発想法とは?

Weblio 辞書 > 学問 > OR事典 > 発想法の意味・解説 

発想法

読み方はっそうほう
【英】:idea creation

概要

問題解決のための創造的な発想法としては, 水平思考, ブレーンストーミング, 親和図法, デルファイ法など, 様々な考え方提案されている. 個々の発想法は, 情報収集, 情報整理構造化, 意見集約集団意思決定などの点で機能に差があり, 利用場面異なる.

詳説

[発想法]

 問題解決のための創造的発想法 (idea creation)としては, 水平思考, ブレーンストーミング (brain storming), 要因関連図 (factor diagram), デルファイ法 (Delphi method)など, 様々な考え方提案されている. また最近では, アイディア・プロセッサ (idea processor)と言うカテゴリーパソコンソフト販売されており, これも発想法のツール一種である. 個々の発想法を比較すると,

1. 情報収集 (会議, 水平思考, ブレーン・ストーミングなど)
2. 情報整理, 構造化 (要因関連図, KJ法, デルファイ法, アイディア・プロセサッサなど)
3. 意見集約, 集団意思決定 (会議, デルファイ法など)など, 方法ごとにその狙い利用場面異なる.

[ブレーン・ストーミング]

 昔から「3人寄れば文殊の知恵と言うように, 集団発想するやり方のひとつにブレーン・ストーミング(brain storming)がある.

 まず第1段階では, 参加者会議形式で, ひとつのテーマ沿って思い思い発想を短い語句や簡単な文章で述べる. このとき, 他の参加者意見触発され, 自由に発想することが大切であるから, 参加者他人発想発言に対して, 決して賛否意見表明したり, 批評を行ってはいけない(ここがブレーン・ストーミング成功させるキーポイントである). 質問避ける方が望ましい. 発言者他人評価を気にしたり, 前置き言い訳などはもとより不要で, 自分発言根拠理由すら説明する必要がない. また, 1人発言者長々発言することも望ましくない.

 司会者は, 発言者が述べた語句文章参加者全員見えるように黒板などにランダム書き並べて行く. この際にも, 発言誘導したり, 司会者意図が表に出ないように, 語句文章間に恣意的な関連付けを行ってはいけない. 司会者は, 参加者全員がほぼ均等発言するように, 発言順序発言時間コントロールする. 発言がほぼ一巡したら, 再び最初に戻って順に発言促す. 発言者は, 特に新しく加えるべき発想がない場合は, パスをして次の発言者順番を回せばよい. このようにして何回かの反復繰り返し(2~3回が望ましい), 全員発想が出尽くしたら, 第1段階終了する.

 第2段階では, 黒板に書かれた語句文章カード書き写し, 適当に似たもの同士集めて, グループ分ける. このとき, 必要があれば詳しい説明理由などを発言者追加説明求める. 様々な角度から, 種々の適当な方法用いて, 各グループの関係を整理し, 優先順位階層関係を見出し, 解決策導き出す.

 ブレーン・ストーミングは, ごく少数で行っても, また逆にあまり大勢で行っても, 効果小さい. 参加者人数が多い場合には, 1班が7~8名程度になるようにグループ分けし, グループごとにブレーン・ストーミング行い, その結果持ち寄るようにするとよい.

[要因関連図]

 ある特定の結果と, その結果影響を及ぼす思われる根源的要因(原因)にまで遡り, それらの要因相互間と結果との間に成り立つ定性的因果関係表現したものが, 要因関連図(factor diagram)である. 要因関連図特性要因図呼ばれることの方が一般的であり, 図1に示すように樹木図で表わされる. 右手中央, 樹木図の根の部分結果配置し, 部分結果直接的影響する要因(1次要因)を配置する. その際に, より密接に結果に関係する要因根元に近いところに配置する. さらに, 1次要因から出る小枝当該要因原因となっている要因(2次要因)を配置する. 以下同様に, 直接的なものから間接的なものへと, 要因結果因果関係樹木図の形で表現したもの要因関連図である(図1参照). その形状から, 俗称として「魚の骨」と呼ばれることもある.

 要因関連図作成するときは, まず考えられる要因をすべて網羅し(これにはブレーン・ストーミングが役立つ), それらをグループ分けした後, 因果関係沿って系統的配置していくのが良い. 後から要因追加ようとすると, それまで作成した構造が狂ってしまう可能性がある.


図1: 要因関連図(商店の販売量)

図1: 要因関連図(商店販売量)



参考文献

[1] 近藤次郎, 『社会学のための数学入門数学モデル作り方―』, 東洋経済新報社, 1977.

[2] 近藤次郎, 『オペレーションズ・リサーチ』, 日科技連出版社, 1981.

[3] 近藤次郎, 『システム分析』, 丸善, 1983.


発想法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/25 05:23 UTC 版)

発想法(はっそうほう)とは、問題解決のための手法である。KJ法ブレーンストーミング(ブレスト)などがよく知られており、学校の講義や企業の研修などでもよく紹介される。


  1. ^ 「発想法」、『OR事典』 (日本オペレーションズ・リサーチ学会)http://www.weblio.jp/content/%E7%99%BA%E6%83%B3%E6%B3%952014年2月12日閲覧 


「発想法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「発想法」の関連用語

発想法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発想法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発想法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS