アコードとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > ホンダの車種 > アコードの意味・解説 

政策協定


アコード

アコード

主要諸元
    タイプ 24TL Type S 20EL 20A
駆動方式 FF FF 4WD FF 4WD
  2.4L DOHC i-VTEC 2.0L DOHC i-VTEC
  車名型式 ホンダ
ABA-CL9
ホンダ
DBA-CL7
ホンダ
ABA-CL8
ホンダ
DBA-CL7
ホンダ
ABA-CL8
  トランスミッション 電子制御5速オートマチックSマチック









全長(m) 4.665
全幅(m) 1.760
全高(m) 1.450 1.470 1.450 1.470
ホイールベース(m) 2.670 2.665 2.670 2.665
トレッド(m)前・後 1.515/1.515 1.510/
1.505
1.515/
1.515
1.510/
1.505
最低地上高(m) 0.150
車両重量kg   1,440 1,450 1,390
<1,400
1,460
<1,470
1,370 1,450
サイドエアバッグ装着 1,450 1,460 1,400
<1,410
1,470
<1,480
1,380 1,460
サンルーフ装着 1,470
乗車定員(名) 5
客室内寸法(m)長さ/幅/高さ 1.940/1.485/1.185(サンルーフ装着車1.135)



エンジン型式 K24A K20A
エンジン種類シリンダー数及び配置 水冷直列4気筒横置
機構 DOHC チェーン駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 2,354 1,998
内径×行程mm 87.0×99.0 86.0×86.0
圧縮比 10.5 9.8
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛プレミアムガソリン 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L) 65 60 65 60

最高出力kWPS]/rpm)* 147200]/6,800 114155
/6,000
112152
/6,000
114155
/6,000
112152
/6,000
最大トルクN・mkg・m]/rpm)* 232[23.7]/4,500 188[19.2]
/4,500
186[19.0]
/4,500
188[19.2]
/4,500
186[19.0]
/4,500
燃料消費率(km/L)10・15モード走行
国土交通省審査値)
12.0 13.8
<13.6
13.4
<13.2>
13.8 13.4
主要燃費向上対策 可変バルブタイミングロックアップ機構トルコン電動パワーステアリング
最小回転半径(m) 5.4 5.6 5.4








変速比 1速2.651/2速1.516/3速1.081/4速0.772/5速0.566/後退2.000
減速比 4.437 4.562
2.533 2.533
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 205/55R16
89V
225/45R17
90W
195/65R15 91H
<205/55R16 89V>
195/65R15
91H
ブレーキ種類形式(前/後) 油圧ベンチレーテッドディスク油圧ディスク
サスペンション方式 ダブルウイッシュボーン
5リンク・ダブルウイッシュボーン式
スタビライザー形式前・後 トーション・バー

■<>内はメーカーオプション16インチアルミホイール装着車。
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものです。
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。
燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
ACCORD、G-CON、HIDSIHCCINTER NAVI SYSTEMLKASPGM-FIプロスマテックVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。
製造事業者本田技研工業株式会社 

アコード

英語 Accord

アコードとは調和一致和解などを意味し、音楽用語としては和音を表す。ホンダ車として音楽用語をモデル名として付け最初ケースである。デビュー1976年5月。3ドアハッチバック車だった。エンジンは1.6L・SOHCCVCCで、最高出力80ps。4/5MTのほか、2速ATもあった。駆動方式FF

77年10月ノッチバック4ドアセダン追加発売。これにより2種のボディタイプがそろった。78年9月マイナーチェンジで、ハッチバック/セダンエンジンを1.6Lから1.8Lに換装同時にフロントグリルテールランプデザインを変えた。79年10月には両シリーズホンダマチックが、ODレンジの付いた3速ATになった。

80年5月マイナーチェンジエンジンCVCC-Ⅱ換装セダンヘッドランプを角型4灯に変更した。7月、1.6Lエンジン復活、1.8Lと2本立てになった。

81年9月フルモデルチェンジで2代目に進んだ。ボディタイプは3ドアハッチバックとセダンで変わらず、1.6Lと1.8Lのエンジン・バリエーションも変更なし。外観ではノーズが逆スラントになったのがユニークだった。ホンダのHマーク復活した。82年11月、ATのホンダマチックが4速フルオートになった。

83年6月マイナーチェンジエンジンを3バルブ化、逆スラントだったノーズが垂直になった。84年5月、1.8L・130psの電子制御燃料噴射PGM-FI搭載したiモデル新設した。既存の1.6/1.8Lエンジン搭載車は内外観を変え、新しい可倒式ドアミラー採用

85年6月フルモデルチェンジ、3代目スタイリングでは、リトラクタブルヘッドランプとなったことが注目点。実用車での採用初めて。エンジンは1.8Lと2Lになった。ハッチバックはロングルーフのワゴン風に変わり、エアロデッキと呼ぶようになった発売セダン6月、エアロデッキは7月からだった。

87年7月CAというモデル発売した。CAとはコンチネンタル・アコードの略で、リトラクタブルヘッドランプではない、異型ヘッドランプ付けたセダンタイプ車。エンジンは1.8Lと2Lの2種で、3グレードあった。

88年4月DOHC・2Lエンジン搭載CA追加。同じ月、アメリカクーペ(2L、左ハンドル車)の輸入販売開始した。

89年9月フルモデルチェンジ。4代目のボディタイプは4ドアセダンだけになり。寸法ひとまわり大きくなった。エンジンは1.8Lと2Lで、排気量変化はないが、内容大きく変わった。2LエンジンDOHCPGM-FISOHCPGM-FISOHCキャブレーター、そして1.8Lの4タイプ用意した。4WS機構採用したモデルでもあった。90年4月アメリカクーペフルモデルチェンジした。エンジンは2Lだった。

91年4月アメリカワゴン発売した。2.2Lエンジン搭載駆動方式FF92年2月には、クーペマイナーチェンジ、2.2Lエンジンを積むエクスクルーシブ追加した。

93年9月フルモデルチェンジ、5代目アメリカ強く意識した設計で、3ナンバー車となった。エンジンは1.8L・125ps、SOHC・2L・135ps、SOHCVTEC・2.2L・145ps、DOHCVTEC・2.2L・190psの4機種。190psはSiR専用だった。セダンのみ。

94年3月アメリカ新型アコードのワゴンクーペ発売エンジンは2.2Lタイプだった。11月からは、マイナーチェンジした95年モデル変わった

95年8月国内製のマイナーチェンジ全長を延ばしてトランク容量拡大フロント、リヤともデザイン新しくした。全グレードSRSエアバッグオプション設定一部車種リヤワイパー装備した。しかし、翌年7月には、全グレード運転席助手席SRSエアバッグ標準装備9月には、US製ワゴンも両席SRSエアバッグ標準化した。

97年9月フルモデルチェンジ、6代目となった。新型注目点は、再び5ナンバーサイズにもどったことだった。ワゴンそのとき国内生産切り換えた。ただしサイズ3ナンバーのまま。エンジンはすべて直4で、DOHC16バルブVTEC・2Lの200ps(MT車用、AT車用は180ps)、SOHC16バルブVTECの150ps(4WD用は148ps)、SOHC16バルブVTEC・1.8Lの140ps、LEV・2Lの145psなどがセダン用で、ワゴン向けとしてはSOHC16バルブVTEC・2.3Lの160ps(4WD用は158ps)を載せた。6代目初め4WD仕様設定した。名称はクリオ店用がアコード、プリモベルノ店用がトルネオとなった。ちなみにトルネオとは、TOURING(旅)とNEO(ギリシヤ語で新しいという意)という2語からの造語。新次元ロングドライブのために、磨かれたセダン新し走り提案する、ことからきている。

99年7月エンジン一部を低公害LEV変更2000年6月には、ユーロRを追加発売した。5速MTレカロシートなど、スポーツ心をかきたてるモデルだった。これでRの付くホンダ車は、インテグラシビック続いて3作目となった。ワゴンにはSiR4WDモデル設定

2001年5月マイナーチェンジ従来あったSiR・Sパッケージ代えて、よりスポーティSiRユーロパッケージを設定ワゴンオーディオMDチューナー代え一部車種内装ブラックにした。

2002年10月、7代目誕生セダンワゴン同時発表。両モデルともサイズアップした。セダン全長4665mm(+30mm)、全幅1760mm(+65mm)、全高1450mm(+304WD仕様は1470mm)となり、3ナンバーボディに逆戻り。もともと3ナンバーワゴン全長4750mm(+10mm)、全幅1760mm(+30mm)、全高1470mm(+25mm、4WD仕様は1490mm)と大型化。ホイールベースセダン2670mm、ワゴン2720mmで、これも6代め(2665mm)より延びた。エンジンセダンが2L・3タイプ(152ps、155ps、200ps)と2.4L・220psの4種、ワゴンは2.4L・3タイプ(160ps、190ps、200ps)を使い分けるミッションはすべて5速ATとの組み合わせSマチックと呼ぶシーケンシャルシフトで、MTのような操作も可能。駆動方式FFリアルタイム4WDがある。先進高機能装備として、高速道路で車線維持支援と車間・車制御を行うHDS(ホンダ・インテリジェント・ドライバーサポート・システム)や、音声認識ホンダDVDナビゲーションシステムを新採用。なお、セダンにはユーロRという、走り追求したモデル存在する。K20A型2Lエンジン排気側にVTEC技術組込みクロスレシオの6速MT装備レカロシートモモ製本巻きステアリングアルミシフトノブ/スポーツペダルなどの専用パーツが付く。外観エアロバンパーやハニカムメッシュタイプのフロントグリル17インチアルミホイールなどで差別化をはかる

アコード

アコード_2

アコード_3

アコード_4

アコード_5

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アコード

名前 Acord

ホンダ・アコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/20 03:49 UTC 版)

(アコード から転送)

アコード(Accord)は、本田技研工業が生産、販売している中型乗用車である。 かつてはミドルクラスに位置していたが、シビックのミドルクラスへの移行とインスパイアの生産終了に伴い、アッパーミドルクラスへと移行している。




  1. ^ 田口英治『ホンダF1設計者の現場』二玄社 2009年3月25日 95ページ
  2. ^ 同上 96ページ
  3. ^ アメリカ輸出仕様は営業上の都合から、汎用品を他社購買してフルATを採用するモデルを用意していたが、日本国内仕様は自社開発の半自動式であった。
  4. ^ Honda社史・50年史、カーナビゲーション (PDF)
  5. ^ 名称としては「ホンダマチック4速フルオート」を名乗り「ホンダマチック」の名を残していた。
  6. ^ 当時、ホンダは4輪ABSのことを「4w A.L.B.」と称していた。
  7. ^ Honda Collection Hall:コレクションサーチ - ホンダ アコード SiR(レース仕様車)
  8. ^ インテリジェントハイウェイクルーズコントロールレーンキープアシストシステムによるドライバー支援装置
  9. ^ 创领新市场 东风Honda思铂睿超凡诞生” (中国語). 東風本田汽車 (2009年7月27日). 2013年7月26日閲覧。
  10. ^ 2008年 年末社長会見 骨子
  11. ^ ホンダが新型アコードハイブリッドを6月に国内発売予定 ! PHVも登場 !Clicccar 2013年3月17日(2013年4月8日 閲覧)
  12. ^ 圧倒的な低燃費30.0km/Lを実現した新型上級セダン「アコード ハイブリッド」をホームページで先行公開 Honda 2013年5月31日(2013年6月1日閲覧)
  13. ^ 新型上級セダン「アコード ハイブリッド」「アコード プラグイン ハイブリッド」を発売 ~圧倒的な低燃費と、新次元の運転感覚を具現化~ ・「アコード ハイブリッド」の燃費30.0km/L ・「アコード プラグイン ハイブリッド」の燃費70.4km/L Honda 2013年6月20日
  14. ^ ナイジェリアで四輪車の生産を開始”. 本田技研工業 (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  15. ^ 领航时代,创世9代 - 第九代雅阁王者驾临,售价20.68万-29.88万” (中国語). 広汽本田汽車 (2013年9月12日). 2015年1月14日閲覧。
  16. ^ http://www.honda.co.jp/news/2012/4120906b.html
  17. ^ http://www.hondanews.com/channels/honda-automobiles-accord/releases/2013-honda-accord-powertrain
  18. ^ 2016 Honda Accord Press Kit - Vehicle Overview - Accord - Honda News 2015-10-17閲覧
  19. ^ アコードとして|アコード ハイブリッド - Honda公式サイト







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アコードに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アコード」の関連用語

アコードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツイン

フランジ

ストレーク

フロン回収破壊法

モナコ

アイドル安定性

セリカ

PAネロ


自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



アコードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホンダ・アコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS