そん まさよしとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本の創業者列伝 > そん まさよしの意味・解説 

孫正義

読み方:そん まさよし

孫正義とは、日本を代表する実業家一人で、ソフトバンクグループ創業者である。1957年8月11日佐賀県鳥栖市生まれ在日朝鮮人2世の次男で、朝鮮語ではソン・ジョンウィ発音する。はじめ通称名安本を名乗っていたが、後に朝鮮名の孫正義として日本帰化した。ちなみに実業家でアジアングルーブ代表取締役孫泰蔵は孫正義の実の弟にあたる。

孫氏1974年久留米大学附設高校中退し、16歳単身アメリカに渡った。 1980年カリフォルニア大学バークレー校卒業専攻経済学だった。大学在学中に音声装置付きの多国語翻訳機試作機開発して、当時シャープ専務佐々木正氏に1億円で買い取られた。佐々木氏にはその後ずっとソフトバンク相談役をしてもらっている。その資金ユニソンワールドという企業立ち上げ1980年日本帰国するまで米国での経営続けた。なお、米国留学中に、当地出会った日本人留学生女性結婚している。

孫正義
※画像提供 / ソフトバンク株式会社

帰国後は自身経営していた米国企業売却した資金から事業計画し、「日本ソフトバンク」を設立ソフトウェア卸売り業や出版業などを始めた。1983年重い慢性肝炎にかかり、その後3年間入退院くりかえし苦し時期を送る。ただ、その期間は読書没頭して、病床格好充電期間に変えてしまった。その間のデータベース事業失敗などで借金ができたが、それを返すために「電話をする際に自動的に一番安い回線を選ぶ装置」(NCCBOX)を発明し、これによって逆に20億円を稼いだ。

いわゆるネットバブル崩壊前に米国Yahoo!社に多額出資を行う。米国Yahoo!成功したことによって多額資金獲得し、氏の知名度も急激に上昇した。この成功によって得た資金を、さらに様々な分野投資をおこなっている。

1990年社名から「日本」の字を取ってソフトバンク」と改め世界視野にいれた事業展開を始めた。1994年には苦節13年経て株式店頭公開した。このとき、ビルゲイツからはお祝いの手紙が届いたという逸話が残っている。1996年にはYahoo! Japan設立し、2000年5月には米NASDAQ提携してナスダックジャパン(現ヘラクレス)を設立した。

2005年現在、ソフトバンクグループ全体としては、ソフトウェア卸売り出版eコマース金融証券ベンチャーキャピタルYahoo! BBなどの通信事業放送事業などの分野にも事業を広げ、球団獲得するなど、日本を代表するIT関連企業となっている。

ちなみに、「二十代名乗り上げ三十代軍資金を最低で一千億円貯め、四十代でひと勝負し、五十代事業完成させ、六十代事業後継者引き継ぐ。」という氏の「人生50年計画」は、いまや格言として有名となっている。


参照リンク
ソフトバンク株式会社


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「そん まさよし」の関連用語

そん まさよしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



そん まさよしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ孫正義の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS