ルイが立ち上げた女性アイドルグループ。

関連項目



bis

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/27 13:10 UTC 版)

bis』(ビス)は、光文社が発行している10代後半 - 20代前半女性向けファッション雑誌である。2001年創刊。2006年8月号をもって休刊。2017年復刊[1][2]




「bis」の続きの解説一覧




BiSと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「BiS」に関係したコラム

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BiS」の関連用語

1
BIS規制 デジタル大辞泉
34% |||||


BiSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



BiSのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBiS (改訂履歴)、BIS (改訂履歴)、bis (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS