將とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

しょう【将〔將〕】

読み方:しょう

[音]ショウシャウ)(漢) [訓]まさに はた

学習漢字6年

軍を統率する長。「将棋将軍将校将兵王将主将智将(ちしょう)・敗将武将勇将

軍隊の階級用いる語。「将官空将少将中将

引き連れるもたらす。「将来

これからしようとする。「将来

名のり]すけ・すすむ・たすく・ただし・たもつ・のぶ・ひとし・まさ・もち・ゆき

難読女将(おかみ)・将曹(さかん)・将監(じょう)


しょう〔シヤウ〕【将】

読み方:しょう

軍隊率い指揮する者。将帥(しょうすい)。「一軍の—」

軍人階級の一。将官

自衛官階級の一。最高位階級で、陸将海将空将があり、諸外国軍や旧日本陸海軍大将中将相当する

律令制近衛府(このえふ)の官名大将中将少将があった。


はた【将/当】

読み方:はた

[副]

あるいは。それとも。はたまた。「夢か、—幻か」

さらにまた。そのうえまた。「野越え山越え、—海を越え

かくては生けるかいもなし。—如何にして病の牀のつれづれ慰めてんや」〈子規墨汁一滴

ひょっとすると

「さ雄鹿(をしか)の鳴くなる山を越え行かむ日だにや君が—逢はざらむ」〈九三五〉

それはそれとして。こちらはこちらで

「男破(わ)れて、逢はむ、と言ふ。女も—、いと逢はじ、とも思へらず」〈伊勢・六九〉

そうはいっても。とはいえ

「しばし休らふべきに、—侍らねば」〈源・帚木

いうまでもなく。まして。

女房共、いまいましきまで泣きあひたり。若君乳母、—言ふべきやうなし」〈今昔一九・九〉

思ったとおり。やはり。

「ひとへに魔王となるべく大願誓ひしが、—平治の乱出で来ぬる」〈読・雨月白峯

否定疑問感動などの表現強める語。まったく。いったい。

「家のうちに足らぬことなど—無かめるままに」〈源・帚木

「いで、あな悲し。かく—おぼしなりにけるよ」〈源・帚木


読み方:ハタhata

それとも、或はもしくは

別名 為当


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 07:35 UTC 版)

(しょう)は、自衛隊の階級区分の一つ[1]


  1. ^ 自衛官の階級 防衛省
  2. ^ 自衛隊及び各国軍隊の定年年齢(参考15)防衛省改革会議資料
  3. ^ a b 2012年英語版防衛白書
  4. ^ a b c d 新和英大辞典,研究社
  5. ^ a b 猪瀬直樹の「眼からウロコ」 しがらみに捉われなければ正しい答が出せる”. nikkei BP net (2007年12月6日). 2007年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月5日閲覧。
  6. ^ a b 階級章(アメリカ空軍及び航空自衛隊)アメリカ空軍資料
  7. ^ a b 階級章 海上自衛隊
  8. ^ 世界の艦船増刊第59集『海上自衛隊の50年』、22頁。海上警備監では階級章は区別されていない。
  9. ^ 統合幕僚長および云々では余りにも表現が長すぎるため、中国や台湾を参考にして、便宜上、四星(よつぼし)陸(海、空)将と表現した方が良いのではとの声もある。
  10. ^ 自衛隊法 | e-Gov法令検索”. elaws.e-gov.go.jp. 2022年5月6日閲覧。
  11. ^ 「自衛隊法施行規則の一部を政正する総理府令」(昭和37年総理府令第67号)『官報』本紙 第10788号(昭和37年12月1日)
  12. ^ 統合幕僚長の場合、特に陸軍将軍と呼称する場合もある。
  13. ^ 「幕僚監部付」等いわゆる待機配置の場合は指定職ではない。例:田母神俊雄元空将
  14. ^ 第186回国会 参議院 外交防衛委員 第21号 2014年(平成26年)6月5日


「将」の続きの解説一覧

将(秦、楚、韓、斉、魏、趙、燕)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/13 04:00 UTC 版)

七国象棋」の記事における「将(秦、、韓、斉、魏、趙、燕)」の解説

縦・横斜めに何路でも進める(チェスクイーンと同じ)。駒を飛び越えることはできない取られる負けとなる。 \ ┃ / ━ ▲ ━ / ┃ \

※この「将(秦、楚、韓、斉、魏、趙、燕)」の解説は、「七国象棋」の解説の一部です。
「将(秦、楚、韓、斉、魏、趙、燕)」を含む「七国象棋」の記事については、「七国象棋」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 09:28 UTC 版)

百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の記事における「将」の解説

士をまとめ、士と契約することで自身の剣姫とする素質のある人間のこと。本来は将軍家家系にしか現れることがない

※この「将」の解説は、「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の解説の一部です。
「将」を含む「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の記事については、「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の概要を参照ください。


将(しょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 07:04 UTC 版)

デメキン (小説)」の記事における「将(しょう)」の解説

堂中学校出身。1年生のときに正樹厚成出会い以後行動を共にする仲間内ではヒロやひさしと特に仲がいい盗み得意で非常に手口早くそれでいて一度もバレていないと仲間内からは評価され食料調達などの際に頼られている。盗めない物はないと評されており、果てはバイクロケットカウルまで盗ってきた。高校進学後ほどなくして仲間内立ち上げた暴走族「亜」に入りその後福岡連合傘下の「幻影」に組する高校正樹らとは別の学校進学したようであり、高校編以降はあまり登場しない

※この「将(しょう)」の解説は、「デメキン (小説)」の解説の一部です。
「将(しょう)」を含む「デメキン (小説)」の記事については、「デメキン (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「將」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 02:34 UTC 版)

発音(?)


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:09 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ショウ軍隊指揮者
  2. ショウ将官
  3. ショウ律令制近衛府官名
  4. ショウ自衛隊における階級陸将海将空将総称将補の上軍隊において中将大将相当する

副詞

  1. はた)また。あるいは
  2. はたひょっとすると
  3. はたしかしとはいえ
  4. はた思ったとおり


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「將」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



將と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

將のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



將のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの七国象棋 (改訂履歴)、百花繚乱 SAMURAI GIRLS (改訂履歴)、デメキン (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS