大森政輔 研究

大森政輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/25 23:01 UTC 版)

研究

ライフワークとして民法身分法戸籍法研究に取り組んでおり[2][8]民法学者としての顔も持つ。身分法、戸籍法を研究するようになったのは、最高裁判所家庭局付判事補として家事事件を担当したことがきっかけである[8]。その後、法務省民事局に出向した際には、戸籍を所管する第二課の課長も務めている[8]。また、早稲田大学法学部では客員教授として教鞭を執っていた[6]

人物

大学の志望理由
滝川事件に感銘を受け[2]、「学問の自由のために戦った伝統にあこがれ」[2]たため、京都大学を志望した[2]
希望進路
司法修習生の頃は、法曹三者の中でも弁護士か裁判官かで迷い[2]、最終的に裁判官を志望した[2]。しかし、法務省への出向を経て内閣法制局に再出向することになり「若き時代の志とはかけ離れた人生を歩むことになってしまった」[2]と述懐している。しかし「霞ヶ関永田町との交際を通じて視野も広がり、思考も柔軟となった」[2]と述べるなど肯定的に捉えており、「人生に悔いは残らない」[2]としている。

略歴

栄典




  1. ^ a b c 「内閣法制局長官」『内閣法制局長官内閣官房内閣広報室
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「プロフィール」『内閣法制局長官内閣官房内閣広報室
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「経歴」『内閣法制局長官内閣官房内閣広報室
  4. ^ a b 「第82代第一次橋本内閣」『第一次橋本内閣内閣官房内閣広報室
  5. ^ a b 「小渕内閣第1次改造内閣」『小渕内閣内閣官房内閣広報室
  6. ^ a b c d e f g h i 「経歴」『八重洲法律事務所』八重洲法律事務所。
  7. ^ 「大森政輔(おおもりまさすけ)委員」『各委員及び顧問のご紹介|国家公安委員会Webサイト国家公安委員会
  8. ^ a b c d e f g h 「第156回国会――法務委員会――第33号」『衆議院会議録情報 第156回国会 法務委員会 第33号国立国会図書館2003年7月18日


「大森政輔」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大森政輔」の関連用語

大森政輔のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大森政輔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大森政輔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS