Exifとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Exifの意味・解説 

Exif

フルスペル:Exchangeable image file format
読み方エグジフ

Exifとは、デジタルカメラ撮影した画像データに、撮影条件に関する情報メタデータ)を追加して保存できる、画像ファイル形式規格のことである。

Exifでは、撮影した画像データ併せて撮影した日時デジタルカメラ機種絞り値、画素数ISO感度色空間、といった情報まとめて記録することができる。本体画像データの他に、サムネイル画像データ記録しておくことができる。これらの付加情報によって、データ管理や、機器同士正しデータ交換最適設定での出力などが実現されている。

Exifでは、画像データそのものは主にJPEG形式で扱われる。Exifに対応していないアプリケーションでは、メタデータを扱うことはできないが、単なるJPEG形式画像として読み込むことができる。なお、圧縮形式を用いない場合TIFF形式として扱われることもある。色空間には、バージョンアップ後はRGBの他にsRGBAdobeRGBなどの規格にも対応している

Exifは1995年に、今の電子情報技術産業協会JEITA)の前身ある日電子工業振興協会JEIDA)によって規格化された。デジタルカメラ周辺機器メーカー各社がExifを共通規格として採用したことにより、一連のシステム間で高い互換性を得ることが可能となった。今日では、世界中多くメーカーが、デジタルカメラ画像形式としてExifを採用している。

Exifに関連する規格として、デジタルカメラにおけるファイルシステムDCFDesign rule for Camera File system)がある。ExifとDCF併用することで、互換性さらなる向上を図ることができる。


参照リンク
ディジタルスチルカメラ用画像ファイル フォーマット規格(Exif) Version 2.1 - (PDF形式
ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイル形式:  DOC形式  EOF  EPS  Exif  GIF  HTML変換機能  バイナリ

Exif 関数

導入

exif 拡張モジュールを使用すると、画像のメタデータを扱うことが可能と なります。例えば、デジタルカメラで撮影した画像ファイルから JPEGTIFF 画像のヘッダ情報を 読み込むために exif 関数を使用することができます。

要件

--enable-exif オプションを含めて PHP がコンパイル されている必要があります。exif モジュールを作成するために、追加の ライブラリは一切必要ありません。Windows ユーザは、 mbstring 拡張モジュールを有効に する必要があります。

インストール手順

exif サポートを有効にするには、PHP の configure 時に --enable-exif を指定します。
Windows ユーザは、php.iniphp_mbstring.dll および php_exif.dll の両方の DLL を有効にする 必要があります。php_mbstring.dll DLL は、必ず php_exif.dll DLL より 先に 読み込まれていなければなりません。そうなるように php.ini で設定 してください。

実行時設定

php.ini の設定により動作が変化します。
mbstring が有効になっている場合、 Exif 拡張モジュールはユーザコメントの文字エンコーディングの変換 (Unicode と JIS)を自動的に行います。この処理が行われるのは、 指定した文字セットを使用して最初にコメントをデコードする際です。 その結果は、HTTP 出力用の文字コードにエンコード されます。 表 85. Exif 設定オプション
名前デフォルト変更の可否変更履歴
exif.encode_unicode"ISO-8859-15"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_unicode_motorola"UCS-2BE"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_unicode_intel"UCS-2LE"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.encode_jis""PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_jis_motorola"JIS"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。
exif.decode_jis_intel"JIS"PHP_INI_ALLPHP 4.3.0 以降で有効です。

PHP_INI_* 定数の詳細および定義については 付録 G. php.ini ディレクティブ を参照してください。
以下に設定ディレクティブに関する 簡単な説明を示します。
exif.encode_unicode string
exif.encode_unicode は、UNICODE ユーザコメント を処理する文字セットを定義します。デフォルトは ISO-8859-15 で、 アジア以外のほとんどの国で動作します。この設定は、空白 あるいは mbstring のサポートするエンコーディングである必要があります。 空白の場合は mbstring の内部エンコーディング設定が使用されます。
exif.decode_unicode_motorola string
exif.decode_unicode_motorola は、画像の バイトオーダーがモトローラ形式(ビッグエンディアン)であった場合に Unicode のユーザコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは UCS-2BE です。
exif.decode_unicode_intel string
exif.decode_unicode_intel は、画像の バイトオーダーがインテル形式(リトルエンディアン)であった場合に Unicode のユーザコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは UCS-2LE です。
exif.encode_jis string
exif.encode_jis は、JIS ユーザコメントを 処理する文字セットを定義します。デフォルトは空白で、これは mbstring の内部設定を使用させることを意味します。
exif.decode_jis_motorola string
exif.decode_jis_motorola は、画像の バイトオーダーがモトローラ形式(ビッグエンディアン)であった場合に JIS のユーザコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは JIS です。
exif.decode_jis_intel string
exif.decode_jis_intel は、画像の バイトオーダーがインテル形式(リトルエンディアン)であった場合に JIS のユーザコメントを扱うための内部文字セットを定義します。 この設定は空白にすることはできず、mbstring がサポートしている エンコーディングの中から指定します。デフォルトは JIS です。

リソース型

リソース型は定義されていません。

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。
EXIF_USE_MBSTRING (integer)

exif_imagetype() は、関連するいくつかの組み込み定数を 一覧表示します。

目次

exif_imagetype — イメージの型を定義する
exif_read_dataJPEG あるいは TIFF から EXIF ヘッダを読み込む
exif_tagname — インデックスに対応するヘッダ名を取得する
exif_thumbnail — TIFF あるいは JPEG 形式の画像に埋め込まれたサムネイルを取得する
read_exif_dataexif_read_data() のエイリアス

Exif

読み方いぐじふ

富士写真フイルム開発JEIDA日本電子工業振興協会、現JEITA電子情報技術産業協会)で規格化された画像フォーマット現在のバージョンは2.2。既存汎用画像フォーマットであるTIFFJPEGベースに、ファイルさまざまな統一された撮影情報記録され、さらに個別情報書き込むこともできる。その撮影情報プリンター読みとってベストプリント仕上げることもできる。そうしたプリントシステムを「Exif Print(イグジフプリント)」という愛称で呼んでいる。デジタルカメラ統一カメラフォーマットであるDCF準拠している。Exif2.2はデジタルカメラ側の情報参考に、プリンタが独自に判断して画像調整を行ったうえでプリントされる。現行のほとんどのデジタルカメラプリンタ対応している

Exchangeable image file format

(Exif から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/22 16:46 UTC 版)

Exchangeable image file format(エクスチェンジャブル・イメージ・ファイル・フォーマット)は、富士フイルムが開発し、当時の日本電子工業振興協会 (JEIDA)で規格化された、写真用のメタデータを含む画像ファイルフォーマットデジタルカメラの画像の保存に使われる。略称はExifで「エグジフ」(もしくは「イグジフ」)。




「Exchangeable image file format」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Exif」の関連用語

Exifのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Exifのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリExifの記事を利用しております。
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2019 by the PHP Documentation Group.
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2019 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのExchangeable image file format (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS