数式 数式の種類

数式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 03:14 UTC 版)

数式の種類

Template:Synthesis

代数式と超越式

代数式とは加減乗除冪根の6種類の符号によって連結されている数式をいい、それ以外の式を超越式という[1]。代数式には有理式と無理式がある[2]

  • 代数式
    • 有理式 - 根号を含まない代数式[1]
      • 整式(有理整式) - 文字の分母を含まない式[1]
        • 単項式(など)
        • 多項式(など)
      • 分数式 - 文字の分母を含む式[1]など)
    • 無理式 - 根号を含む代数式[1]など)
  • 超越式

関係式

関係式には等式と不等式がある[2]

  • 等式
    • 恒等式 - 文字にどのような数値を入れても成り立つ式[2]
    • 方程式 - 文字に特定の数値を入れたときにだけ成り立つ式[2]
  • 不等式
    • 絶対不等式
    • 条件付不等式

その他の分類

  • 完全平方式 - 整数の平方に変換することができる式[2]
  • 対称式 - 前後の文字を入れ替えても同じ式となる式(など)[2]
  • 交代式 - 前後の文字を入れ替えると符号が変化する式(など)[2]

注釈

  1. ^ 目的変数という語はしばしば『response variable』の訳語として用いられる。また、目的変数に対応する語として『objective variable』という語があてられることもある。

出典

  1. ^ a b c d e 『新修百科辞典』 p.1286 三省堂 1934年
  2. ^ a b c d e f g 紙田公 著『改訂2版 電験2種電気数学』 p.7 電気書院 2013年


「数式」の続きの解説一覧




数式と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「数式」の関連用語

数式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



数式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの数式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS