さかずきとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 考古学 > 土器 > さかずきの意味・解説 

さか ずき -づき [0][4] 【杯・盃・巵・盞

〔「さか(酒)つき(坏)」の意〕
酒を注いで飲む小さな器。ちょこ。ちょく。 「 -を干す」 「 -を差す」 〔今日のような小杯を用い始めたのは江戸中期から〕
杯事さかずきごと 」に同じ。 「夫婦の-をかわす」
酒席で「さかずき」を差したり受けたりすること。 「上達部殿上人参り集り、-の程など、例の作法よりもめでたし栄花 暮待つ星」 〔現代仮名遣いでは「さかづき」のように「づ」を用いて書くこともできる〕

杯(さかずき)

酒を飲む器。『和名抄』(9317年)では瓦器(かわらき)として分類され、「延喜式」(905年)にみえる坏は土器、盞(さかずき)はその少形のものであるが、当時銀製酒盞神事ら使われた。木杯普及したのは中世以降で、冷酒集団回し飲みする習慣から大形であったが、近世になって個人専用の小杯がつくられるようになった磁器猪口盃(ちょくはい)の発生年代不明であるが、『和漢三才図会』(1712年)に記載され、『守貞漫稿』(1837~53年)に「近年ハ漆盃ヲ用フル事稀ニテ磁器専用トス」とある。泡盛および薩摩日向球磨焼酎にもそれぞれに独自の猪口がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/11 15:52 UTC 版)

(さかずき から転送)

(さかずき)は、主に日本酒を飲むために用いる器。あるいは酒坏とも書く[1]。小さなものは盞ともいう[1]


[ヘルプ]
  1. ^ a b 岩井広實監修、工藤員功編 『絵引 民具の事典』 p.56 2008年
  2. ^ 『神社有職故実』全129頁18頁昭和26年7月15日神社本庁発行
  3. ^ 『佐久市志民俗編下』全1706頁中1373頁長野県佐久市 平成2年2月20日発行


「盃」の続きの解説一覧


  • 画数:8
  • 音読み:キン
  • 訓読み:さかずき
  • ピンイン:jin3
  • 対応する英語:(nuptial) winecups







  • 画数:11
  • 音読み:シ
  • 訓読み:さかずき
  • ピンイン:zhi4







  • 画数:18
  • 音読み:ソクヨウ
  • 訓読み:さかずき

  • 画数:14
  • 音読み:ショウ
  • 訓読み:さかずき、 あつめる
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





さかずきと同じ種類の言葉

土器に関連する言葉手抉り  擦文土器  (ぎんぱい、さかずき、つき、もくはい、ツキ)  注口土器  深草土器

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

さかずきに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「さかずき」の関連用語

さかずきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

睦月

フルムダンベール

法光寺

ショートトラックスピードスケート

ジョグZR

びなす

オショロミノウミウシ属の仲間3

立鶴図小柄





さかずきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2017.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの盃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS