注射器 注射器の概要

注射器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 01:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
注射針を接続した注射筒と、注射針の保護キャップ
注射筒(注射針を装着していない状態)
注射針(針基に接合された針管)

構成

一般的な注射器の本体は注射筒(外筒、シリンジ)と注射桿(押子、吸子、プランジャ)からなり、これに注射針(針基を含む)を付けたもので構成される[1][2]

注射筒の材質は一般的にガラス製または樹脂製(プラスチック)である[1]。樹脂製の場合は気密性を持たせるため注射桿(プランジャ)の先端にゴム製のガスケットが付いており、潤滑剤としてシリコンオイルを用いたものもある[1]

注射筒の穴には筒の中央にある形式(中口)と筒の端にある形式(横口)がある[1]。また注射筒の先端には、針を差し込むだけのルアーチップ式、針を固定できるルアーロック式、カテーテルチップ型がある[1]。注射針があらかじめ結合された注射筒を針付き注射筒という。針刺し事故防止機構付きの注射器や、一時的で短時間の点滴静脈注射向けの翼状注射針、針なし注射器など、用途によって形態は様々である。注射針と注射筒は、差し込んで接続して使うタイプと、一体成型で製造されているタイプ[3]がある。

歴史

古い時代の注射器

皮下注射器の開発期は1850年から1910年にかけてで、フランスイギリスドイツを中心に各地の医療器具の工房が臨床医師と連携して多様な形式の皮下注射器を開発して製造販売していた[2]

ヨーロッパの古い医療では下剤、浣腸、瀉血が多く適用されており、フランスの整形外科医シャルル・ガブリエル・プラヴァーズ(Charles Gabriel Pravaz, 1791-1853)は動脈瘤に薬物を注入するため浣腸器の形状を参考に1852年に銀製の注射器を製作した(プラヴァーズの製作した注射器は後部がピストン式ではなくネジ式)[4]。しかしプラヴァーズの使用した注射器はトロカール・カニューレ式と呼ばれるもので、現代の皮下注射器の祖型とはいえないとされている[2]。のちにフランスやドイツではプラヴァーズ式(日本では「プラワッツ氏注射器」)と呼ばれる型式が使用されるようになったが、これはパリの医療器具製作業者シャリエールが開発したもので、押子はネジを刻んだ回転式であるが先端の針は斜端に穴を開けた金属針になっている[2]

注射器による皮下注射は1853年スコットランドのアレクサンダー・ウッドが、神経痛患者に鎮痛剤を注射したのが最初と言われている[4]

1860年代にはシャリエールのもとで修業したドイツ出身のルエル(Georg Wilhelm Amatus Lüer (Lueer, Luër), 1802-1883)が、多くの型式の注射器を創案し、フランスやドイツを中心に利用されるようになった[2]。なお、日本でいう「ルエル(ルアー、リュエル)氏型」はベクトン・ディキンソン社(米国)の総硝子製注射器を指した場合もある[2]

1952年には、アメリカ合衆国でプラスチック製の使い捨て(ディスポーサブル)注射器が作られた。注射器の大手メーカーとしても知られるテルモは、特殊な注射針であるナノパス33の開発を行い、これの製造販売元であった。また岡野工業はナノパス33の金型成型工程を開発したことで知られている。 ディスポーサブル注射器の滅菌処理は、酸化エチレンガスにより行われてきたが、日本では1970年国立衛生試験所の検査で滅菌が不十分なものが見つかったため、放射線による滅菌も認められるようになった[5]

日本では、注射が「医療行為か診療の補助行為か」を巡って、おかしな状態が長年続いていた。厚生省医務局長通知(昭和26年9月15日付け医収第517号)により、第二次世界大戦後の1951年に、看護婦による静脈注射が禁止された。しかし現場では禁止を守っておらず、看護師による注射は日常的に行われており、看護学校でも看護師に注射のやり方を指導していた。禁止が解かれたのは平成14年(2002年)9月になってからで、長年に渡って違法だが誰も守っていない状況が続いていた[要出典]


  1. ^ a b c d e f 賀澤勝利「実験器具としての注射器の活用」『化学と教育』第67巻第7号、日本化学会、2019年、 306-307頁、 doi:10.20665/kakyoshi.67.7_306ISSN 0386-2151NAID 130007867577
  2. ^ a b c d e f 月澤美代子「明治期に日本で製作・使用された皮下注射器 : 佐藤恒二蒐集注射器の調査と分析 (PDF) 」 『日本医史学雑誌』第64巻第1号、日本医史学会、2018年3月、 19-34頁、 ISSN 0549-3323NAID 40021533927
  3. ^ a b 注射器、針まで樹脂で一体成型」『日経産業新聞』2020年8月20日(医療・ヘルスケア面)2020年9月3日閲覧
  4. ^ a b 展示品ギャラリー」日本歯科大学 医の博物館
  5. ^ 放射線滅菌も認める 基準設け不良品にも歯止『朝日新聞』1970年(昭和45年)3月21日夕刊 3版 11面
  6. ^ 平山宗宏「ハイジェッター」『medicina』5巻 12号(1968年12月10日)p. 1438-1440
  7. ^ 『集団予防接種等によるB型肝炎感染拡大の検証及び再発防止に関する研究報告書(資料編)』厚生労働省 (PDF)
  8. ^ 伊藤精介 (1998年12月11日). “接種 かくしてC型肝炎は日本人に蔓延した!”. 『週刊ポスト』(小学館). 1999年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月16日閲覧。
  9. ^ FDA PRODUCT SAFETY -Medical Device-
  10. ^ 堺春美, 木村三生夫「無痛注射法による安全なインフルエンザ予防接種法の開発」『臨床とウイルス』第35巻第5号、2007年12月、 461-471頁、 ISSN 03038092NAID 10020182690 (要購読契約)
  11. ^ Needle-free jet injection for administration of influenza vaccine: a randomised non-inferiority trial. Lancet. 2014 May 29.
  12. ^ 宗宮基, 金沢一平, 澄川美穂, 長戸妙, 米原さなえ, 猪俣信子, 加藤讓「針無圧力注射器 (ShimaJET®) によりインスリン導入ができた針恐怖症の1例」『糖尿病』第46巻第3号、日本糖尿病学会、2003年、 259-262頁、 doi:10.11213/tonyobyo1958.46.259ISSN 0021-437XNAID 130004115398
  13. ^ ナノパス33
  14. ^ 2005年度グッドデザイン大賞
  15. ^ a b c 医薬品・医療機器等安全性情報234号 厚生労働省医薬食品局(2007年3月)
  16. ^ 医療事故を防止するための医療用具に関する基準の制定等について(注射筒型手動式医薬品注入器基準等)独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
  17. ^ a b 米国で承認された"針なし注射器"とは」medical-tribune(2014年)
  18. ^ 針なし注射器開発 気泡の力で薬剤を体内へ」毎日新聞(2015年)


「注射器」の続きの解説一覧




注射器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「注射器」の関連用語

注射器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



注射器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注射器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS