ミヤマイラクサとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > イラクサ > ミヤマイラクサの意味・解説 

深山刺草

読み方:ミヤマイラクサ(miyamairakusa)

イラクサ科多年草薬用植物

学名 Laportea macrostachya


ミヤマイラクサ イラクサ科

ミヤマイラクサ
イラクサ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
4月6月 新芽

イラ・アイコ


芽 葉 花

味わう

ゆでておひたし和え物汁の実などに。

薬効

リュウマチ小児ひきつけ煎じて服用


DATA
山地生え多年草で、暗いの中の湿り気のある斜面を好む。丸みを帯びた卵形、縁に切れ込みがあって、先端とがって尾のように伸び全体にをもっている。刺に刺されるといたく、採取際に手袋が必要。
イラクサ仲間中国では蕁麻(じんま)といい、蕁麻疹じんましん)という病気は、イラクサの細かいトゲ刺されたあとにできる赤い発疹似た症状になるところからつけられ呼称である。
【清見情報
昔からイラ呼んで若菜食用にしたり、繊維を縄や織物材料にしてた。戦争中同じ仲間のサカソウとともに供出したこともある。

ミヤマイラクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 22:28 UTC 版)

ミヤマイラクサ(深山刺草、学名:Laportea cuspidata )は、イラクサ科ムカゴイラクサ属多年草[3][4][5]。春の山菜としても知られ、アイコ、アエコ、イラナ、アエダケともよばれる[6]


  1. ^ ミヤマイラクサ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ミヤマイラクサ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.346
  4. ^ a b c d e f 『日本の野生植物草本II離弁花類』p.4
  5. ^ a b c d e f 『新牧野日本植物圖鑑』p.50
  6. ^ a b c d e f 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 152.
  7. ^ 『食べられる野生植物大事典(草本・木本・シダ)』p.141


「ミヤマイラクサ」の続きの解説一覧



ミヤマイラクサと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミヤマイラクサのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミヤマイラクサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2022 ひだ清見観光協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミヤマイラクサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS