熱可塑性樹脂とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 樹脂 > 熱可塑性樹脂の意味・解説 

ねつ かそせいじゅし [7] 【熱可塑性樹脂】

常温では弾性をもち,変形しにくいが,加熱により軟化して種々な形に加工することができる合成樹脂。ナイロン・ポリエチレン・ポリスチレン・ポリ塩化ビニルなどはこれにあたる

熱可塑性高分子

読み方ねつかそせいこうぶんし
別名:熱可塑性樹脂
【英】thermoplastic high polymer

熱可塑性高分子とは、加熱すると溶けて液体となり、冷却すれば固体になる性質を持った合成樹脂のことである。何回でも熱によって溶け、同じく何回でも冷却によって固まる性質がある。

熱可塑性高分子は、成形方法が簡単であるために広く用いられている。日常生活の中で使用されているプラスチックは、ほとんどが熱可塑性樹脂である。

情報と社会のほかの用語一覧
医療・科学:  モノマー  無機化合物  熱伝導率  熱可塑性高分子  熱硬化性高分子  熱揺らぎ  OA病

熱可塑性樹脂

英語 thermo-plaslic resin

熱を加えれば軟らかくなり、冷却すれば硬くなることを繰り返す性質のことを熱可塑性呼び、この性質をもつ天然、および合成樹脂などを熱可塑性樹脂という。リサイクルしやすい樹脂であり、自動車材料としては、PP(ポリプロピレン)、ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)、PA(ポリアミド)などの熱可塑性樹脂が多用されている。

参照 熱硬化性アクリル樹脂
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

熱可塑性

同義/類義語:熱可塑性樹脂
英訳・(英)同義/類義語:thrmal plasticity

主としてプラスチックが熱を加えられることによって変形できる性質
「生物学用語辞典」の他の用語
性質をあらわす:  走流性  多遺伝子性  多剤耐性  熱可塑性  熱硬化性  配偶体型自家不和合性  半透性

熱可塑性樹脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/24 02:02 UTC 版)

熱可塑性樹脂(ねつかそせいじゅし、: Thermoplastic resin)は加熱により軟化する高分子






「熱可塑性樹脂」の続きの解説一覧





熱可塑性樹脂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熱可塑性樹脂」の関連用語

熱可塑性樹脂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バーフィールド型ユニバーサルジョイント

Windows 95

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

シートアレンジ

曲げ性

ARROWS X LTE

educationPC

フロアパネル





熱可塑性樹脂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2017 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ熱可塑性高分子の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱可塑性樹脂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS