目的 工学と目的

目的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 07:36 UTC 版)

工学と目的

「工学における教育プログラムに関する検討委員会」の文書(1998年)では、工学を次のように定義している。

工学とは数学自然科学を基礎とし、ときには人文社会科学知見を用いて、公共の安全健康福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問である。[3]

ウィーナーらのサイバネティックスでは、環境に事物が最もよく適応する過程を"目的的"であるとした[要出典]

目的と目標の関係

目的は「成し遂げようとすることがら」で、目標のほうは(その)目的を達成するために設けためあてのことである[4]。たとえば、目的を「自分も他の人も、ともに幸福にする人生を私はまっとうする」としたとする。その目的を実現できる道筋についていろいろ調べて、人に親切にしてそれを記録すれば自・他ともに幸福になれるということを知り、「少なくとも1週間に1回は人に親切にしてそれをノートに記録する」とか「1日に1回、その日出会った人に親切にしてそれを日記に書く」という「めあて」を設定すれば、それが《目標》である。[注 1]

また、青年期の人でこれから自分の職業を決めてゆこうとしている時期の人などでは、目的を達成するのに適した職業についても考えることになるであろうが、「自・他ともに幸福にする人生をまっとうする」という目的を持っている場合、たとえば(あくまで「たとえば」であるが)その目的を実現するために「6年以内に看護師になる」という「めあて」を設ければ、この「6年以内に看護師になる」というめあてが《目標》である。

また「6年以内に看護師になる」という目標を分解して、「2年後に看護師学校の試験に合格し入学する」という目標や「3カ月後までにこのテキストの学習を終える」という目標や「毎日2ページかそれ以上学習する」という目標、「今日は時間があるので4ページ学習する」などという目標も設定できる。

一般に、まずは良き目的を設定し、目的を達成した状態をただ漠然と夢見るだけでなく、それを実現するためにはどのような道があるのか知恵を働かせ、その目的を達成するための道を具体的に思い描き、途中に「めあて=目標」、つまり達成できたかできなかったか自分で判定できるような形で表現したことを設け、それらの目標を達成すべく、日々やるべきことをコツコツとやってゆけば、やがては目的としていることを成し遂げることができる、といったことが説明されている。実用書などではしばしば、大目標を中目標や小目標に分解し、さらに具体的な「期限」(日付)を含む目標を設定すると、目的を成し遂げやすくなる、といったことが解説されている。

良き目的を持っている場合は、一般に、たとえ何かのトラブルで途中の目標がいくつか実現不可能な困難な事態になっても、諦めて放り出す必要はなく、知恵を働かせ、同じ道筋でも目標の設定方法を変更したり、あるいは目的をなしとげられる別の筋道を見つけて別の目標を設定すれば、目的としていることを成し遂げることができる。目標はあまり硬直的に考える必要はなく、より重要なのは目的を成し遂げることなので、それのために、目標についてはより柔軟に考えればよいわけである。人生というのは様々なことが起きるものなので、一般に、当初の予定どおりに途中の目標を達成してゆけることはむしろ稀である。目的を成し遂げた人を調べてみると判ることであるが、たいていは、途中でさまざまな困難に遭遇し、それでも諦めず、何度か目標を見直したり再設定したりして、(日々コツコツと)目標をひとつひとつ達成するための行動をつづけ、その結果、目的を成し遂げている。

人生と目的

西田文郎は人生における目的の働きを自著で次のように説明した[5]

  • 目的が無くなると、努力が無意味に思えてくる[5]
  • 目的が無いと、淋しい人生になる[5]
  • 目的に支えられない目標は、面白くないし楽しくない[5]
  • 目的は、目標を具体化し、面白くする[5]

また西田は次のことも指摘した。

  • 人生の目的は、結局「自分を喜ばせる幸せ」か「自分以外を喜ばせる幸せ」のどちらかに行き着く[5]
  • 真の成功者は「自分以外を喜ばせる幸せ」を知っていた[5]

ただし、人生の目的というのは理屈でこねあげるようなものではなく、本当に心で感じなければならないものなので、良い人生の目的を持つためには、いくつかちょっとしたコツがある、と提案している[5]

コツのひとつは》というタイムリミットをイメージすることである[5]。人は皆死ぬのであるが、普段はついそれを忘れてしまっていたりし、死を意識しないと「いつでもできる」などと(誤ったことを)考えてしまう[5]。自分の死をありありとイメージしタイムリミットを意識することは、人生の目的・目標をはっきりさせ、目標に至るまでのプロセスを明確化し、今なすべきことを明確化させる[5]

今日本に生きている若者の中には、自分は生きるので精いっぱいで死はイメージできない、とか、自分は元気で自分の死はどうもリアルに思えないなどと思えてしまう者もいるかも知れないが、そういう場合は「もしあなたの人生が明日終わるとしたら、今日あなたは何をするか?」と問われたと想像すればよい[5]

ちなみにスティーブ・ジョブズは次のように自問する習慣を持っていた。

今日が人生最後の日だったら、今日やろうとしていることを本当にやりたいか?
関連項目

  1. ^ ひとに親切にしてそれを記録しつづけると人は幸福を感じる率がとても高い、ということは、実証的な研究であきらかになっている(出典:大石繁宏『幸せを科学する―心理学からわかったこと』新曜社、2009 ISBN 4788511541)。ウィキペディアの「幸福」という記事では「親切介入法」という節で解説されている。
  1. ^ a b 広辞苑 第六版「目的」
  2. ^ "世界の目的論的な存在の仕方[要出典]"
  3. ^ 8大学工学部を中心とした 工学における教育プログラムに関する検討」(PDFファイル) 工学における教育プログラムに関する検討委員会、1998年5月8日。
  4. ^ 広辞苑 第六版「目標」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 西田文郎『人生の目的が見つかる魔法の杖』パンローリング株式会社、2014年。ASIN B00K388BL4。KINDLE版あり。第一章、第二章


「目的」の続きの解説一覧



目的と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「目的」に関係したコラム

  • 株365の金利相当額と配当相当額で利益を出すには

    株365では、売りポジション、あるいは、買いポジションを保有すると金利相当額、配当相当額の受け払いが生じます。売りポジションを保有すると金利相当額を受け取ることができます。また、配当相当額を支払わなけ...

  • 日本国内のFX業者のレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍まで(個人の場合)に規制されています。なお、...

  • CFD銘柄のヒストリカルボラティリティの比較

    ヒストリカルボラティリティ(HV)とは、ある銘柄の価格変動率のことです。ヒストリカルボラティリティの大きい銘柄は価格の変動が大きいハイリスクハイリターンの銘柄になります。一方、ヒストリカルボラティリテ...

  • CFDのチャートを見るには

    CFDの価格をチャートで見るにはいくつかの方法があります。そのうち、CFD業者が配布している専用のチャート表示ソフトを用いてチャートを見るのが一般的です。専用ソフトの場合、チャート表示に加えてテクニカ...

  • ETFのストップ安・ストップ高の値幅制限は

    ETFの銘柄には値幅制限が設けられています。値幅制限は、証券取引所が適正な価格を維持して投資家を保護することを目的に定めているものです。証券取引所では、前日の終値を基準として1日の値下がり幅と値上がり...

  • 株式のストップ安・ストップ高の値幅制限は

    日本の証券取引所に上場している株式の株価には、投資家の利益を保護することを目的として値幅制限が設けられています。値幅制限の値幅は、前日の終値を基準とした上下の一定範囲で、終値の値段により異なります。ス...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目的」の関連用語

目的のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



目的のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの目的 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS