ササゲ ササゲの概要

ササゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 07:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ササゲ
 
ササゲ(黒目豆)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ササゲ属 Vigna
亜属 : ササゲ亜属 Vigna
: ササゲ V. unguiculata
学名
Vigna unguiculata (L.) Walp.
英名
Cowpea
Black-eyed pea
ささげ[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 336 kcal (1,410 kJ)
55.0 g
デンプン 正確性注意 36.3 g
2.0 g
23.9 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
19 µg
チアミン (B1)
(43%)
0.50 mg
リボフラビン (B2)
(8%)
0.10 mg
ミネラル
カルシウム
(8%)
75 mg
鉄分
(43%)
5.6 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

特徴

語源は、莢が上を向いてつき物をささげる手つきに似ているからという説[2]、莢を牙に見立てて「細々牙」と言ったという説、豆の端が少々角張っていることからついたという説など諸説ある。

藤色、紫、ピンクなど様々な色の花をつける。花の形は蝶形花である。

穀物用種は、さやが10-30 cmで固く、豆は1 cm程度の腎臓形で、良く知られる日本で一般的な赤褐色の他に、白・黒・淡褐色・紫色など様々な色をもつ。白い豆には一部に色素が集中して黒い目のような姿になるため、ブラック・アイ・ピー(黒い目を持つ豆)と呼ばれる。つる性種は草丈が2-4mになるのにたいし、つるなし種の草丈は30-40 cm。ナガササゲと呼ばれる品種は100 cmに達する。耐寒性は低いが、反面暑さには非常に強い。

ササゲの子実は、カメムシ類によって食害される。他方で、莢の柄の基部付近には蜜が出る場所があり、この花外蜜腺はアリを呼び寄せる。そのうち大型のクロヤマアリが近くにいるカメムシを攻撃し、結果としてカメムシを追い払ってササゲの実を守ることが確かめられている[3]

歴史

日本では、平安時代に「大角豆」として記録が残されている[4]。江戸時代の『農業全書』には「豇豆」という名前で多くの品種や栽培法の記述がある[2]

また、江戸の武士の間では赤飯小豆の代わりに使われるようになった。小豆は水に浸して戻すための浸漬時間を長くするほど加熱中に割れる「胴切れ」が起きやすくなる[5]。そのため関東地方などでは小豆は「切腹に通じる」として武家では避けられ、皮が破れにくく煮崩れしにくいササゲを用いる地域がある[6]


  1. ^ 池上文雄、加藤光敏、河野博、三浦理代、山本謙治『からだのための食材大全』 NHK出版 2018 ISBN 978-4-14-011360-8 p.197.
  2. ^ a b 青葉高『日本の野菜』八坂書房、2000年、pp. 97-98。ISBN 4-89694-456-9
  3. ^ 小さなアミメアリでは追い払う行動が観察されず、他の種のアリには研究が及んでいない。小澤朗人「ササゲの花外蜜腺に集まるアリはカメムシから莢果を守れるか?」、『関西病虫害研究会報』第54号、41-45ページ、2012年。
  4. ^ 新猿楽記
  5. ^ 第3章 調理室における衛生管理&調理技術マニュアル”. 文部科学省. 2020年6月6日閲覧。
  6. ^ ささげ”. 東海農政局. 2020年6月6日閲覧。


「ササゲ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ササゲ」の関連用語




4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ササゲのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ササゲのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのササゲ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS