キネトスコープ 映画撮影と公開

キネトスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 22:02 UTC 版)

映画撮影と公開

商業利用に向けた準備

ブラック・マリアの外観。

1892年12月、エジソンは研究所内にディクソンが設計したブラック・マリア英語版という映画スタジオの建設を始めた。ブラック・マリアは世界初の映画撮影専用のスタジオであり、その名前は建物全体が黒いタール紙に覆われており、それが囚人護送車に似ていたことにちなんでいる。建物は長方形の箱型で、撮影に必要な太陽光を取り入れるため、太陽の位置に合わせて回転することができた。1893年2月にブラック・マリアが完成し、4月までにディクソンとハイスにより最初の商業用映画『鍛冶屋の場面英語版』が撮影された。ブラック・マリアはその後数年間、エジソンの映画撮影の中心となった[47]

フレッド・オットのくしゃみ』(1894年)はアメリカ議会図書館に著作権登録された現存最古の映画である[48]

キネトスコープの最初の公式実演は、1893年5月9日にブルックリン芸術科学協会の物理学部門の月例集会で行われた[49]。この時に上映されたのは『鍛冶屋の場面』で、400人以上の参加者が順番にキネトスコープを覗き込み、全員が見終わるまで数時間かかった[50]。6月にエジソンは機械工のジェームズ・イーガンに25台のキネトスコープを発注し、商業利用に向けて準備を進めた[51]。エジソンは同年夏にシカゴ万国博覧会でキネトスコープを発表する計画を立てていたが、ディクソンが病気休養となり、発注品の準備も間に合わなかったため、出品されることはなかった[50][52][53]

1894年1月上旬、ブラック・マリアで『フレッド・オットのくしゃみ』が撮影された。この作品は商業用ではなく、ハーパーズ・ウィークリー誌に掲載される記事の図版用として宣伝目的で作られた[50]。3月からディクソンとハイスは商業用作品の撮影を始めた。3月6日には世界的なボディビルダーのユージン・サンドウが研究所を訪問し、ブラック・マリアでサンドウがポーズをとる姿を写した『Sandow』が撮影された[54]。サンドウに続き、3月10日から16日の間にはスペイン人ダンサーのカルメンシータ英語版がダンスをする姿が撮影された。カルメンシータはキネトグラフの前に立った最初の女性で、なおかつアメリカで映画に出演した最初の女性と考えられている[40][55]。さらに4月までに女性曲芸師エナ・ベルトルディのパフォーマンス、闘鶏、理髪店の再現場面など、主に男性観客向けの内容のフィルムが撮影された[56]

キネトスコープの一般公開

サンフランシスコのキネトスコープ・パーラーの店内(1894~1895年頃)。

1894年4月、エジソンはキネトスコープの事業を研究所からエジソン製造会社英語版(以下エジソン社)に移した。それまでのキネトスコープとキネトグラフの開発費は、ブラック・マリアの建設費を含めて2万4000ドル以上にのぼった[57]。4月14日、ニューヨークブロードウェイ1115番地にホランド兄弟が所有する「キネトスコープ・パーラー」の1号店が開店した[58]。店内には最初に製造したキネトスコープ25台のうち10台が設置され、それぞれ異なる作品が上映された。観客は25セントを払うことで5台のキネトスコープを覗き見ることができた[54]。興行を取り仕切ったアルフレッド・O・テートによると、4月16日に開く予定だったが、準備を終えた14日にはエジソンの新発明を見ようと人だかりができていて、その夜の夕食代を稼ごうと一足早く開店し、深夜まで客が途絶えることがなかったという[59]

同年5月17日、シカゴフリーメイソンの集会所にホランド兄弟が運営するキネトスコープ・パーラーの2号店が開かれ、10台のキネトスコープが設置された[58][60]。6月1日にはサンフランシスコにもキネトスコープ・パーラーが開店した[61]。エジソンはキネトスコープとフィルムの販売を市場化するため、ノーマン・ラフとフランク・ガモンが経営するキネトスコープ社英語版にアメリカとカナダでの独占販売権を与えた[62][63]。キネトスコープ社や他の販売業者は、エジソン社から200ドルまたは250ドルでキネトスコープを購入し、それを自社が所有するキネトスコープ・パーラーに設置するか、他の興行者たちに350ドルで再販した[60][62][64]。フィルムは1本あたり10ドルで販売された[64]1895年2月までにキネトスコープとフィルムの販売額は18万ドルを計上し、エジソン社は8万9000ドルの利益を得た[62]

キネトスコープ映画

Annie Oakley』(1894年)は、アニー・オークレイの早撃ちを撮影した作品である。

1894年の夏から秋にかけて、エジソン社は需要が増えたキネトスコープの上映用作品を撮影するため、ブラック・マリアに多くの有名な芸人やダンサーを招いた[65]。映画史家のジョルジュ・サドゥールフランス語版によると、エジソンは蓄音機の蝋管を売り出した時に、有力芸人が出演した録音ほど売れたことから、キネトスコープ映画にも芸人たちを起用したという[66]岩本憲児によると、キネトスコープ映画の題材は観客の強い関心や好奇心を引き付けるものでなければならないため、アクロバットやダンスなどの訓練された身体技術を見世物とする芸人や達人たちが撮影されたという[67]。しかし、キネトグラフは大型で重量があり、持ち運びに不便なためブラック・マリアの中に固定され、屋外で撮影されることはほとんどなかった。また、太陽光を取り入れる必要があるため、黒い背景の前で撮影されることが多かった[60]

この時期にエジソン社が撮影したものに、ジュアン・カイセドの綱渡り、ルイス・マルティネッティのつり輪バーナム・アンド・ベイリー・サーカスの異国のダンス、グレンロイ兄弟のバーレスク、黒人のケークウォークなどがある[65][66][68]。その中には日本の芸妓の手踊りを撮影した作品も存在する[注 7]バッファロー・ビルワイルド・ウエスト・ショー英語版の座員も出演しており、アニー・オークレイの射撃、スー族インディアンのゴースト・ダンスなどが撮影された[66][71]アナベル・ムーアが蛇や蝶のダンスをする映画は特に人気があり、1897年までに彼女のダンス映画が何度も撮影された[65]。こうした芸やダンスを撮影した作品だけでなく、酒場や火事現場などの風景を再現した作品、ブロードウェイミュージカルMilk White Flag』のハイライトを撮影した作品、『Robetta and Doretto, [no. 2]』のようなコミカルなシチュエーションを持つ作品も存在する[66][72][73]

レイサム兄弟のボクシング映画

1894年6月に撮影されたレナード対カッシングのボクシング試合。キネトグラフで記録された1分間の各ラウンドの映像は、22.50ドルで興行者に提供された[74]

1894年夏にグレイ・レイサムとオトウェイ・レイサムの兄弟は、同級生のイノック・J・レクター英語版とサミュエル・J・ティルデンとともにキネトスコープ公開会社(Kinetoscope Exhibition Company)を設立し、エジソン社の認可を受けてボクシングの映画をキネトスコープで上映した[75][76]。従来のキネトスコープは約50フィートの長さのフィルムしか入らず、毎秒40フレームで上映時間が20秒しかなかったため、長いボクシングの試合を上映することができなかった。そのためレクターの要請により、研究所は150フィートのフィルムが入る大容量のキネトスコープを製造し、上映時間を1分近くにまで増やすことに成功した[75][77]。6月14日、ブラック・マリアでマイケル・レナード対ジャック・カッシングのボクシング試合を6ラウンド分撮影したが、1ラウンドの時間はフィルムの最大容量に相当する1分間に短縮され、試合はあらかじめ成り行きが決められていた[74][75][78]

8月、レイサム兄弟はニューヨークのナッソー・ストリート83番地にボクシング映画専門のキネトスコープ・パーラーを開店し、店内に6台の大容量のキネトスコープを設置してレナード対カッシングの試合を上映した[75][76]。1台のキネトスコープで1ラウンドの試合を見ることができたが、そのために10セントを支払う必要があり、全試合を見るには60セントも支払わなければならなかった[40]。それでもアメリカ人のボクシング熱が高いこともあり映画は成功を収め、行列を整理するために警察を呼ばなければならないほどだった[75]。続いてレイサム兄弟はヘビー級王者のジェームス・J・コーベットと契約を結び、9月7日にブラック・マリアでコーベット対ピーター・コートニーの試合を6ラウンド分撮影した。試合は第6ラウンドでコーベットがノックアウトするように取り決められ、コーベットには5000ドルのギャラが支払われた[79]

ヨーロッパでの公開と模造品

1894年10月17日にロンドンで最初のキネトスコープ・パーラーが開店したことを発表する広告。

1894年、フランク・マグワイアとジョゼフ・ボーカスが経営する大陸通商社(Continental Commerce Company)は、ヨーロッパにおけるキネトスコープとフィルムの販売代理店となり、10月17日にロンドンオックスフォード・ストリート70番地にキネトスコープ・パーラーを開設した[62][80]。同月にはパリのポワソニエール大通り20番地に、ヴェルネル兄弟フランス語版が運営するキネトスコープ・パーラーが開店した[81]。続いて、12月にコペンハーゲンアムステルダム1895年2月にストックホルム、3月にリスボンベルリンでキネトスコープが上映された[61]。しかし、エジソンはキネトスコープの国際特許を申請していなかったため、ヨーロッパではヴェルネル兄弟を含む数人の発明家により、キネトスコープの模造品が作られた[81][82]

ロンドンの光学器械製造業者のロバート・W・ポールは、1894年にギリシャ人興行師のゲオルギ・ゲオルギアデスとゲオルギ・トライェディスの依頼を受けて、廉価なキネトスコープの模造品を製造した[83][84]。それを知ったエジソン社は上映用作品の提供を拒否し、打撃を受けたゲオルギアデスとトライェディスはポールに新作映画を作るように頼んだ[83]。ポールは写真家のバート・エイカーズ英語版と組んで、1895年にポール=エイカーズ・カメラを開発し、エイカーズが『The Derby』『Rough Sea at Dover』などのキネトスコープ用作品を撮影した[84]。これらの作品はイギリスで作られた最初の商業用映画の一つである[84]

フランスの蓄音機販売業者のシャルル・パテフランス語版は、1895年3月にロンドンでポールが製造したキネトスコープの模造品を手に入れ、ヴァンセンヌの店で興行師向けに販売した[85]。しかし、キネトスコープは1台に1人しか見れないため商売にならないうえに、パテの元にはフィルムが数本しかなく、すぐに観客に飽きられてしまった。キネトスコープを興行に利用しようとパテの店を訪れたアンリ・ジョリフランス語版は、そのことを知るとパテに映画用カメラを作ることを申し出た。パテは必要な資金を調達し、同年8月26日にジョリはキネトスコープと映写機の両方に対応したカメラの特許を申請した。ジョリはこのカメラでキネトスコープ用作品を撮影した。これと並行してパテとジョリは、一度に4人が覗き見ることができる大型キネトスコープのフォトゾーイトロープを組み立て、11月8日に特許を申請したが、成功を収めることはなかった[85][86]


注釈

  1. ^ 研究家のゴードン・ヘンドリックスによると、シャッターはレンズとフィルムの間に付いていたという[7]
  2. ^ 特許保護願は、将来特許を申請する発明について事前に通知する法的文書のことである[14]
  3. ^ 被写体の従業員について、1889年6月説ではフレッド・オット英語版[19]、1890年11月説ではG・サッコ・アルバニーズフランス語版とされている[20]
  4. ^ エジソンのパリ出発の日付について、映画史家のデヴィッド・ロビンソンは8月2日[21]、ゴードン・ヘンドリックスは8月3日としている[22]
  5. ^ ディクソンによると、それまではカーバットから供給されたセルロイドシートをストリップ状に切断して使用していたが、カーバットのシートは重くて硬い素材だったためストリップ式には向かなかったという[28][18]。イーストマンによると、フィルムの発売直前の8月24日にディクソンに一巻のロール・フィルムを送ったという[28]
  6. ^ 1896年にエジソンが映写機のヴァイタスコープを販売すると、ブレア・カメラ社のフィルムが映写に適していないことが分かり、フィルムの供給先をイーストマン社に切り替えている[43]
  7. ^ この作品の原題は『インペリアル・ジャパニーズ・ダンス』で、1894年10月から11月に撮影された[67]。被写体である芸妓の正体について、映画史家の田中純一郎は、1893年のシカゴ万博に日本から出店した茶店の接待係として派遣された祇園の芸妓であるとしている[69]。一方、岩本憲児は、関西の舞妓という触れ込みでシカゴ万博で踊るために派遣され、アメリカの劇場で『ミカド』に出演した日本人であるとしている[70]
  8. ^ 映画史家の田中純一郎によると、ニーテスコップの呼称は「Kinetoscope」の頭文字”K”をサイレントと誤読して発音したものだという[105]
  9. ^ 岩本は、それぞれの作品の原題について、『西洋人スペンサー銃ヲ以テ射撃ノ図』は『Buffalo Bill』、『同 縄使用別ケノ図』は『Vincente Ore Passo』、『同旅館ニテトランプ遊戯ノ図』は不明、『京都祇園新地芸妓三人晒布舞ノ図』は『Imperial Japanese Dance(インペリアル・ジャパニーズ・ダンス)』、『悪徒死刑ノ図』は『The Execution of Mary, Queen of Scots(メアリー女王の処刑)』と推測している[108]
  10. ^ 岩本は、『米国都府ニ於テ馬車ト自転車競走ノ図』の原題は『Parade of Bicyclists at Brooklyn, New York』と推測している[108]

出典

  1. ^ Musser 1994, pp. 62-63.
  2. ^ a b c d Robinson 1997, p. 34.
  3. ^ a b c マッサー 2015, p. 23.
  4. ^ a b c d サドゥール 1992, pp. 203-205.
  5. ^ a b c 藤田 2014, pp. 3, 67.
  6. ^ a b 藤田 2014, p. 160.
  7. ^ Hendricks 1966, p. 14.
  8. ^ 山口康男『日本のアニメ全史 世界を制した日本アニメの奇跡』テン・ブックス、2004年5月、21頁。
  9. ^ Hendricks 1966, pp. 6-8.
  10. ^ Features” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月17日閲覧。
  11. ^ 『メディア技術史 デジタル社会の系譜と行方』飯田豊編、北樹出版、2017年4月、48頁。
  12. ^ a b マッサー 2015, pp. 15-16.
  13. ^ 藤田 2014, pp. 21-22.
  14. ^ a b c d e f g h i j マッサー 2015, pp. 17-19.
  15. ^ 藤田 2014, pp. 39-41.
  16. ^ Spehr 2008, p. 91.
  17. ^ Origins of Motion Pictures” (英語). Library of Congress. 2020年11月18日閲覧。
  18. ^ a b Spehr 2008, p. 138.
  19. ^ Spehr 2008, p. 151.
  20. ^ Musser 1997, pp. 71-72.
  21. ^ Robinson 1997, p. 27.
  22. ^ Hendricks 1961, p. 48.
  23. ^ 藤田 2014, pp. 63-66.
  24. ^ Musser 1994, p. 66.
  25. ^ Robinson 1997, p. 28.
  26. ^ Hendricks 1961, p. 171.
  27. ^ 藤田 2014, pp. 94-107.
  28. ^ a b 藤田 2014, pp. 116-123.
  29. ^ マッサー 2015, pp. 19, 22.
  30. ^ a b c 藤田純一「訳者解説1 映画の始まりと表現様式の変化」(マッサー 2015, pp. 208-209)
  31. ^ a b c d マッサー 2015, p. 22.
  32. ^ サドゥール 1992, p. 202.
  33. ^ 藤田 2014, pp. 155-157.
  34. ^ Development of the motionpicture camera”. Film Reference. 2020年11月18日閲覧。
  35. ^ Robinson 1997, p. 31.
  36. ^ マッサー 2015, pp. 13-14.
  37. ^ Robertson, Patrick (2001). Film Facts. Billboard Books. p. 5 
  38. ^ Musser 1994, pp. 72-74.
  39. ^ Spehr 2008, p. 257.
  40. ^ a b c d e Film History Milestones - Pre-1900s” (英語). filmsite.org. 2020年11月15日閲覧。
  41. ^ 石原香絵『日本におけるフィルムアーカイブ活動史』美学出版、2018年3月、51-52頁。
  42. ^ Rossell, Deac. “Thomas Henry Blair” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月7日閲覧。
  43. ^ a b c マッサー 2015, pp. 41-42.
  44. ^ 藤田 2014, pp. 171-172.
  45. ^ a b c 藤田 2014, pp. 164-167.
  46. ^ a b Spehr 2008, pp. 225-227.
  47. ^ マッサー 2015, pp. 23, 25-26.
  48. ^ Edison kinetoscopic record of a sneeze / taken & copyrighted by W.K.-L. Dickson, Orange, N.J.” (英語). Library of Congress. 2020年11月10日閲覧。
  49. ^ “First Public Exhibition of Edison’s Kinetograph”. Scientific American: p. 310. (1893年5月20日) 
  50. ^ a b c マッサー 2015, pp. 28-29.
  51. ^ 藤田 2014, p. 172.
  52. ^ 岩本 2011, p. 27.
  53. ^ Hendricks 1966, pp. 28-33.
  54. ^ a b マッサー 2015, p. 30.
  55. ^ Carmencita” (英語). Library of Congress. 2020年11月8日閲覧。
  56. ^ Robinson 1997, p. 43.
  57. ^ Musser 1994, p. 75.
  58. ^ a b McKernan, Luke. “Holland brothers” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月8日閲覧。
  59. ^ Tate, Alfred O. (1938). Edison’s Open Door. New York: E. P. Dutton & Co., Inc. pp. 285-287 
  60. ^ a b c サドゥール 1992, pp. 208, 211-212.
  61. ^ a b A CHRONOLOGY OF THE WORLD'S FILM PRODUCTIONS AND FILM SHOWS BEFORE MAY 1896” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月11日閲覧。
  62. ^ a b c d マッサー 2015, p. 33.
  63. ^ Herbert, Stephen. “Norman C. Raff and Frank R. Gammon” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月8日閲覧。
  64. ^ a b Hendricks 1966, pp. 13, 56, 59.
  65. ^ a b c マッサー 2015, pp. 31-32.
  66. ^ a b c d サドゥール 1993, pp. 50-51, 62-63.
  67. ^ a b 岩本 2011, pp. 16-17.
  68. ^ Spehr 2008, p. 343.
  69. ^ 田中 1975, pp. 34-35.
  70. ^ 岩本 2011, pp. 19-20.
  71. ^ Spehr 2008, p. 342.
  72. ^ Band drill” (英語). Library of Congress. 2020年11月10日閲覧。
  73. ^ Robetta and Doretto, [no. 2]” (英語). Library of Congress. 2020年11月10日閲覧。
  74. ^ a b Leonard-Cushing fight” (英語). Library of Congress. 2020年11月8日閲覧。
  75. ^ a b c d e f サドゥール 1992, pp. 247-249.
  76. ^ a b Herbert, Stephen. “Major Woodville Latham, Grey Latham and Otway Latham” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月8日閲覧。
  77. ^ FROM THE MAGIC LANTERN TO THE PROJECTED MOTION PICTURE” (英語). AN ILLUSTRATED HISTORY OF THE EARLY CINEMA. 2020年11月9日閲覧。
  78. ^ Musser 1994, pp. 82-83.
  79. ^ McKernan, Luke. “James J. Corbet” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月9日閲覧。
  80. ^ Gray, Frank. “Maguire & Baucus” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月10日閲覧。
  81. ^ a b Herbert, Stephen. “Alexis, Michel and Eugène Werner” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月10日閲覧。
  82. ^ Robinson 1997, p. 50.
  83. ^ a b サドゥール 1992, p. 263.
  84. ^ a b c Barnes, John. “Robert William Paul” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月11日閲覧。
  85. ^ a b Mannoni, Laurent. “Henri Joly” (英語). Who's Who of Victorian Cinema. 2020年11月12日閲覧。
  86. ^ 岡田晋『映画の誕生物語 パリ・1900年』美術出版社、1980年9月、134-135頁。
  87. ^ a b c d e マッサー 2015, pp. 34-35.
  88. ^ a b c サドゥール 1992, pp. 214-215.
  89. ^ Ramsaye 1986, ch. 9. 引用文の訳はサドゥール 1992, pp. 214-215に基づく
  90. ^ Robinson 1997, pp. 53-55.
  91. ^ Musser 1997, p. 194.
  92. ^ Musser 1994, p. 84.
  93. ^ Ramsaye 1986, ch. 9-10.
  94. ^ Musser 1994, pp. 92-93.
  95. ^ a b サドゥール 1993, pp. 121-124.
  96. ^ サドゥール 1992, pp. 255-257.
  97. ^ a b マッサー 2015, pp. 36-37.
  98. ^ サドゥール 1993, pp. 164-165.
  99. ^ Edison Motion Picture Equipment Chronology” (英語). 2006年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  100. ^ a b c d e f マッサー 2015, pp. 76-78.
  101. ^ The Henry Ford: Pic of the Month—November 1999” (英語). The Henry Ford. 2007年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月15日閲覧。
  102. ^ 塚田 1981, pp. 65-66.
  103. ^ 塚田 1981, pp. 30, 318.
  104. ^ 塚田 1981, pp. 33, 317.
  105. ^ 田中 1975, pp. 36-37.
  106. ^ a b 塚田 1981, pp. 35-37.
  107. ^ 映画(明治29年)▷日本初の映画上映(覗き穴式、キネトスコープ、11/25~12/1)”. ジャパンアーカイブズ. 2020年12月2日閲覧。
  108. ^ a b 岩本 2011, pp. 24-26.
  109. ^ a b 塚田 1981, pp. 67, 79-80.
  110. ^ 塚田 1981, p. 39.
  111. ^ 片岡一郎『活動写真弁史』共和国、2020年10月、35頁。
  112. ^ 「関西映画落穂集2」『映画史料』第九集、1963年5月15日。塚田 1981, pp. 76-77に引用。
  113. ^ a b 塚田 1981, pp. 48-50, 59.
  114. ^ 塚田 1981, p. 55.
  115. ^ Dickson Experimental Sound Film” (英語). Internet Archive. 2020年11月13日閲覧。
  116. ^ Dixon, Wheeler Winston (2003). Straight: Constructions of Heterosexuality in the Cinema. State University of New York Press. p. 53 
  117. ^ Robinson 1997, p. 51.
  118. ^ Musser 1994, p. 87.
  119. ^ Hendricks 1966, pp. 124-125.
  120. ^ Altman 2004, pp. 81-83.
  121. ^ Gomery 2005, pp. 27-28.
  122. ^ Gomery 2005, pp. 28-29.
  123. ^ Altman 2004, pp. 175-178.
  124. ^ 大傍 2011, p. 338.
  125. ^ a b 田中 1975, pp. 211-213.
  126. ^ 大傍 2011, pp. 341-343.
  127. ^ 大傍 2011, pp. 344, 346.





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キネトスコープ」の関連用語

キネトスコープのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キネトスコープのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキネトスコープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS