ネーミングとは?

ネーミング [0] 【naming】

( 名 ) スル
名前をつけること。命名。特に,印象の強い名前を商品名会社名につけること。

ネーミング

【英】:naming

製品サービスに名前を付けること。


製品構成する3つの階層、すなわち「コア」「形態」「付随機能」の中では「形態」に属する。

製品特徴伝えたり、顧客興味喚起したりする上で、ネーミングは非常に影響大きい。製品戦略考え上でマーケティング担当者が最も腐心する要素であるが、売上げ対す影響度は製品特性市場発達段階異なる。

緑茶飲料のトップブランドである伊藤園の「お〜いお茶」の成功には、ネーミングの果たした役割小さくないと言われている。同製品は、1989年に、それまで伸び悩んでいた缶入り緑茶「缶入り煎茶」をリニューアルする形で発売された。「缶入り煎茶」というネーミングはあまりにストレートすぎるとの意見や、「煎茶」とう漢字を読めない人が多数いたこともあり、ネーミングが変更されることになった。

このようにネーミングは、親しみやすいこと、覚えやすいこと、製品との整合性があることなどを考慮した上でユニークな語感持たせることが肝要である。

■ 関連語
パッケージング製品戦略製品ブランド

■ おすすめ科目

ネーミング

【英】naming

製品商品に名前をつけること。市場感性要素強くするにつれて、ネーミングのよしあし商品の売行に大きな影響与えるようになる。昨今ヒット商品見ても、ネーミングがうまいと思われる場合が多い。言いやすさ、親しみやすさ、感じのよさなどの条件備えた、浸透力の強い商品名捻出するのにメーカー工夫を凝らし、広告代理店でも独自のネーミング・システムを設置したり、あるいはネーミングを専門とする企業誕生している。

ネーミング aming

企業商品固有の名前を付け作業のこと。ネーミングに際しては、その企業理念商品コンセプト反映魅力性、言いやすさ、覚えやすさなどのコミュニケーション基準を満足させているか、悪い意味を含んでいないか、国際的通用性があるか、また商標登録が可能かどうか、などを考慮要する

命名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/18 22:59 UTC 版)

(ネーミング から転送)

命名(めいめい、naming)とは、人、物、商品、土地、時代、気候、ほか概念化可能な対象一般に対して、それを他から区別し、指示できるようにする為に、一意的な記号(一般に言葉文字)を与える行為である。


  1. ^ ロドリゲス『日本語小文典(下)』池上岑夫 訳、岩波書店(岩波文庫)1993年、130,131,139,197~201頁など


「命名」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ネーミングに関連した本

ネーミングに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ネーミング」の関連用語

ネーミングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ネーミングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの命名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS