ニコライ・エジョフ 最期

ニコライ・エジョフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/17 01:33 UTC 版)

最期

エジョフがスターリンとともに写った写真
処刑されたのち、エジョフの姿は写真からも抹消された

1940年2月3日、エジョフは死刑を言い渡された。エジョフのほかにも、ミハイル・フリノフスキー、ニコライ・フョードロフロシア語版サムイル・ジェノトゥキンロシア語版ニコライ・ニコラーエフ=ジューリットロシア語版が死刑判決を受けた。

1940年2月4日、ニコライ・エジョフは、スハーノフカ特別体制刑務所にて、ヴァシーリー・ブロヒンロシア語版の手で銃殺された。パーヴェル・スドプラートフによれば、「処刑場に連れて行かれる際、エジョフは共産革命の歌・インターナショナルを口ずさんでいた」という[8][48]。エジョフの遺体は火葬され、ドンスコーイ墓地ロシア語版の「引き取り手がいない、無銘の遺骨の墓」に埋葬された[16]

サムイル・ジェノトゥキンは1994年5月に名誉回復となった。

エジョフの裁判と処刑については、報道機関でも無線放送でも一切報道されず、エジョフは誰にも気付かれないまま、地上から姿を消した[37]。ソ連における一部の地名の名前がエジョフの名に敬意を表して変更されたこともあるが、1939年にエジョフが逮捕されてからは、それらの名前は再び変更された。「ボリシェヴィキ全連邦共産党史略」の初版では、「1917年10月、ベラルーシの西部戦線にて、大衆の蜂起に向けて、同志エジョフは兵士たちを大量に動員した」と記述された[17]。エジョフが銃殺されたのち、エジョフにまつわる文言は「共産党史略」から削除された[18]

1998年ロシア連邦最高裁判所は、スターリンの部下たちに対する名誉回復を求める請求を認可した。ゲンリフ・ヤゴーダ、ニコライ・エジョフ、ラヴリェンチー・ベリヤ、ヴィークトル・アバクーモフ(Виктор Абакумов)は、何の罪もない人々に対して行われたときと同じく、罪をでっちあげられて逮捕され、裁判にかけられ、処刑された。これらスターリンの配下たちに対して提起された公式の告発には、諜報活動、妨害行為、「右翼的傾向」、トロツキズム、テロリズム、反逆罪、その他の「反ソ連の犯罪」が含まれていた[9]

1998年、ロシア連邦最高裁判所軍事諮問委員会は、エジョフについて「名誉回復の対象ではない」と宣言した[20]。諮問委員会は、「エジョフは、本人にとって望ましくない人物の殺害を数多く組織した。本人の妻を含めて、彼にとって好ましくない人物を殺した。エジョフはソ連と友好国の関係を悪化させ、ソ連と日本の軍事衝突を促進した。エジョフの命令に従い、内務人民委員部の将校の作戦によって、1937年から1938年の間だけで150万人以上の市民が弾圧され、そのうちの約半数は銃殺されたのだ」との声明を発表した[42]。エジョフの名誉回復は拒否されたが、エジョフの行動の一部については「無罪である」と示唆された[9]。ロシア連邦最高裁判所は、エジョフについて「自ら組織したテロリズムの犠牲者となった、と見做すわけにはいかない」との結論を下した。エジョフの後任となったラヴリェンチー・ベリヤの名誉回復についても拒否する宣言が2000年に下された。ベリヤは「政府の高位」に就いており、「『弾圧、すなわち自国民に対する大量虐殺』を組織した。政治的弾圧の犠牲となった者たちの名誉回復に関する法律は、ベリヤには適用されない」との決定が下された[9]。彼らの名前はロシア語において普通名詞となり、「Бериевщина」(「ベリヤ体制」)、「Ежовщина」(「エジョフ体制」)と呼ばれるようになった。彼らはいずれも死刑執行人であるが、のちに告発されることになる。ただし、その告発内容については根拠が無い[9]。歴史学者のナンシー・アドラー(Nancy Adler)は、「彼らの死後の名誉回復の可能性は、法治国家の構築を目指すロシアにとって、複雑な法的問題を惹き起こすことになる」「1980年代後半から1990年代にかけてのロシアの法律では、死刑執行人に対する寛大さを規定していない。これらの法律は、まさにスターリンの手先である死刑執行人たちの命令で殺された無実の犠牲者たちの名誉を回復するために制定された」「スターリンの手先たちが無罪となった場合、彼らの犠牲者に対する新たな嘲笑を意味することになるだろう。ロシアの人権活動家も、このような行為は民主主義の確立に苦労している国にとって悪しき前例となる、と考えている」と書いた[9]

1939年まで収容所や刑務所でなんとか生き延びた人々は、「不当な抑圧を受けた」として釈放された。スターリンはエジョフに対して「社会主義の法律に違反している」と非難した[9]。さまざまな推定によれば、11万人から30万人の囚人が釈放されたという。しかし、その多くは厳格な条件付きであり、釈放されても短命に終わった。収容所や刑務所の数は、エジョフの後任者であるラヴリェンチー・ベリヤによる指揮のもとで補充された。1939年に再開されたソ連の覇権拡大の過程で、「政治的に信頼できない人々」、すなわち「社会的に有害な要素」や「ソ連の敵対者」の存在は増え続けていった。さらに、チェーカーからの攻撃に晒されていた場合、「当局は間違いを犯さない」との不文律も手伝って、「人民の敵」の汚名を拭い去るのは不可能であった[9]

歴史家のオレグ・フリエヴニュークは、「スターリンの立場こそが、大粛清の激化に決定的な役割を果たした。1938年1月17日、スターリンは内務人民委員、ニカラーイ・イヴァーナヴィチ・エジョーフに対し、新たな指令を与えた...この指令は、大粛清を主導する組織において、スターリンが果たした決定的な役割と、スターリンによる命令の執行者としてのエジョフの従属的な立場を示す証拠の一つにすぎない。粛清と大規模な実行に関するすべての重要な決定を開始したのはスターリンであることを示す文書は数多く残っているのだ」と書いた[7]


  1. ^ Министры Внутренних Дел”. МИНИСТЕРСТВО ВНУТРЕННИХ ДЕЛ РОССИЙСКОЙ ФЕДЕРАЦИИ. 2018年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月2日閲覧。
  2. ^ a b Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1965”. Knowbysight. 2006年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月2日閲覧。
  3. ^ a b c d Ежов, Николай Иванович - Официальная справка члена ЦК”. ХРОНОС. 2010年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月2日閲覧。
  4. ^ Sebag-Montefiore, Simon Stalin: The Court of the Red Tsar, chapter 21.
  5. ^ a b c d e f "Неусыпный страж революции": 80 лет НКВД”. ТАСС (2014年7月10日). 2021年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月12日閲覧。
  6. ^ Ирина Лабяк (2019年8月5日). “В Украине чтят память жертв Большого террора: что нужно знать о массовых политических репрессиях”. Новини 24. 2020年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月12日閲覧。
  7. ^ a b Хлевнюк О. В. Сталин. Жизнь одного вождя — М.: Corpus, 2015 — С. 213. — 464 с.
  8. ^ a b c Зенькович 2004, p. 143
  9. ^ a b c d e f g h i Нэнси Адлер (2005年). “Трудное возвращение: судьбы советских политзаключенных в 1950-1990-е годы” (PDF). «ImWerden»: Электронная библиотека Андрея Никитина-Перенского. 2022年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月23日閲覧。
  10. ^ Зенькович 2004, pp. 138–139.
  11. ^ a b c d e Grover Furr (2010年7月31日). “Interrogations of Nikolai Ezhov, former People's Commissar for Internal Affairs.”. Booksite. 2016年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月7日閲覧。
  12. ^ Ежов Николай Иванович // Петров Н. В., Скоркин К. В. Кто руководил НКВД, 1934−1941 : справочник / Под ред. Н. Г. Охотина и А. Б. Рогинского. — М.: Звенья, 1999. — 502 с. — 3000 экз. — ISBN 5-7870-0032-3
  13. ^ a b c Новое в биографии палача Н.И.Ежова ©”. Чепраков. 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月5日閲覧。
  14. ^ Метрика ЕЖОВА Николая Ивановича - LVIA, F. 605, AP. 20, B. 515, L. 119V-120, EIL. 16”. КАРАГОДИНА. 2023年6月5日閲覧。
  15. ^ Петров Н. В., Скоркин К. В. Кто руководил НКВД, 1934−1941 : справочник / Под ред. Н. Г. Охотина и А. Б. Рогинского. — М.: Звенья, 1999. — 502 с. — 3000 экз. — ISBN 5-7870-0032-3
  16. ^ a b c d e f g h i j Павлюков А. Ежов. Биография. — М.: Захаров, 2007. — 576 с. — ISBN 978-5-8159-0686-0
  17. ^ a b c d e f g "В антисоветских целях занимался мужеложеством"”. Журнал "Коммерсантъ Власть", №45 (548), (2003年11月17日). 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月5日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n Млечин Леонид - КГБ. Председатели органов госбезопасности. Рассекреченные судьбы.”. Профисмарт. 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月5日閲覧。
  19. ^ Млечин Л. М. КГБ. Председатели органов госбезопасности. Рассекреченные судьбы. — М.: Центрполиграф, 2010. — ISBN 978-5-227-02285-1
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Литература”. Booksite. 2013年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月6日閲覧。
  21. ^ a b c d e Колпакиди А. И., Серяков М. Л. Щит и меч : Энциклопедический справочник. — М.: Олма-пресс; СПб.: Нева, 2002. — 736 с. — ISBN 5-7654-1497-4 ; ISBN 5-94849-024-6
  22. ^ a b Н.Ежов: хроника преступлений”. Кочевник (2002年7月7日). 2010年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月7日閲覧。
  23. ^ Ежов Николай Иванович // Марийская биографическая энциклопедия / Авт.-сост. В. А. Мочаев. — Йошкар-Ола: Марийский биографический центр, 2007. — С. 119. — 2032 экз. — ISBN 5-87898-357-5
  24. ^ Светлана МИХАЙЛОВА. “Семипалатинск в ежовых рукавицах”. Газета «Экспресс К» — Казахстан — 28.04.2006. — № 77 (15979) № 77 (15979) от 28.04.2006. 2007年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月7日閲覧。
  25. ^ a b Заявление арестованного Н. И. Ежова в Следственную часть НКВД СССР. 24 апреля 1939 г.”. Проект «Исторические Материалы». 2012年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月7日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h Генрих Иоффе (2011年6月19日). “История «железного наркома». В 1925 г. Н. Ежов - секретарь Киргизского обкома РКП ...”. Kyrgyz News. 2011年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月10日閲覧。
  27. ^ a b c Колпакиди А. И. (автор-составитель). Энциклопедия секретных служб России. — М.: ООО «Издательство Астрель», 2004. — 800 с. — 10 000 экз. — ISBN 5-271-07368-8
  28. ^ Николай Ежов: как Колька-книжник превратился в «кровавого карлика»”. Бизнес (2015年12月6日). 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月12日閲覧。
  29. ^ Михаил Тумшис : Щит и меч Советского Союза. Справочник: краткие биографии руководителей органов государственной безопасности СССР и союзных республик (декабрь 1922 – декабрь 1991 гг.) Litres, 29 янв. 2022 г ISBN 978-5-91244-161-5
  30. ^ Хлевнюк О. В. Хозяин. Сталин и утверждение сталинской диктатуры. — М.: РОССПЭН, 2012. С. 263−264. — ISBN 978-5-8243-1314-7
  31. ^ Зенькович 2004, p. 141.
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n Артем Кречетников (2014年4月9日). “Конец "кровавого карлика" Николая Ежова”. BBC News. 2015年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  33. ^ Петров Н.В., Скоркин К.В. Кто руководил НКВД, 1934-1941. / Н.Г.Охотин, А.Б.Рогинский. — Справочник. — Москва: Звенья, 1999. — С. 501. — 502 с. — ISBN 5-7870-0032-3
  34. ^ a b c Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991”. Knowbysight. 2009年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月10日閲覧。
  35. ^ ОПЕРАТИВНЫЙ ПРИКАЗ НАРОДНОГО КОМИССАРА ВНУТРЕННИХ ДЕЛ СОЮЗА С.С.Р. № 00447 об операции по репрессированию бывших кулаков, уголовников и др. антисоветских элементов.”. 2017年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月8日閲覧。
  36. ^ Хлевнюк О. В. Хозяин. Сталин и утверждение сталинской диктатуры. — М.: РОССПЭН, 2012. С. 299, 340. — ISBN 978-5-8243-1314-7
  37. ^ a b c d e f g h i Никита Петров , Марк Янсен (2007年12月10日). “НЕЖЕЛЕЗНЫЙ НАРКОМ - Последний год Николая Ежова”. The New Times. 2011年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  38. ^ Куртуа С., Верт Н., Панне Ж-Л., Пачковский А., Бартосек К., Марголин Дж-Л. Чёрная книга коммунизма = Le Livre Noir du Communisme. — М.: Три века истории, 2001. — С. 199. — 864 с. — ISBN 2-221-08-204-4
  39. ^ Па́вел Анато́льевич Судопла́тов. “Спецоперации”. Агентура.Ру. 2000年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月28日閲覧。
  40. ^ УБИЙСТВО ЕВГЕНИЯ КОНОВАЛЬЦА”. Мурзим. 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  41. ^ a b c Николай Ежов - «Именем Сталина»”. Эхо Москвы (2008年9月6日). 2008年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  42. ^ a b Без срока давности”. Информационный архив газеты «ТРУД». 2015年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  43. ^ a b c d e f g h i j Никита Петров (2021年9月17日). “Сталин: «Задета и опозорена честь чекистов, не могут поймать одного мерзавца»”. Новая Газета. 2021年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月3日閲覧。
  44. ^ Литвин М.И.”. Инициатива «Правозащитники против пыток». 2023年6月9日閲覧。
  45. ^ a b c d Хотел "кинуть" Сталина, но попал в руки Берия”. Дзен (2022年12月22日). 2023年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月3日閲覧。
  46. ^ a b c d Александр Крохмаль (2021年9月17日). “Комиссар Успенский так и не сумел уйти от Сталина”. Новости России и мира сегодня. 2021年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月3日閲覧。
  47. ^ Зенькович 2004, p. 142.
  48. ^ a b Полянский А. И. Ежов. История «железного» сталинского наркома. — М.: Вече, АРИА-АиФ, 2001. — 400 с. — (Особый архив). — 7000 экз. — ISBN 5-7838-0825-3.; ISBN 5-93229-112-5
  49. ^ «Сталинский питомец» — Николай Ежов. — М.: Фонд Первого Президента России Б. Н. Ельцина/ Российская политическая энциклопедия, 2009. — С. 365—366. — 464 с. — (История сталинизма). — 2000 экз. — ISBN 978-5-8243-0919-5
  50. ^ a b ИННА НОВИКОВА (2003年4月19日). “Уроки русского. Ежов”. Правда. 2020年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  51. ^ Владимир Ханелис, Бат-Ям. “«Единственный мой братик...»”. NewsWe.com. 2021年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  52. ^ a b Екатерина Рощина (2020年8月27日). “Какой на самом деле была Евгения Хаютина”. Вечерняя Москва. 2022年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。
  53. ^ Любовный треугольник в доме «железного наркома» Ежова: чем всё закончилось Об этом сообщает "Рамблер". Далее:”. Рамблер (2021年10月26日). 2021年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月9日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニコライ・エジョフ」の関連用語

ニコライ・エジョフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニコライ・エジョフのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニコライ・エジョフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS