無原罪の御宿りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 無原罪の御宿りの意味・解説 

無原罪の御宿り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 16:31 UTC 版)

無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって[1]原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。[2]無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。


  1. ^ a b c d フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』244頁、教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353
  2. ^ a b c d 新要理書編纂特別委員会/編、日本カトリック司教協議会/監修(2003年)『カトリック教会の教え』106頁 - 107頁、カトリック中央協議会、ISBN 9784877501068
  3. ^ a b 「無原罪の聖マリア」バチカンのウェブサイト)
  4. ^ a b c d キリスト教大事典 改訂新版』1044頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  5. ^ ジャン・ルクレール『修道院文化入門』神崎忠昭・矢内義顕訳、知泉書館、2004年10月25日、ISBN 4-9016-5441-1、p285
  6. ^ a b 矢内義顕「カンタベリーのエアドメルス 聖母マリアの御やどりについて 解説」『中世思想原典集成10 修道院神学』平凡社、1997年10月1日、ISBN 4-582-73420-0、p71-72
  7. ^ 矢内義顕「カンタベリーのエアドメルス 聖母マリアの御やどりについて 解説」『中世思想原典集成10 修道院神学』平凡社、1997年10月1日、ISBN 4-582-73420-0、p71
  8. ^ a b c d 『カトリック大辞典』(106頁 - 108頁、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷)
  9. ^ a b 「正教会とローマ・カトリック教会の相違」長司祭長屋房夫によるウェブサイト)の13頁、14頁にある「生神女の無原罪懐胎について」
  10. ^ a b c 府主教カリストス・ウェア著、司祭ダヴィド水口優明・司祭ゲオルギイ松島雄一訳『カリストス・ウェア主教論集1 私たちはどのように救われるのか』17頁 - 18頁、日本ハリストス正教会 西日本主教区
  11. ^ a b 『キリスト教大事典 改訂新版』911頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  12. ^ 『キリスト教大事典 改訂新版』911頁 - 912頁, 1044頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版


「無原罪の御宿り」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「無原罪の御宿り」の関連用語

無原罪の御宿りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マンディブ

下平 昭夫

ウェイトシフト

山吹

等値線

クロテッドクリーム ブランデー

竜が丘俳人墓地

駕籠





無原罪の御宿りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無原罪の御宿り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS