きーぽんとは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > きーぽんの意味・解説 

きーぽん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/05 20:39 UTC 版)

きーぽん1976年9月18日 - )は、日本お笑いタレントで、ピン芸人である。女性。旧芸名はDJきーぽん(ディージェイきーぽん)。




  1. ^ 更新されていた”. きーぽんオフィシャルブログ (2013年11月25日). 2015年3月8日閲覧。
  2. ^ 他人の家に行くのが好き”. ダークホース山出(山ちゃん)の縫い目の数だけ出逢いがある (2010年6月17日). 2015年3月8日閲覧。
  3. ^ a b いしやと読みます。”. きーぽんオフィシャルブログ (2011年3月1日). 2015年3月8日閲覧。
  4. ^ a b 明日は何が起きるんだろう?”. きーぽんオフィシャルブログ (2010年8月25日). 2015年3月8日閲覧。
  5. ^ 同級生”. きーぽんオフィシャルブログ (2014年2月14日). 2015年5月20日閲覧。
  6. ^ a b 本人のブログの2007年1月29日分。なお、ここでは『きーぽんの『き』は『清美』から取ったわけではない』と書いている。
  7. ^ 参考: 本人のブログの2007年5月9日分
  8. ^ a b c d e f g h 新北海道ひと紀行 第17部 札幌・文化を担う(4)笑いや歌で地域を発信 きーぽん - 北海道新聞2019年3月23日朝刊17面
  9. ^ 参考: 本人のブログの2008年2月21日分
  10. ^ 参考: 本人のブログの2007年9月21日分。ここでは同じ事務所所属の安井順平が使う音源を製作したことが紹介されている。
  11. ^ オフィシャルブログ『Keep on Lovin' you』2010年5月8日更新 にて、本人報告。
  12. ^ オフィシャルブログ(2011年9月15日更新) より。
  13. ^ きーぽんのプロフィール(Ameba) より。
  14. ^ a b c すみません。今日は語らせてください。”. きーぽんオフィシャルブログ (2013年8月10日). 2015年3月8日閲覧。
  15. ^ きーぽんtwitter(2016年1月14日) 2016年1月22日閲覧
  16. ^ “DJきーぽん『4月から住む場所は…?!+なんあの配信』” (日本語). きーぽんオフィシャルブログ「Keep on lovin' you」Powered by Ameba. https://ameblo.jp/djkeepon/entry-12358654717.html 2018年9月24日閲覧。 
  17. ^ a b きーぽん”. そっくり館キサラ オフィシャルサイト. 2014年9月22日閲覧。
  18. ^ 楽曲情報ドワンゴ
  19. ^ 2008きーぽん重大ニュース”. DJきーぽん~Keep on goin' (2008年12月31日). 2014年9月22日閲覧。など。
  20. ^ 「R-1ぐらんぷり2010」東京準決勝レポート”. お笑いナタリー (2010年2月10日). 2014年9月22日閲覧。
  21. ^ “DJきーぽん『スターバックス シアトル本社とスタバママ』” (日本語). きーぽんオフィシャルブログ「Keep on lovin' you」Powered by Ameba. https://ameblo.jp/djkeepon/entry-12393296796.html 2018年9月24日閲覧。 


「きーぽん」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きーぽん」の関連用語

きーぽんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きーぽんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきーぽん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS