街と、その不確かな壁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 街と、その不確かな壁の意味・解説 

街と、その不確かな壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/05 06:33 UTC 版)

街と、その不確かな壁』 (まちと、そのふたしかなかべ) は、村上春樹の実質的には3作目となる中編小説。




  1. ^ 『文學界』(文藝春秋、1991年4月増刊号「村上春樹ブック」)「『1973年のピンボール』が芥川賞の候補になって、何か書けと言われたんです。『群像』には受賞第一作を書いたから義理を果たしたし、一つ書けるかなと思ったし、あの話は書きたい話だったんです。(中略)ただ、あれは失敗だったんですね。というのは、ああいうことはやるべきじゃなかったんです。僕はいまでも後悔してる。受賞第一作用なんて書くべきじゃなかった。これは声を大にして言いたい。(中略)あれはむずかしい話なんです。あのころの僕の実力ではとても歯が立たなかったんです。」


「街と、その不確かな壁」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

街と、その不確かな壁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



街と、その不確かな壁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの街と、その不確かな壁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS