経年変化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 経年 > 経年変化の意味・解説 

けいねん‐へんか〔‐ヘンクワ〕【経年変化】

[名](スル)

年月が経つうちに製品品質性能変化すること。特に、摩耗腐食などで性能劣化すること。また、時間経過とともに住居損耗すること。

年月を経ることで測定値変化すること。「大気中の二酸化炭素濃度の経年変化」


けいねん‐へんか ‥ヘンクヮ 【経年変化】

〔名〕

年を経ることによって生じる、物の性質変化

② およそ十数以上にわたって比較単調上昇もしくは下降を示すような計測器変化をいう。


経年変化(けいねんへんか)

住環境関わる用語

時間がたつに従って生じる住居損耗のこと。畳や障子、壁が日照変色するような場合である。部屋建物借主は、原則として経年変化による損耗について原状回復義務を負わない。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

けいねんへんか 経年変化 aged deterioration

長年月の間に、自然劣化も含め腐食摩耗物理的性質変化などで、性能機能低下することをいう。経年変形(secular change)とは、室温長年月の間に材料寸法形状変化すること。

経年変化(けいねんへんか)

コンクリート新建材などとは違い、木は時間がたつにつれその状態が変化する。とくに丸太求心方向への収縮は、ログウォールの高さを下げセトリング割れとなって表れる。これらの経年変化は、木材多く使うログハウスならではの現象といえる

経年変化

デニムははき込み洗濯繰り返すことで表情を変えていく。デニムは、インディゴ染められた縦糸と、染められていない横糸綾織りした生地で、インディゴも糸のまで染められていない。したがって、インディゴ表面がけずれて白い部分が出てきて、味わいのある色落ちをする。それはシワによるラインだったり、部分的色落ちだったりと、はく人のライフスタイルにより1本1本が異なものになる
年を経ることにより生まれ変化。それが経年変化であり、愛情をもって育てる」という言葉も使われる。

エイジング

(経年変化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 01:31 UTC 版)

エイジングagingageingエージング)は、一般には「経時」(時を経る)という意味である。特に、ヒトを含む動物の場合は老化、重工業製品(特に電気製品)の場合には新品が安定動作するまで動作させることを意味する。


  1. ^ 自動車用電子機器のエージングおよび電子部品のスクリーニング実施基準 (PDF)”. 日本自動車部品工業会. 2017年3月31日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c 『世界の酒日本の酒ものしり事典』外池良三、東京堂出版、2005年8月5日、108、109ページ。ISBN 4-490-10671-8


「エイジング」の続きの解説一覧



経年変化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経年変化」の関連用語

経年変化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経年変化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
WranglerWrangler
Copyrights2002-2022(c) Lee Japan Co.LTD. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイジング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS