赤井谷地沼野植物群落とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 文化財選集 > 赤井谷地沼野植物群落の意味・解説 

赤井谷地沼野植物群落 (福島県)

名称
赤井谷地沼野植物群落
区分
天然記念物
所在地
福島県会津若松市湊町大字赤井

資料一覧
解説
猪苗代湖北西岸で,比較的低標高位置する高層湿原。およそ4~5万年前の火山噴火により,猪苗代湖水位が高かった時期湖沼であった地域が,その後水位低下と陸化によりおよそ2万年前から湿原形成され今日至っている。このような湖沼から典型的な陸化遷移によってできた湿原は,日本では現在のところ赤井谷地しか知られていない貴重な湿原である。



赤井谷地沼野植物群落

名称: 赤井谷地沼野植物群落
ふりがな あかいやちしょうやしょくぶつぐんらく
種別 天然記念物
種別2:
都道府県 福島県
市区町村 会津若松市湊町河東町
管理団体 会津若松市(平13・8・2)
指定年月日 1928.03.24(昭和3.03.24)
指定基準 植6
特別指定年月日
追加指定年月日 平成19.02.06
解説文: 天然紀念物調査報告植物之部)第八輯 一六頁 参照
猪苗代湖辺ノ沼野ニ発生スル特殊ノ植物群落ニシテ北方寒地種類ニヨリテ代表セラレ著シキ景顴ヲ呈ス
 赤井谷地沼野植物群落は猪苗代湖西岸北端から西へ約1kmに位置し、標高525m前後である。赤井谷地は、標高は低いもののツルコケモモホロムイイチゴなどの北方系の植物多く見られること、中央部が高まったドーム状の泥炭層の下に湖成層見られる陸化型の高層湿原であること、ドーム中央部周縁部低地部という微地形に対応した3型の植生認められること、泥炭層典型的発達パターン認められることなど、学術的価値が高いことから昭和3年天然記念物指定された。
指定地の植生としては、泥炭ドーム中央付近の高まった部分では高層湿原特有のムラサキミズゴケ、イボミズゴケが優占するミズゴケ湿原植生ドーム周縁部ではヌマガヤ中心とする湿原植生が、ドーム辺縁低地部にはヨシハンノキによる湿地植生発達している。このような多様性の高い湿原であるが、これまでのさまざまな人為による影響により、乾燥化や非湿原植物の侵入等により存続危機に瀕してきた。
17世紀中葉赤井谷地の北西にある強清水での開田に伴い湿原南東部流れ赤井川から確保するため、赤井谷地の低地部に新四郎堀の掘削が行われた。天然記念物指定に際しても、開墾採草地としての利用希望があり、利用との調整が必要となった。指定後にもミズゴケ泥炭採取等のため、指定地の一部解除要望がしばしば行われた。赤井谷周辺水田開発により、湿原涵養していた地下水水田水路漏水し、湿原乾燥化が懸念されるようになった。しかし、周辺地区圃場整備が行われることになり、その際赤井谷地からの漏水防止工事等を行うこととなり、湿原本体部分の保護周辺部分湿地復元が可能となった。
 今回追加指定地は、既指定地の周囲にあり農地として利用されてきた地域指定地内湿原同様の植生を持つ地域である。これらの多くこれまで利用されてきたものの、本来は赤井谷地と一体の湿原であった地域であり、既指定地の貴重な高層湿原保全するために不可欠地域である。
このような指定地に隣接した地域で、もともと同じ湿地であり、既指定地保護に必要な地域であることから、追加指定行い指定地を含めた湿原植生全体保全を図るものである
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
天然記念物:  石山寺硅灰石  石柱渓  石波の海岸樹林  赤井谷地沼野植物群落  赤羽根大師のエノキ  赤津のカツラ  千屋断層

赤井谷地沼野植物群落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/24 09:30 UTC 版)

赤井谷地沼野植物群落(あかいやちしょうやしょくぶつぐんらく)は、福島県会津若松市北東部にある標高525mの高層湿原。国の天然記念物に指定され、日本の重要湿地500に選定されている。


[ヘルプ]
  1. ^ 指定時の告示では53町9反7畝11歩(約53.5ヘクタール)
  2. ^ 斎藤知賢「赤井谷地植物調査」『福島縣史蹟名勝天然紀念物調査報告其ノ三』1928年
  3. ^ 樫村利道ほか『赤井谷地の自然』1996年、会津若松市教育委員会
  4. ^ 樫村利道ほか『赤井谷地とその周辺の自然』1997年、福島県教育委員会


「赤井谷地沼野植物群落」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤井谷地沼野植物群落」の関連用語

赤井谷地沼野植物群落のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤井谷地沼野植物群落のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤井谷地沼野植物群落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS