ネパール マスコミ

ネパール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/09 15:15 UTC 版)

マスコミ

通信

Nepal Telecommunications Authority の MIS Reports(2018年9 - 10月版)によると、電話を利用する人のうち約2%が固定電話、約98%が携帯電話を利用している[68]。固定電話の契約者は852,718件、携帯電話の契約者数は39,002,388件である[68]

新聞

文化

食文化

ダルバート(代表的な家庭料理で、ダル(daal=豆スープ)とバート(bhaat=米飯)の合成語)
アチャール(ネパールの漬物)
ネパール風の焼きそば・チョウメン
チベット文化圏で食べられるモモ

ネパールの食文化は、インド料理中華料理チベット料理が融合したものである。これは、ネパールの位置がインドと中国・チベットに近いために生じた現象である。 味としては、インド料理に似ているものが多い。日本にも多数のネパール料理店があるが、純粋なネパール式のダル・バート・タルカリ(ご飯とおかずのセット)を出す店は少ない。 また、限りなくインド・中華・チベット料理に近い料理が存在していても、日本のラーメンが中華風の日本の料理と見なされるのと同様に、現地では外国料理ではなくネパール国内の料理と見なされている。

なお、ネパールでは昼食を食べる習慣があまり無く、日中は菓子チャパティなどの軽いものを口にする程度で、食事は朝食夕食の2回が多い[69]

主食
バートインディカ種が多く食べられている)など
ディロ(ソバトウモロコシなどの粉を粥状に煮た食べ物)
チャパティ(日常ではナンよりもチャパティが多く食べられている)
ウォー、チャタマリ、バラ(豆の粉を用いて作るパンケーキの一種)
インド料理に近い食べ物
タルカリカレー
ダール(主にひき割りにした豆類のかけ汁)
アチャール(ネパール式のピクルスなどの添え物)
プラオ(インド風の炊き込みご飯)
ビリヤニ(インド風のチャーハン
ライタ(ヨーグルトサラダ)
ティッカ(肉や魚を香辛料に漬けた物。辛い物が多い。チキンティッカが有名)
サモサ(インド風の揚げギョウザ)
パパド(豆のせんべい)
ハルワ(にんじんなどを原料にしたお菓子)
ラッシーヨーグルトドリンク)
チヤ(ネパールチャイ)
中華料理に近い食べ物
チョウメン(ネパール風焼きそば)
鶏チリソース(中華料理よりも激辛に味付けされている)
チベット料理に近い食べ物
モモ(ネパール式蒸しギョウザ、中華料理の餃子に似ている)
茶:(チベッタンティー バター茶
アルコール
ラキシー蒸留酒
チャンどぶろく
ククリラム(ラム酒)

文学

バヌバクタ・アーチャーリャ
ネパール文学における最初の詩人であり、『史上初の詩人』を意味する「アーダ・カヴィ(Aadakavi आडकवि)」の称号を授けられている

ネパール語における文学は過去数百年の間、口頭の民間伝承に存在していたと考えられている。だが、ネパール語の詩人であるバヌバクタ・アーチャーリャの作品が登場する前に書かれた文学作品の存在を示す証拠は見つかっておらず、その一方、初期の学者の殆どが書物などをサンスクリット語で記していた為、ネパール語文学の歴史を正確に年代測定することは現在も困難となっている。

音楽

ダンスを踊るネパール女性

サランギなどを使った伝統的音楽や、『レッサム・フィリリ』などのポピュラーソングも盛んである。

踊り

映画

ネパール映画は「チャラチトラ(ネパール語: नेपालीचलचित्र)」の別名を持っている。また、海外ではコリウッド英語: Kollywood)とも呼ばれている。

衣装

ダウラ・スルワル英語版
ネパールにおける男性用民族服の象徴とされている。

伝統的な民族服にはダウラ・スルワル英語版と呼ばれる、インドの民族衣装の一つであるクルター英語版ヒンディー語版(kurtaa कुरता)に似通った形状の服が存在する。

建築

首都カトマンズに存在する伝統的な建築物

ネパールの建築は、インドやチベットならびに中国の建築文化の影響を強く受けている面を持ち合わせている。これにより、仏教建築の一つである仏塔が各所に散在している。

仏塔で有名となっているのはカトマンズの渓谷に在るボダナートである。

祭礼

古くから『ダサイン』と呼ばれるヒンドゥー教の主要な宗教祭が開催されている。

世界遺産

ダルバール広場(カトマンズの渓谷

ネパール国内にはユネスコ世界遺産リストに4件が登録されている。

祝祭日

暦法

ネパールの公式の暦として現在太陽暦ビクラム暦(विक्रम संवत्、Bikram Sambat)が採用されている[† 4]。略号はवि. सं.(B.S.)。 それまで使用されていた太陰暦に代えて、宰相チャンドラ・シャムシェルがB.S.1961年の新年(1904年4月)より、太陽暦のビクラム暦を公式の暦として用い始めたとされる[70]。 歴史的には年代、地域、王朝によって、さまざまなが使用されてきたが、太陽暦のビクラム暦以外はすべて太陰暦だった。これまで用いられてきた暦には、ビクラム暦の他、シャハカ暦、ネパール暦(ネワール暦)、マンデーブ暦(マーナ・デーヴァ暦)、ラクシュマン・セーン暦(ラクシュマナ・セーナ暦)などがある。

西暦4月の半ば(年によって1〜2日のずれが生じる)を新年とし、ひと月の日数は29日〜32日の月があり、前半の月が多めの日数、後半の月が少なめの日数という傾向があるものの、一定していないので西暦とはずれが生じる。 なおビクラム暦はネパールの公式の暦であり、実生活でも一般に広く普及している暦であるため、日本語でネパール暦と呼ぶ例がみられるが、ネパール暦(नेपाल संवत्, Nepal Sambat)はビクラム暦とは別の暦で、新年が秋に来る太陰暦太陽太陰暦)である。この暦は主にネワール族の間での使用に限られているので、暦名の用法に注意が必要である。

ビクラム暦は、インドのウッジャイニー(現ウッジャイン)を統治していたヴィクラマーディティヤ(ヴィクラマ・アーディティヤ)という王が、シャカ族との戦争に勝利した記念に始めた暦だといわれている[71]。この暦の起年は紀元前57年で、西暦2008年4月13日はB.S.2065年バイサーク月(第1月)第1日にあたる。ネパールでは中世前期カス・マッラ朝時代ごろからビクラム暦の使用が銘文などに認められる[72]

なお太陰暦(厳密には太陽太陰暦)のビクラム暦は、月名は太陽暦のものと基本的に同じであるが、日の呼び方は太陽暦ではガテといい、太陰暦ではティティという。太陰暦のビクラム暦は約3年に1度閏月をはさむことによって太陽暦のビクラム暦とのずれを調整している(太陽太陰暦)。祭り(ビスケート・ジャートラーを除く)や宗教行事などは基本的に太陰暦のビクラム暦によっているので、西暦とのずれが生じる。

近年都市部を中心に西暦の使用も広まっているものの、実生活においてはビクラム暦の方が馴染みが深い。毎年西暦3月ごろに売り出される市販のカレンダーには太陽暦のビクラム暦をベースに、西暦と太陽太陰暦のビクラム暦を併記しているものが多い。

スポーツ

クリケット

クリケットは最も人気のあるスポーツである[73][74]。大英帝国で様々な教育を受けてきたラナ貴族が1946年にネパールクリケット協会を設立した[73]。1951年にラナ家が崩壊し、1961年に国王が乗っ取った後、この協会はネパール全土でクリケットの普及を図るために、スポーツ省の全国スポーツ評議会の管轄下に置かれた[73]

国際競技連盟国際クリケット評議会には1988年に加盟し、1996年に準会員に昇格した[75]。2014年にはICC T20ワールドカップに出場した。2022年にトゥエンティ20方式のリーグであるネパールT20リーグ英語版が開幕した。女子クリケットも盛んであり、2007年のACCトーナメントで決勝戦に進出するという好成績を収めた[73]。2008年の19歳以下のACC女子選手権で優勝し、2010年にそのタイトルを防衛した[73]

サッカー

ダサラス・ランガシャラ・スタジアム

ネパール国内では近年サッカーの人気が上昇しており、2021年にプロサッカーリーグのネパール・スーパーリーグが創設された。シーズンが1ヶ月のみと短いのが特徴で、全ての試合がダサラス・ランガシャラ・スタジアムにて行われる。フランチャイズ制が採用されており、さらにはネパールサッカー協会(ANFA)が技術的支援などを行なう。初年度の2021シーズン英語版カトマンズ・レイザーズFC英語版が優勝を飾っている。

サッカーネパール代表日本サッカー協会(JFA)との関係が深く、JFAアジア貢献事業により2016年から行徳浩二が同国代表の監督を務めており、AFCソリダリティーカップ2016では優勝し大会の初代王者に輝いている。


注釈

  1. ^ これらの王宮は現在のカトマンズにあったと推測されているが、詳しい位置はわかっていない。
  2. ^ 英:General Secretary.ネパール会議派では党首ではなく、また複数いる場合があるので、「総書記」「幹事長」と訳すのは不適と考え、「代表幹事」の訳を充てた。
  3. ^ a b c d ネパールのカーストの一つ
  4. ^ 現代ネパール語でのविक्रमの発音はビクラムだが、学術的にはサンスクリット語読みでヴィクラマ暦と書かれることもある。ネパールに関する項では原音主義に基づきビクラム暦とする。

出典

  1. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d World Economic Outlook Database, October 2020” (英語). IMF (2020年10月). 2021年1月27日閲覧。
  3. ^ Nepal”. Worldstatemen.org. 2021年1月27日閲覧。
  4. ^ ネパール「7州連邦制」新憲法を承認・公布へ 大地震で非難受け加速も州区割りに火種 - 産経ニュース 2015.9.17 20:08
  5. ^ a b c ネパールで新憲法公布 州連邦制、7年かけ制定 - 日本経済新聞 2015/9/21 1:16
  6. ^ ネパール基礎データ”. 外務省 (2022年3月9日). 2022年3月9日閲覧。
  7. ^ a b The United Nations Terminology Database/Nepal”. 国際連合. 2021年1月27日閲覧。
  8. ^ अब नेपाल के नाम पर ही खड़ा हो गया झगड़ा, जानिए क्या है पूरा विवाद”. livehindustan.com (2020年12月9日). 2021年1月23日閲覧。
  9. ^ It is Federal Democratic Republic Nepal, not just Nepal, parliamentary committee says”. カトマンズ・ポスト (2020年11月9日). 2021年1月23日閲覧。
  10. ^ Supreme Court asks written response from government on decision not to write Federal Democratic Republic Nepal”. カトマンズ・ポスト (2020年12月4日). 2021年1月23日閲覧。
  11. ^ Govt decision to use ‘Nepal’ as the country’s official name, instead of ‘Federal Democratic Republic of Nepal’ is okay: Constitutional experts”. myrepublica (2020年11月6日). 2021年1月27日閲覧。
  12. ^ Nepal”. 中央情報局 (2021年1月19日). 2021年1月23日閲覧。
  13. ^ ISO 3166:NP”. 国際標準化機構 (2021年1月20日). 2021年1月23日閲覧。
  14. ^ 佐伯(2003):21
  15. ^ 佐伯(2003):28
  16. ^ 佐伯(2003):42
  17. ^ 佐伯(2003):39-55
  18. ^ a b c d エリア・スタディーズ(2000):33
  19. ^ a b c エリア・スタディーズ(2000):34
  20. ^ a b エリア・スタディーズ(2000):35
  21. ^ ネパール、王制を廃止 共和制を宣言”. AFPBB News (2008年5月29日). 2018年1月7日閲覧。
  22. ^ 王制復活へ期待の矢先、ネパール元皇太子が発砲[リンク切れ]
  23. ^ http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/nepal/8864647/Nepal-Maoists-hail-historic-deal-as-path-to-peace.html
  24. ^ http://www.dnaindia.com/india/report_nepal-peace-process-in-for-trouble-as-maoists-ask-for-more_1620429
  25. ^ http://www.nepalnews.com/home/index.php/news/1/14893-ca-set-to-get-final-extension-of-six-months-taskforce-decides-to-go-with-govt-proposal.html
  26. ^ a b 「5月29日までに制憲議会選 ネパール主要政党が合意」 -MSN産経ニュース2013.2.12 00:01配信
  27. ^ ネパール選挙管理内閣議長に最高裁長官 -MSN産経ニュース2013.3.14 19:51配信
  28. ^ レグミ最高裁長官,暫定選挙管理内閣「議長」就任- ネパール評論 2013年03月14日記事
  29. ^ 制憲議会選挙11月19日へ、ボイコットの表明も - 日本ネパール協会 2013年7月6日 記事
  30. ^ 制憲議会招集へ=政党対立が収束-ネパール
  31. ^ a b ネパールで初の女性大統領、バンダリ氏…儀礼的な職に限られ - 産経ニュース 2015.10.28 23:22
  32. ^ カトマンズ・ジャーナル
  33. ^ カトマンズ・ジャーナル2008年7月19日
  34. ^ eKantipur.com
  35. ^ eKantipur.com
  36. ^ eKantipur.com
  37. ^ カトマンズ・ジャーナル
  38. ^ Himalayan Times 15 Aug 2008
  39. ^ Nepalnews.com Aug.31 2008
  40. ^ 2009年5月23日"Nepalnews.com"
  41. ^ Nepal top court quashes 2018 formation of ruling Nepal Communist Party”. Indian Express (2021年3月8日). 2021年5月1日閲覧。
  42. ^ 親インド住民「圧迫だ」…ネパール、新憲法交付で対印関係悪化 中国台頭や地方議会選にらむ”. 産経新聞. 2020年7月4日閲覧。
  43. ^ ネパール新地図にインドとの係争地域、領土問題激化必至”. AFP. 2020年7月4日閲覧。
  44. ^ ネパールが相次ぎ「反インド政策」、領土に続き帰化法制強化へ”. 日経新聞. 2020年7月4日閲覧。
  45. ^ 日本経済新聞7月3日8面「反インド政策」ネパールで拍車
  46. ^ Nepalnews.com 2009年6月4日付け[リンク切れ]
  47. ^ ネパール:中国の圧力強化で脅かされるチベット人”. ヒューマン・ライツ・ウォッチ (2014年4月1日). 2014年8月11日閲覧。
  48. ^ Reuters Aug.19 2008
  49. ^ 外務省:高村外務大臣とプラダン・ネパール外務大臣の会談について
  50. ^ 共同通信2008年6月18日 16:20
  51. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/seimu/uno/nepal_08/gaiyo.html
  52. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/2/1187504_1092.html
  53. ^ 協会について | 公益社団法人 日本ネパール協会”. www.koeki.or.jp. 2021年5月7日閲覧。
  54. ^ a b 小倉清子 (2015-04). “武装勢力から議会政党へ――ネパールにおけるマオイストの変貌>Ⅱ 和平プロセスに入り、議会政党となったマオイスト>4 侮辱的な方法で行われた軍の統合と武装解除” (日本語). 地域研究 (地域研究コンソーシアム) 15 (1): 93-95. ISSN 1349-5038. http://www.jcas.jp/jcasnavi/jcas/15-1-06_jcas_review_ogura.pdf 2019年4月8日閲覧。. 
  55. ^ 佐野麻由子「議席の3分の2に迫る第2次オリ政権の発足 : 2018年のネパール :2018年のネパール」、日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、2019年、ISBN 9784258010196 
  56. ^ ネパール”. CIA. 2020年9月3日閲覧。
  57. ^ a b エリア・スタディーズ(2000):67
  58. ^ World Economic Outlook Database, April 2014” (英語). IMF (2014年4月). 2014年10月4日閲覧。
  59. ^ アジア開発銀行 Poverty in Asia and the Pacific: An Update
  60. ^ 外務省 後発開発途上国
  61. ^ a b ウィリアムス春美『ぶらりあるき 天空のネパール』芙蓉書房出版 2012年6月15日
  62. ^ なぜ急増「街中のインド料理店」見えてきたものは(NHK、2018年)
  63. ^ a b c 『地球の歩き方 - ネパール』2014-2015
  64. ^ 國分裕「ネパールの道路防災」『砂防学会誌』第60巻第3号、砂防学会、2007年、58-61頁、doi:10.11475/sabo1973.60.3_58 
  65. ^ ネパール基礎データ | 外務省”. 外務省. 2018年11月27日閲覧。
  66. ^ ネパール 危険・スポット・広域情報”. 外務省. 2022年5月14日閲覧。
  67. ^ http://www.ekantipur.com/2014/01/07/top-story/natural-deaths-raise-doubts/383506.html
  68. ^ a b NTA MIS-139”. Nepal Telecommunications Authority. 2018年12月12日閲覧。
  69. ^ 竹村真紀子 (2014年9月3日). “ネパール人をランチに誘ってはいけません?”. 東洋経済オンライン. http://toyokeizai.net/articles/-/46662 2014年9月6日閲覧。 
  70. ^ नेपालमा प्रचलित संवत् र व्यावहरिक प्रयोग।मेरो नेपाल अनलाईन なお英語版では1903年としている。
  71. ^ グルプラサッド・マイナリ『ナソ・忘れ形見』 野津治仁訳、穂高書店、1992年、210頁下段。
  72. ^ 佐伯(2003):212-213
  73. ^ a b c d e Cricket Association of Nepal 国際クリケット評議会 2023年9月28日閲覧。
  74. ^ THE MOST POPULAR SPORT IN EVERY COUNTRY AAA STATE OF PLAY 2023年9月28日閲覧。
  75. ^ Cricket Association of Nepal 国際クリケット評議会 2023年9月19日






ネパールと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ネパール」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネパール」の関連用語

ネパールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネパールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネパール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS