イスラエルの失われた10支族 古代イスラエルの失われた10支族

イスラエルの失われた10支族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/04 01:14 UTC 版)

古代イスラエルの失われた10支族

失われた10支族とは、古代イスラエル12部族のうちユダヤ民族の直系の祖のユダ族ベニヤミン族レビ族[21]を除いたものをいう。南王国ユダの2支族とはユダ族ベニヤミン族で、これにレビ族を加えた3部族がユダヤ民族の直系の祖となったとされる。実際には南王国には2部族でなく3部族が存在したわけだが、上記の通りレビ族は数えないのが慣例であるため「2部族」と呼び習わしている。

ただし『歴代誌』によるとバビロン捕囚から帰還の時点でエフライムやマナッセの各部族は残存しており、エルサレムに住み着いたという[22]。彼らの系譜は書かれていないが、同書の下巻にユダがアサ王統治下の頃、「ユダベニヤミンのすべて、および彼らとともに住んでいたエフライムマナセシメオンの人々」というくだりがあるので、この頃にはすでにユダに上記の2部族とシメオン族もいたということになる。[23]なお、バビロン捕囚から帰還後は、多数派のユダ族と祭司としての役目を任されたレビ族以外は各部族としてのアイデンティティを失い、ユダ族に同化されたらしく、これ以後は「ユダヤ人」、「レビ人」という言い方は残っているが他の部族の呼称が出てこなくなる。

なお、『列王記』では南北分裂のきっかけになったとされる預言者アヒヤの「あなた(ヤロブアム)に10部族を与えよう。彼は(中略)1つの部族をもつであろう[24]。」「その10部族をあなた(ヤロブアム)に与える。その子には1つの部族を与えて[25]」という説明や、同書の第12章第20行でも「ユダの部族のほかはダビデの家に従う者がなかった」という説明のくだりから、そもそも分裂は「10と2」ではなく「10と1」であったことが分かる。




  1. ^ 聖書学では「支族」はあまり使われないが誤りではなく[要出典]、一方「部族」と「氏族」は聖書学では区別された定訳であり、氏族は部族の中の小単位で、氏族が集まって部族を構成している。
  2. ^ 『列王記』上12章、『歴代誌』下10章。
  3. ^ なお、像の形状は異なるが『出エジプト記』37:7-9にもモーセの時代は黄金像を聖所の中枢部左右に置いた記述がある。
  4. ^ ただし、虜囚の拉致連行はかなりの長期間の間に数度にわたって領土を奪われる度に段階的に行われた。最後の前722年の捕囚の段階では北王国は首都サマリアとその周辺をわずかにたもつだけの事実上の都市国家に転落した。
  5. ^ 指導者の一部を連行によって失い、アッシリアの支配下に置かれても、彼らの部族としての文化や一体感に打撃を与えることはなかったともされる。
  6. ^ ただし、異民族との混血は王国時代のユダヤ人(南王国人)も同じである。
  7. ^ 例として『ネヘミヤ記』13:23-25にて、異邦人との混血の子の半分がユダヤの言葉が分からないことを嘆き、異民族との婚姻をタブーとする話がある。
  8. ^ 聖書の一部も原資料はこの頃に書かれたと考えられている。
  9. ^ ただし、ペルシアからイスラエルに帰還した人々が多数だったのか、ごく一部が帰還しただけで信仰の自由が保証されたペルシアに留まった者が多かったのか、そもそも虜囚とされずイスラエルに居続けた人々と帰還組との人口比率はどうだったのか等は、聖書学者によって様々な見解がある。
  10. ^ 聖書の一部にはペルシアの宗教であるゾロアスター教の影響がみられるが、それはその原資料の一部がこの頃にかかれたものが含まれるためである。
  11. ^ サマリア人への差別意識は西暦1世紀ごろにローマ帝国支配下になっても残っており、1世紀後半に書かれた新約聖書の各福音書やフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代史』にも見られる。
  12. ^ 異民族のうちエドム人とエジプト人は『申命記』23:7に「3代目からは主の会衆に加えてよい」と明記されていたため、エドム人の同化は前述の『ネヘミヤ記』や『エズラ記』の厳しい態度とは矛盾しない。
  13. ^ 詳しくはフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ戦記』の第1 - 2巻に詳しく載っている。
  14. ^ このユダヤ属州には、かつての旧北王国の本土にあたるサマリアが含まれたが、さらに北部のガリラヤは含まれず(ハスモン朝やヘロデ王時代の領土には含まれる)、東部のギレアドもそのほとんどが含まれなかった。
  15. ^ 例として『民数記』第2章の宿営の規則では13の部族すべての名前が出てくる。
  16. ^ 『民数記』1:44-47
  17. ^ 『申命記』27:12-13。列挙順はシメオン・レビ・ユダ・イッサカル・ヨセフ・ベニヤミン・ルベン・ガド・アセル・ゼブルン・ダン・ナフタリ。
  18. ^ 『申命記』第33章。列挙順はルベン・ユダ・レビ・ベニヤミン・ヨセフ(エフライムマナセ)・ゼブルン・イッサカル・ガド・ダン・ナフタリ・アセル(ヨセフはひとまとめだが、その中でエフライムとマナセの名が出てくる)。
  19. ^ 例として『ヨシュア記』に「モラダ、ハザル・シュアル、ベエルシバ、エルトラデ、ホルマ、チクラグ、エゼム、アイン、リンモン、エテル、アシャン。」の町が第15章ではユダ族、第19章ではシメオン族の領地と書かれているなど。
  20. ^ 『ヨハネの黙示録』7:4-8。列挙順はユダ・ルベン・ガド・アセル・ナフタリ・マナセ・シメオン・レビ・イッサカル・ゼブルン・ヨセフ・ベニヤミン。
  21. ^ 以上3部族は『歴代誌』下11:13でユダ王のレハブアムに味方したと明記。
  22. ^ 『歴代誌』上9:3
  23. ^ 『歴代誌』下15:9
  24. ^ 『列王記』上11:31-32
  25. ^ 『列王記』上11:35-36
  26. ^ 後に遊牧性を利用して、さらに東アジアへ向かったと言う説もあり、後述の「日ユ同祖論」と繋げる説もある。またスキタイ人と同様の遊牧民であるカザール族(トルコ系の遊牧民)は10部族の連合体であった(10部族の連合体という形をとるのは多くの遊牧民に一般的な風習であり特別なことではない)が、そのうちの3部族は、ルベン族マナセ族ガド族の末裔だったという。
  27. ^ 一説では古代にエチオピアからジンバブエを通過して南アフリカにいった一派もあり南アフリカのレンバ族はレビ族の末裔という。
  28. ^ ただし、日本人の全部または主流の祖先が古代イスラエル人の失われた10支族だったという説ではなく、日本に渡来した多くの帰化氏族の中には、古代イスラエル人の失われた10支族もいたのではないかという説。しかし現代では後述の「日ユ同祖論」の一部に利用されるのが常である。
  29. ^ [1] キリストが磔にあったのち、救い出されカシミールに逃れて100歳以上まで暮らしたという伝説がある。
  30. ^ 日本に渡った10支族は朝鮮半島を経由した折りに、ダン族などの一部支族が定住したと言うものである。
  31. ^ 上述のように秦氏がユダヤ人ではないかという説があるが、ダビデの星などのマークが日本古来の籠目紋や麻の葉紋と似ていることなどをその根拠に、秦氏に限らず日本人の民族や文化の主流総体としてユダヤ人及び10部族と結びつける説。秦氏については、秦氏がそのものが主題ではなく、秦氏は日ユ同祖論という議論を補強するための一部として位置付けられる。小谷部全一郎は「帝(みかど)」という日本語は古代ヘブライ語ガド族の王と云う意味(ミ・ガド)であるとしたが、酒井勝軍はこれに反論して皇室の祖先はエフライム族であるとした。


「イスラエルの失われた10支族」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イスラエルの失われた10支族」の関連用語

イスラエルの失われた10支族のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イスラエルの失われた10支族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイスラエルの失われた10支族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS