なげとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > なげの意味・解説 

な‐げ【無げ】

形動[文]ナリ

ないよう見えるさま。「事も無げにやってのける

無造作なさま。心のこもっていないさま。かりそめ

「—の筆づかひにつけたる事のは」〈源・夕顔


なげ【投げ】

投げること。「槍投げ」「身投げ

相撲柔道の技の一。相手回し腕・首などに手をかけ、腰を入れて投げ倒すこと。上手(うわて)投げ・背負い投げ首投げなど。「投げを打つ」

囲碁・将棋で、終局ならないうちに負け明らかになったとき、自分持っている石または駒を盤上に置き負け認めること。投了

取引で、相場買い値よりも下がり、このままでは損が大きくなる判断したとき、損を承知で売ること。


なげ【投】

〔名〕 (動詞「なげる(投)」の連用形名詞化

① 投げること。多く、他の語と複合して用いる。「槍投げ」「砲丸投げ」「身投げ」など。

相撲柔道などで相手をかかえ、腰をひねってころがす技をいう。相撲では上手投げ首投げ柔道では足わざ、真捨て身わざなどがある。

俳諧独吟一日千句(1675)第七目の玉も下へころりと露散て 抛のかちとてたつ相撲の場」

なげやりにすること。ぞんざいにすること。心をこめてしないこと。

歌舞伎蝶々(1828)二幕「命を投げにしつけぬ盗人

勝負を投げだすこと。囲碁・将棋で、終局ならない前に勝算認められなくなった時、持っている石や駒を投げ出し負け表明すること。転じて、やりかけたことをやめること。

歌舞伎四天王産湯玉川(1818)五立「おれが気めえじゃア、とても武士にはなれまいと、そこで侍ひはなげにうって商売屋

(5) 取引市場で、相場が下がって損失が明らかな場合、それ以上の損失避けるため損を覚悟で売ること。〔英和商業辞彙(1904)〕

(6)なげぶし投節)」の略。

浄瑠璃吉野忠信(1697頃)一「逢ひたさ見たさの唱歌をば、なげに歌ふつ書いて見つ」

(7) 建築で、部材の面の傾斜角度。たとえば木負(きおい)、茅負(かやおい)の前面傾斜度をいう。

(8) 女性の袂に名刺手紙投げ入れることをいう不良少年仲間隠語

*わが新開地(1922)〈村島帰之〉九「女子の袂に名刺手紙投入する『なげ』」


な‐げ【無━】

形動〕 (形容詞「ない」の語幹接尾語「げ」の付いたもの

なさそうなさま。

落窪(10C後)二「ちひさくをかしげなるわかうどにて、思ふ事なげにてありく」

② ないに等しいさま。無造作なさま。ほんのちょっと。かりそめなおざり多く「なげの」の形で用いる。

古今(905‐914)春下・九五「いざけふは春の山辺にまじりなんくれなばなげの花の影かは〈素性〉」


無げ、亡げ

読み方:なげ

形容詞「無い」「亡い」が、接尾語「げ」により体言化した形。


無げ

読み方:なげ

ク活用形容詞無し」が、接尾語「げ」により体言化した形。


和げ、薙げ、凪げ


投げ


投げ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

投げ

読み方:なげ

ガ行下二段活用動詞投ぐ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
投ぐ」の口語形としては、ガ行下一段活用動詞「投げる」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

投げ(なげ)

買い方が買った値段より相場が下がったため、損勘定承知見切りをつけて転売することをいい、「投げ出す」または「投げ退く」ともいいます。

なげ

方言 意味
なげ 長い


なげ

  1. 人の多数立っている場所。〔掏摸

分類 掏摸


読み方:なげ

  1. ⑴〔取〕損失明かになつた場合、更に損失増加するを避けるために転売又は買戻しをすること。⑵〔犯〕帯のこと。板張ところを忍んで歩く時、音がたたないように帯をなげて、其の上を歩くことから出た縁語

分類 取引所犯罪者


投げ

読み方:なげ

  1. 定期取引にて損失明かとなりたるとき、更に損失甚しきに至らざるに先立ち転売又は買戻し為し売買結了する事。
  2. 買建てた物が思惑通りに上らぬ場合に損して手仕舞することをいふ。〔相場語〕
  3. 〔経〕取引所用語。損失ある買米転売する事。
  4. 先高見越して買つたのに相場安くなつたので転売すること。

分類 会社株式経済相場語、経


投げ

読み方:なげ

  1. 帯のことをいふ。板の間などを忍んで行く時音をさせぬ為めに、帯を投げてその上静かに歩むところから起たもの。〔犯罪語〕
  2. 〔犯〕帯のこと。忍込みのとき足音立て様に帯を投げて其の上歩むところから来た語。「ナゲシトキ」参照
  3. 犯罪語にて帯のことをいふ。板の間などを忍んで行く時音をさせぬ為めに、帯を投げてその上静かに歩むところから起たもの。
  4. 〔隠〕犯罪語で帯の事。板の間を忍んで歩く時、音の立たない様に、帯を投げてその上行きしに由来す。
  5. 帯のことをいふ。板の間等を忍び歩く音のしない様に帯を投げて其上を歩くからである。
  6. 帯。「なげし」の省略か。或は板の間忍込む音の立たない様に帯を投げその上通りしに由来するのか。
  7. 帯、昔板の間を忍んで歩くとき音のしない様に帯を投げて上を歩いたから。前橋
  8. 帯のこと。板の間などを忍んで行く時音をさせないために、帯を投げてその上静かに歩くことから起ったもの。〔一般犯罪
  9. 帯。〔香具師不良
  10. 帯。日本座敷の「なげし」に連想して。〔す〕
  11. 帯。「なげし」省略或いは板の間忍込む音のたたない様に帯を投げその上を通ったことに由来するものと思われる

分類 す/犯罪、犯、犯罪犯罪語、香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「なげ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

なげのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



なげのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2021. All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS