eneloopとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > eneloopの意味・解説 

eneloop

読み方エネループ

eneloopとは、三洋電機開発したニッケル水素電池商標、および、同製品中心に展開されている商品ブランドである。

eneloopの初代製品2005年11月に単3形「eneloop」として発売された。従来ニッケル水素電池見られメモリ効果充電後の自然放電などの難点改善し、充電済みの状態での販売を可能とし、「購入後すぐに使える」という乾電池同様の利便性実現した。また、充電によって1000回以上繰り返し利用でき、使い終わった後もリサイクルが可能という、経済性環境配慮の面でも際立った製品となっている。

三洋電機「eneloop」

eneloopは発売後まもなく大きな反響呼び2006年グッドデザイン賞金賞をはじめ、国内外多数の賞を受賞している。2009年10月時点で、世界60ヵ国以上で販売され、累計出荷数量1億個を突破している。

2006年からはeneloopのコンセプト発展させた商品ブランド「eneloop universe」において、「使いきる生活から、くり返し使う生活へ。」を提案する商品発表されている。また、2010年3月には、電池容量従来品の半分にして充電時間半分削減繰り返し充電回数の向上と低価格化も実現した「eneloop liteシリーズ発表されている。



※画像 / 三洋電機株式会社
参照リンク
eneloop(エネループ) - (三洋電機

eneloop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/06 01:51 UTC 版)

eneloop(エネループ)は、三洋電機が開発し、FDK(旧・三洋エナジートワイセル→FDKトワイセル)が製造する2005年(平成17年)11月14日に発売されたニッケル・水素蓄電池の商品名で、三洋電機登録商標(日本第4947448号・日本第5062218号)である。また、同商品のコンセプトをベースに2006年(平成18年)以降展開されている商品群「eneloop universe(エネループ ユニバース)」シリーズにつけられたブランドでもある。




  1. ^ 商品ホームページはパナソニックドメイン内に移行したが、トップページに「エネループはSANYOブランドの商品です」と付記されていた。また、カタログの表紙には「SANYO by Panasonic」と表記されていた。
  2. ^ 世界シェア1位へ「エネループ」販売継続 パナソニック
  3. ^ PTCサーミスタの有無以外は「eneloop」・「eneloop plus」共に同じ仕様であるため
  4. ^ ニッケル水素電池「エネループ」「充電式エボルタ」シリーズを発売 - パナソニック株式会社 プレスリリース 2013年2月28日
  5. ^ そこが知りたい家電の新技術 三洋電機「エネループ」【技術編】~大容量技術が低自己放電の基礎に
  6. ^ 充電池や充電器の互換性に関する情報はありませんか?
  7. ^ ただし、「TOY CELL」と同じく、過昇温防止機能付の充電池としての後継製品は「eneloop plus」となる
  8. ^ 現在はパナソニック本体の社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(かつての「エナジー社」の後継)が製造しているため、現在のロットには「パナソニック株式会社」が製造元と表示されている


「eneloop」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「eneloop」の関連用語

eneloopのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AQUOS R

レグザタブレットAT830

ガチャッポイド

ミステルバロッコ

Lui

XOOM 2

AQUOSケータイSH-06G

Xperia GX SO-04D





eneloopのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリeneloopの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのeneloop (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS