福祉乗車証 福祉乗車証の概要

福祉乗車証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/21 01:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

発行自治体が運営する公営交通(公営鉄道・公営バス)および発行自治体が出資する第三セクター鉄道、地域を運行する民営バス路線が利用可能となることが多い。市区町村役所窓口などに申請し、対象者の資格を確認して発行される。発行する自治体や対象により乗車証の名称や様式、発行時や乗車時に別途料金を必要とするか否かには違いがある。

従来の福祉乗車証は、紙式定期券のように乗降車の際に提示する乗車証カードや、一枚ずつ切り離して使う紙式回数券タイプが多かったが、近年ではIC乗車カードの普及に伴い、福祉乗車証にもIC乗車カードを導入する例が増加している。第三者による不正使用転売の防止に加え、IC乗車カードに搭載されているFelicaチップには大量の情報が書き込み可能なため、ストアードフェアシステムによる正確な利用状況の把握が図れる利点がある[1][2][3]

福祉乗車証による交通機関の利用に対しては、発行自治体から交通事業者に対して助成金が支払われているが、特に高齢者がよく利用する路線バスでは、紙式の敬老パスでは正確な乗車回数や経路などが把握できないため、バス事業者が乗車実績に見合う助成金を受け取っておらず、バス事業者の負担が重い状況が問題となっている[1][2][3]。福祉乗車証(中でも高齢化により発行数が増加の一途をたどる敬老パス)へのICカード導入は自治体や事業者にとってもメリットがあるため、横浜市のように紙式で発行している自治体でもICカード化を進める動きが出ている[1][2][3]

現在発行されている主な福祉乗車証

自治体が運営するコミュニティバスのみで利用可能な福祉乗車証は除く。

北海道地方

東北地方

  • 青森市
    • 高齢者福祉乗車証「いき・粋乗車証」[6]
    青森市営バスJRバス東北(一部地区のみ)、コミュニティバス「青森市市民バス」で利用可能[6]
    「いき・粋乗車証」は交付無料、乗車有料(100円)。有料フリーパスを購入すれば乗車無料となる[6]
    • 市営バス等福祉乗車証:障害者対象(身体・知的・精神)[7]
    青森市営バスに無料乗車が可能(一部地区ではJRバス東北との選択制)
  • 八戸市 - 青森市営バス全線・南部バスの八戸市内路線で利用可能[8][9]
    • 高齢者特別乗車証「はつらつ共通バス券」[8]
    • 障害者特別乗車証「ほほえみ共通バス券」(身体・知的・精神)[9]
  • 仙台市 - 仙台市営地下鉄仙台市営バス宮城交通で利用可能[10][11]
    • 仙台市敬老乗車証[10]
    敬老乗車証専用ICカード(icscaではない)に「100円(または50円)で1000円分のチャージ」という形で支給[10]
    通常運賃の「一般用敬老乗車証」、障害者割引運賃が自動的に引き去られる「福祉割引用敬老乗車証」(障害を持つ高齢者向け)の2種類がある[10]
    • 仙台市ふれあい乗車証:障害者対象(身体・知的・精神)[11]
    札幌市と同様、福祉乗車証、タクシー券、自家用車燃料の3つから選ぶ方式[11]

関東地方

  • 東京都
    • 東京都シルバーパス:高齢者対象。都営交通および都内の民営路線バス(一部を除く)で利用できる。運賃支払い時に運転手に提示する。発行有料(所得により金額は異なる)、乗車無料[12]
    • 都営交通無料乗車券:障害者など対象(精神障害者を除く)。対象路線は都営交通全線(都営バス都営地下鉄都電荒川線日暮里・舎人ライナー)。券種はPASMO(記名式)・磁気カード式があり、都営交通の窓口で磁気カードをPASMOに変更することも可能。発行無料[13][14]
    • 精神障害者都営交通乗車証:精神障害者対象。2000年10月より開始。対象路線は都営交通全線。券種はPASMO・磁気カード(都営地下鉄、日暮里・舎人ライナーの定期券販売所で発行)、紙式(都営バス・都電の定期券販売所、自治体窓口で発行)の3種類。発行無料、乗車無料[15][14]
  • 川崎市 - 対象路線は川崎市交通局(川崎市バス)全線、民営バスの川崎市内路線。
    • 高齢者特別乗車証明書:高齢者対象。発行有料(定額)、乗車有料(割引運賃)[16]
    • 高齢者フリーパス(福祉パス):高齢者対象(障害の有無など条件あり)。発行無料、乗車無料[17][16]
    • 川崎市ふれあいフリーパス:障害者対象(身体・知的・精神)。発行無料、乗車無料[18]
    従来の「川崎市内回数乗車券(ふれあい回数乗車券)」「市バス特別乗車証」「民営バス定期券」を廃止し「ふれあいフリーパス」に一本化[18]
  • 横浜市 - 対象路線は横浜市交通局横浜市営地下鉄横浜市営バス全線)、横浜シーサイドライン(全線)、民営バス・川崎市営バス(横浜市内路線)[19]
    • 横浜市敬老特別乗車証:高齢者対象。運賃支払い時に運転手に提示する。発行有料(所得により金額は異なる)、乗車無料[19]
    • 横浜市福祉特別乗車券:障害者対象(身体・知的・精神)。発行有料(定額)、乗車無料[20]

中部地方

近畿地方

  • 京都市
  • 大阪市 - Osaka Metroニュートラム含む)、大阪シティバスで利用可能[22][23]
    • 大阪市敬老優待乗車証[22]
    敬老乗車証専用ICカード(顔写真貼付)を支給[24]。現金チャージにより、各交通機関を1乗車につき50円で利用可[22](乗継割引あり)[25]
    • 障害者用福祉乗車証は、障害の程度に応じて「介護人付無料乗車証」「単独用無料乗車証」「乗車料金割引証」の3種がある[23][26]
  • 神戸市 - 神戸市交通局以外の交通機関で利用するとPiTaPa定期として扱われる[要出典]
    • 神戸市敬老優待乗車証
      • 敬老優待乗車証(敬老パス):敬老優待乗車証専用IC乗車カード(顔写真なし)にチャージすると、小児料金で乗車できる[27]
      • 他に、敬老無料乗車券(低所得者対象)、通勤定期割引購入制度(働く高齢者など高頻度利用者対象)がある。敬老パスと併給可[28]
      対象路線は、神戸市交通局神戸市営バス市営地下鉄)全線、神戸交通振興および民営バスの市内路線、神戸新交通ポートライナー六甲ライナー[27]
    • 神戸市福祉乗車証(福祉パス):障害者など対象。発行・乗車無料。対象路線は敬老優待乗車証に同じ[29]
  • 尼崎市
    • 高齢者のバス運賃助成制度は「定期方式」「乗車払方式」の2種類がある。
    尼崎市交通局市営バス)の阪神バスへの移譲により、「定期方式」は「尼崎市バス特別乗車証」(尼崎市交通局#運賃などを参照)から、高齢者専用hanica定期券「グランドパス65」購入助成に、「乗車払方式」は阪神バスの割引乗車制度に変更となった[30]
    • 尼崎市障害者等バス特別乗車証:有効期限なし[31]
  • 和歌山市 - 和歌山バス和歌山バス那賀の市内路線で利用可能[32][33]
    • 高齢者用バスカード「元気70パス」:100円で乗車可能[32]
    • 障害者用バスカード:月に2日無料で乗車可能[33]
    障害の程度により福祉タクシー券(500円券24枚、乗車1回につき1枚利用可)を併給[33]

中国地方

四国地方

九州・沖縄地方

  • 福岡市 - いずれも以下の5種のうちから1種を選択する。
    • 福岡市高齢者乗車券:70歳以上。介護保険料所得段階区分による所得制限あり。
    • 福岡市福祉乗車券:障害者対象。本人の所得(18歳未満の場合は世帯所得)による制限あり。
      従来は磁気カード式の「福岡市高速鉄道福祉乗車証」(運賃無料)、「福岡高速鉄道福祉割引証」(運賃半額)があり、障害者手帳所持者を対象に福岡市営地下鉄の運賃を助成していた。2017年よりICカード式の「交通用福祉ICカード」の導入により廃止。ICカード化により利用範囲がJRや民営の鉄道・バスに拡大された[34]
  • 佐世保市 - いずれも佐世保市内の佐世保市営バスさせぼバス西肥バスを利用可能。
  • 熊本市
    • 熊本市優待証「さくらカード」「おでかけICカード」[35]
    高齢者と障害者が対象。「さくらカード」だけでも市の施設などが無料で利用でき、くまモンのICカードの「おでかけICカード」と併用することで公共交通機関の運賃割引が受けられる。「おでかけICカード」には「障がい者用1割負担カード」「高齢者用2割負担カード」があり、それぞれ普通運賃から割り引かれた金額が引き落とされる[36]
    対象路線は熊本市交通局熊本市電)全線、市内の路線バス(熊本都市バスほか民営バス)と鉄道路線(JR除く)。通勤・通学には利用できない[35]
  • 荒尾市 - 対象路線は九州産交バスの荒尾市内路線。
    • 福祉特別乗車証:高齢者用と障害者用のカードがあり、提示により高齢者は1乗車100円、障害者は無料となる[37][38]
  • 鹿児島市 - いずれも鹿児島市内の鹿児島市電・市営バス・民間バス・鹿児島市コミュニティバス「あいばす」・桜島フェリーを利用可能。
    • 敬老パス - 70歳以上が対象。運賃が3分の1となる[39]
    • 友愛パス - 障害者が対象。無料で乗車可能[40]

福祉乗車証を廃止した自治体

  • 千葉市
    • 千葉市敬老乗車券:高齢者対象(70歳以上、条件なし)。市内バス路線で使える「バス回数券」、千葉モノレール「モノレールカード」を支給。バス回数券、モノレールカード、バス回数券+モノレールカード、敬老祝金のいずれかを選択。2008年度(平成20年度)から廃止[41][42]
  • 静岡市 - 2007年度(平成19年度)から敬老乗車証を廃止[42]
  • 浜松市 - 2017年度(平成29年度)から敬老乗車証を廃止[42]
  • 北九州市 - 敬老優待乗車証を廃止[42]北九州市営バス高齢者専用定期券「ふれあい定期券」販売へ移行[43]

注釈

  1. ^ ICAS nimocaは函館バスとの共通利用を前提として導入されており、函館バス全線で利用できる。またnimoca(ICAS nimocaを含む)には「障がい者用カード」がある[5]
  2. ^ 途中の路線上、北斗市内を通過して函館市内で降車する場合も対象となる。

出典

  1. ^ a b c 横浜市、敬老パスで分科会が答申案 市長判断に委ねる 日本経済新聞電子版、2019年12月18日、2020年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c 乗り放題の敬老パス、横浜で見直し議論 バス業界は悲鳴 朝日新聞デジタル、2019年12月16日、2020年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c 横浜の敬老パス、値上げ提言へ 今は年4千円で乗り放題 朝日新聞デジタル、2019年12月20日、2020年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c 障がい者交通費助成 札幌市公式サイト
  5. ^ 小児用カード・障がい者用カード nimoca公式サイト
  6. ^ a b c 高齢者福祉乗車証「いき・粋乗車証」 青森市公式サイト
  7. ^ 市営バス等福祉乗車証の交付 青森市公式サイト
  8. ^ a b 生きがいと健康づくりのために 八戸市公式サイト
  9. ^ a b 在宅福祉 八戸市公式サイト
  10. ^ a b c d 敬老乗車証 仙台市公式サイト
  11. ^ a b c ふれあい乗車証(バス・地下鉄の無料乗車証)の交付 仙台市公式サイト
  12. ^ シルバーパスについて 東京都福祉保健局公式サイト
  13. ^ 都営交通無料乗車券 東京都交通局公式サイト
  14. ^ a b 都営交通の無料乗車券等 「福ナビ」とうきょう福祉ナビゲーション、公益財団法人東京都福祉保険財団
  15. ^ 精神障害者都営交通乗車証 東京都福祉保健局公式サイト
  16. ^ a b 高齢者外出促進事業 川崎市公式サイト
  17. ^ FAQ - 福祉パス(無料の高齢者フリーパス)について知りたい。 川崎市公式サイト
  18. ^ a b 川崎市ふれあいフリーパス 川崎市公式サイト
  19. ^ a b 敬老特別乗車証 横浜市公式サイト
  20. ^ 福祉特別乗車券の交付 横浜市公式サイト
  21. ^ a b c 敬老乗車証制度に関する手続き等についてのご案内
  22. ^ a b c 70歳になったら敬老優待乗車証(敬老パス)が利用できます 大阪市公式サイト
  23. ^ a b 交通機関乗車料金福祉措置 大阪市公式サイト
  24. ^ 大阪市交通局「敬老パス おでかけキャンペーン」 鉄道チャンネル、2017年9月8日、2020年1月21日閲覧
  25. ^ 敬老優待乗車証(敬老パス)のご利用方法について Osaka Metro 公式サイト
  26. ^ 「障がいがある方のための福祉のあらまし」9.交通(68~69ページに福祉乗車証についての記載あり)大阪市公式サイト
  27. ^ a b 敬老優待乗車制度(敬老パス)の内容について 神戸市公式サイト
  28. ^ 敬老優待乗車制度(敬老パス)の低所得者対策及び高頻度利用者対策について 神戸市公式サイト
  29. ^ 福祉乗車制度(福祉パス)について 神戸市公式サイト
  30. ^ 高齢者バス運賃の助成 尼崎市公式サイト
  31. ^ [1] 尼崎市公式サイト
  32. ^ a b 元気70パス 和歌山市公式サイト
  33. ^ a b c 障害児者外出支援事業のお知らせ 和歌山市公式サイト
  34. ^ 「使い勝手悪い」障害者向けICカード 利用者悩ます“欠点”とは 福岡市 西日本新聞、2018年10月4日、2020年1月21日閲覧。
  35. ^ a b 「さくらカード」「おでかけICカード」について 熊本市公式サイト
  36. ^ さくらカード利用者の方へ 熊本市交通局公式サイト
  37. ^ 福祉特別乗車証 荒尾市乗合バス(高齢者) 荒尾市公式サイト
  38. ^ 福祉特別乗車証(心身障がい者)について 荒尾市公式サイト
  39. ^ 敬老・友愛パス 鹿児島市公式サイト
  40. ^ 交通・移動の援助 鹿児島市公式サイト
  41. ^ 「敬老乗車券」が廃止されましたが、いつまで使用できますか。 千葉市公式サイト
  42. ^ a b c d 千葉県バス協会「主要都市での敬老乗車券制度導入状況」 千葉市公式サイト
  43. ^ 市営バスの定期券について知りたい。(ふれあい定期券の購入について) 北九州市公式サイト


「福祉乗車証」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福祉乗車証」の関連用語

福祉乗車証のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



福祉乗車証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福祉乗車証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS