雉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > の意味・解説 

ち【×雉】

[音]チ(漢) [訓]きじ きぎし きぎす

鳥の名。キジ。「雉兎(ちと)/白雉

土を築き固めた城の垣根

名のりのぶ・ふさ

難読雉子(きじ・きぎし・きぎす)


きぎし【×雉/雉子】

キジの別名。《 春》


きぎす【×雉/雉子】

キジの別名。きぎし。《 春》

夫人は身を潜めて、—の伏隠れた風情であった」〈鏡花白鷺


きじ【×雉/雉子】

キジ目キジ科全長は、雄が尾が長いので80100センチ、雌が5060センチ。雄は暗緑色主とする多彩な色で、目の周りに赤い肉垂れがある。雌は全体褐色北海道を除く日本各地明る草原にすみ、地上で餌をとる。雄はケンケーンと大きな声で鳴く日本の国鳥。にほんきじ。きぎし。きぎす。《 春》「—の眸のかうかうとして売られけり/楸邨

キジ科鳥のうち、シャコ・ウズラ類を除いたもの総称日本・アジア・ヨーロッパに分布。ほとんどが雄は美しく、雌は地味。コウライキジ・オナガキジ・ヤマドリなど。


きじ【雉・雉子】

〔名〕

キジ科。形はニワトリに似るが尾が長く全長約八〇センチメートル。雄は暗緑色主体とした羽色で、複雑な模様があり、目の周囲赤色皮膚裸出する。尾は四〇センチメートル弱で、とがり、灰褐色の地に多数黒帯がある。雌はやや小さく、尾は二〇センチメートル前後全体黄褐色で、黒褐色斑紋散在草原低木林林縁などにすみ、地上性で、草木実や昆虫などを食べる。四〜七月繁殖期に雄はケン・ケーンと二声に鳴く日本特産で、本州四国九州分布日本の国鳥学者によってはアジア大陸産のコウライキジ同種とする。きぎす。きぎし。《季・春

古今(905‐914)雑体・一〇三三春の野の繁き草葉妻恋ひにとび立つきじのほろろとぞなく〈平貞文〉」

キジ科鳥のうち、キジ近縁鳥の総称大形雌雄異色で、尾の比較長い点で共通の特色があり、ヤマドリキンケイギンケイや、ときにはクジャクまでも含む。キジ類と総称されるが、分類学上のグループではなくウズラシャコ類との間に線を引くことができない唯一種を除いて、すべてアジア南部産。

③ 「きじやき雉焼)」のこと。

雑俳柳多留‐四〇(1807)「俗ぶつさ雉子の味(あぢ)をつけ」

[語誌]万葉東歌記紀歌謡仮名表記には「きぎし」とあり、古く多く「きぎし」と呼ばれていたが、「古今六帖」には「きじ」が項目名となっており、「きじ」が六首、「きぎす」が二首見られる後者は共に万葉の歌だが、「きぎし」から「きぎす」に移行した時期不明


読み方:タカガキ(takagaki)

高い垣。


きじ 【雉・雉子】

キジ目キジ科古くキギシまたはキギスといい、それがキジになったという。ケゲシ〈勇み烈しい〉という言葉からきたと一説にある。漢字の雉は真っすぐ矢のように飛ぶの意である。日本朝鮮中国ヨーロッパ西部広く分布するが、学者によっては日本のものと大陸のものとを別種として区別する。中国には雌雉がと交わって卵を産み、その卵が土中になり洪水起こすとの伝承があるが、日本では『古事記』に、天降ったまま音沙汰のない天稚彦所へ天つ神が雉を使いにやったところ、天稚彦は雉を射殺してしまった話があり、それで行って帰らぬ使者を「雉子頓使」という。また白い雉は瑞祥とされ、これが見つかった大化六年(六五〇)は、白雉元年改元された。地震などの災害予知するとしても注目されている野焼にあって身の危険忘れて子を救う話は、「焼野の雉子夜の鶴」の諺になっている。→


読み方:キジkiji

キジ科日本にしかいない固有種で、肉の良味、美し羽色で知られる

季節

分類 動物


読み方:キジkiji

作者 上田三四二

初出 昭和42年

ジャンル 歌集


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 14:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動



出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 06:33 UTC 版)

発音(?)

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



雉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雉」の関連用語

雉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS