カスベとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > カスベの意味・解説 

コマンドルカスベ

学名Bathyraja lindbergi 英名:Lindberg skate
地方名:カスベ 
脊椎動物門軟骨魚綱エイ目ガンギエイ
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:仲谷 一

特徴
吻端はやわらかく簡単に曲げることができる。肥大したトゲ眼の後の背中線を尾部の先近くにある第1背びれ基部近くまで連続する。体盤の背面にはあまりウロコがない。160〜950mの水深から知られている。まとまって漁獲されないので、食用にはほとんど利用されていない

分布:オホーツク海ベーリング海 大きさ:90cm
漁法:  食べ方: 

エイ

(カスベ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/11 18:48 UTC 版)

エイ(鱏、鱝、鰩、海鷂魚)は板鰓亜綱に属する軟骨魚類のうち、裂が体の下面に開くものの総称。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 冨岡典子、太田暁子、志垣瞳、福本タミ子、藤田賞子、水谷令子「エイの魚食文化と地域性」、『日本調理科学会誌』第43巻第2号、日本調理科学会、2010年、 120-130頁、 doi:10.11402/cookeryscience.43.120
  2. ^ からかい煮・棒鱈煮”. お宝読本 タカラの山ガタ. 2017年7月23日閲覧。
  3. ^ 一般社団法人漁業情報サービスセンター. “漁港別品目別上場水揚量・卸売価格”. 産地水産物流通調査. 水産庁. 2015年11月19日閲覧。
  4. ^ 宮城県東松島市にある縄文時代の里浜貝塚、同県多賀城市にある古墳時代の山王遺跡八幡地区。松井章「狩猟と家畜」、『列島の古代史ひとものこと』第2巻169頁。多賀城市史編纂委員会『多賀城市史』1(原始・古代・中世)200頁。
  5. ^ Naylor, G.J.; Caira, J.N.; Jensen, K.; Rosana, K.A.; Straube, N.; Lakner, C. (2012). “Elasmobranch phylogeny: A mitochondrial estimate based on 595 species”. In Carrier, J.C.; Musick, J.A.; Heithaus, M.R., eds. The Biology of Sharks and Their Relatives (second ed.). CRC Press. pp. 31–57. ISBN 1-4398-3924-7. http://prosper.cofc.edu/~sharkevolution/pdfs/Naylor_et_al_Carrier%20Chapter%202.pdf. 


「エイ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カスベ」の関連用語

カスベのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カスベのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS