和田英作 受賞・受章

和田英作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/23 23:09 UTC 版)

受賞・受章

受賞[4]
  • 1895年 第4回内国勧業博覧会 妙技二等賞『海辺の早春』
  • 1900年 パリ万国博覧会 選外佳作賞『渡頭の夕暮』
受章[4]

作品

風景画・静物画
肖像画・人物画・その他



  1. ^ a b c d e f g 静岡県立美術館 1998, p. 10.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 刈谷市美術館 2007, p. 83.
  3. ^ a b c d e 静岡県立美術館 1998, p. 114.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 和田英作 東文研データベース
  5. ^ a b 静岡県立美術館 1998, p. 141.
  6. ^ a b c 薔薇: 和田英作 ポーラ美術館
  7. ^ a b c d e f g 鹿児島市立美術館 1985.
  8. ^ a b 和田 1974, p. 48.
  9. ^ a b c d e 刈谷市美術館 2016, p. 9.
  10. ^ a b 「東京藝術大学カレンダー・2014 所蔵名品絵画 近代編」販売のご案内 東京藝術大学, 2013年10月7日
  11. ^ a b 作品目録 三重県立美術館
  12. ^ a b c d 静岡県立美術館 1998, p. 142.
  13. ^ Aufbruch in eine neue Zeit:Die Gründung des Museums für Ostasiatische Kunst in Köln Museum für Ostasiatische Kunst Köln
  14. ^ a b 『明治日本美術紀行 ドイツ人女性美術史家の日記 』フリーダ・フィッシャー、安藤勉、講談社 (2002/7/10)
  15. ^ a b c d e 刈谷市美術館 2007, p. 84.
  16. ^ 静岡県立美術館 1998, p. 115.
  17. ^ 静岡県立美術館 1998, p. 116.
  18. ^ 静岡県立美術館 1998, p. 117.
  19. ^ 帝国劇場 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  20. ^ 刈谷市美術館 2016, p. 10.
  21. ^ 手塚恵美子 東宮御所喫煙室(現迎賓館赤坂離宮東の間)壁画について 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部
  22. ^ 木下直之 100人の東京駅 Gallery A4, 2006年
  23. ^ a b 慶應義塾豆百科 No.72 図書館のスティンドグラス慶應義塾
  24. ^ a b c 福沢諭吉展+新春の風景 慶應義塾図書館, p.4
  25. ^ a b c d e f g h 刈谷市美術館 2007, p. 85.
  26. ^ 静岡県立美術館 1998, p. 120.
  27. ^ a b c d e 和田 1974, p. 7.
  28. ^ 刑部人 栃木県立美術館
  29. ^ 野口謙蔵 東京文化財研究所
  30. ^ a b c d 静岡県立美術館 1998, p. 145.
  31. ^ 摂政官と関東大震災: 宮内庁の記録から 改訂版 宮内庁書陵部図書課宮内公文書館, 2013年, p.8
  32. ^ a b c d e f 刈谷市美術館 2007, p. 86.
  33. ^ a b 静岡県立美術館 1998, p. 146.
  34. ^ a b 刈谷市美術館 2007, p. 9.
  35. ^ 刈谷市美術館 2007, p. 8.
  36. ^ a b c d 刈谷市美術館 2007, p. 88.
  37. ^ 刈谷市美術館 2007, p. 87.
  38. ^ 静岡県立美術館 1998, p. 122.
  39. ^ a b 静岡県立美術館 1998, p. 147.
  40. ^ 刈谷市美術館 2016, p. 11.
  41. ^ 和田英作遺作展 東文研データベース
  42. ^ 和田 1974, p. 3.


「和田英作」の続きの解説一覧



和田英作と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和田英作」の関連用語

和田英作のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



和田英作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和田英作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS