電気痙攣療法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 電気 > 電気痙攣療法の意味・解説 

電気けいれん療法

(電気痙攣療法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/29 01:42 UTC 版)

電気けいれん療法(でんきけいれんりょうほう、電気痙攣療法)は、頭部(両前頭葉上の皮膚に電極をあてる)に通電することで人為的にけいれん発作を誘発する治療法である[1][2]ECT(electroconvulsive therapy)、電撃療法(electroshock theraphy: EST)、電気ショック療法(ES)[3]とも言う。


  1. ^ 英国国立医療技術評価機構 2003, Chapt.3.1.
  2. ^ a b c d 大熊輝雄・「現代臨床精神医学」第12版改訂委員会 『現代臨床精神医学』、2013年、12。ISBN 978-4307150675
  3. ^ 前進友の会 2005, p. 60.
  4. ^ 精神科の治療指針 厚生省保険局 1961年10月27日
  5. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2003, Chapt.3.2.
  6. ^ 医学が歩んだ道 フランク・ゴンザレス・クルッシ 著 堤理華 訳  武田ランダムハウスジャパン 2008年 ISBN 9784270003657 p275
  7. ^ Beloucif S (2013). “Informed consent for special procedures: electroconvulsive therapy and psychosurgery”. Curr Opin Anaesthesiol 26 (2): 182–5. doi:10.1097/ACO.0b013e32835e7380. PMID 23385317. 
  8. ^ FDA. FDA Executive Summary. Prepared for the January 27–28, 2011 meeting of the Neurological Devices Panel Meeting to Discuss the Classification of Electroconvulsive Therapy Devices (ECT). Quote, p38: "Three major practice guidelines have been published on ECT. These guidelines include: APA Task Force on ECT (2001); Third report of the Royal College of Psychiatrists’ Special Committee on ECT (2004); National Institute for Health and Clinical Excellence (NICE 2003; NICE 2009). There is significant agreement between the three sets of recommendations."
  9. ^ a b c d e 英国国立医療技術評価機構 2003, Overview.
  10. ^ a b CG90 - Depression in adults: The treatment and management of depression in adults (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2009-08). Chapt.1.10.4. http://www.nice.org.uk/guidance/CG90/. 
  11. ^ 英国医療技術評価機構 2009, p. 526.
  12. ^ ECTの危険性とその発生率 産業医科大学
  13. ^ 無けいれん性通電療法 医療法人社団 成仁
  14. ^ 日本精神神経学会電気痙攣療法の手技と適応基準の検討小委員会 2002.
  15. ^ ゲルト・フーバー 2005, p. 168.
  16. ^ 水野昭夫 2007, p. 36.
  17. ^ Sackeim H.A.,"Acute cognitive side effects of ECT",Psychopharmacol,22;1986,pp 482-484
  18. ^ Sobin C, Sackein H.A., Prudic J, et al, "Predictors of retrograde amnesia following ECT", Am. J. Psychiatry,152;1995,pp 995-1001
  19. ^ Leiknes KA; Jarosh-von Schweder L; Høie B (2012). “Contemporary use and practice of electroconvulsive therapy worldwide”. Brain Behav 2 (3): 283–344. doi:10.1002/brb3.37. PMC 3381633. PMID 22741102. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3381633. 
  20. ^ 水野昭夫 2007, p. 33.
  21. ^ 第107回日本精神神経学会1-H-27 長パルス波ECTが奏効した統合失調症の一例
  22. ^ Long Brief Pulse Method for Pulse-wave modified Electroconvulsive Therapy arXiv:1112.2072 [q-bio.NC] available at http://arxiv.org/abs/1112.2072
  23. ^ ゲルト・フーバー 2005, p. 167.
  24. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2003, Chapt.3.7.
  25. ^ 英国国立医療技術評価機構 2003, Chapt.3.8.
  26. ^ WHO Resource Book on Mental Health, Human Rights and Legislation (Report). World Health Organisation. (2005). p. 64. http://www.who.int/mental_health/policy/resource_book_MHLeg.pdf. 
  27. ^ 笠陽一郎 2008, p. 207.
  28. ^ 引用・抜粋先は「精神科治療学・第8巻・第4号・1993年4月)
  29. ^ トンデモ陰謀大全最新版 アル・ハイデル, ジョン・ダーク 著, 北田浩一 訳 成甲書房 2006年 ISBN 9784880861913 p121-122
  30. ^ 第105回日本精神神経学会1-D-14 修正型電気けいれん療法(mECT)に麻酔科医は必置か?
  31. ^ advanced ECT techniques
  32. ^ 精神医学の歴史 小俣和一郎 第三文明社 2005年 ISBN 9784476012521、159-p162
  33. ^ 医学が歩んだ道 フランク・ゴンザレス・クルッシ(著) 堤理華(訳) 武田ランダムハウスジャパン 2008年 ISBN 9784270003657 p275
  34. ^ セレンディピティと近代医学―独創、偶然、発見の100年 モートン・マイヤーズ (著)、小林力 (訳) 中央公論新社 2010年 ISBN 9784120041037 p295-297


「電気けいれん療法」の続きの解説一覧





電気痙攣療法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電気痙攣療法」の関連用語

電気痙攣療法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

雛罌粟

ラインストーン

ゴールデン・ダイヤモンド・エンゼル

820T

アラゲキクラゲ

孔 令文

佐藤義則

早池峰水源の森





電気痙攣療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気けいれん療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS