丸かぶり寿司とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 丸かぶり寿司の意味・解説 

恵方巻き

読み方:えほうまき
別表記:恵方巻、丸かぶり寿司、恵方寿司招福巻幸運巻開運巻き寿司吉方巻き吉方巻

節分の日に食べる太巻きのこと。福徳つかさどるとされる歳徳神がいる方角恵方)を向いてかじる。関西中心とした風習であったが、2000年以降全国的に広がっている。

丸かぶり寿司

大阪弁 訳語 解説
丸かぶり寿司 恵方巻き 江戸時代からの船場習慣で、その年の幸福を願って節分の日に食べる太巻き寿司その年恵方に向かって、1本丸ごと無言で間をおかず食べきると福が訪れとされる縁起物昭和後期におこなった海苔問屋組合海苔消費拡大イベント風習が広まった。イベントから30年東京にも伝わった。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「丸かぶり寿司」の関連用語

1
10% |||||

2
2% |||||

丸かぶり寿司のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



丸かぶり寿司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2018 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS