再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地の意味・解説 

再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地

名称: 再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地
ふりがな ふたたびこうえん・ふたたびさんえいきゅうしょくせいほぞんち・こうべがいこくじんぼち
種別 名勝
種別2:
都道府県 兵庫県
市区町村 神戸市北区山田町
管理団体
指定年月日 2007.02.06(平成19.02.06)
指定基準 名1
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 再度公園は、昭和12年(1937)に開設された森林人造池を中心とする都市公園である。東西長く延び狭隘土地発達した港町神戸にとって、背後に迫る六甲山地豊かな木材供給資源であるとともに都市生活上の休養行楽機能を持つ重要な自然環境地域でもあった。
幕末開港以来市街地拡大伴って建築資材及び薪炭材需要が高まり、六甲山樹木乱伐によって次第荒廃ていったそのため明治35年(1902)から再度山を含む約600ha山域において、石垣造成により山腹工が施され、風致木を含め20種類にも及ぶ多様な樹種により緑化事業開始された。これは、六甲山域における最初植生再生事業であった。その後都市生活における衛生環境改善のために上水道確保し、大量降雨の際に土砂災害防止することが必要となったため、貯水池として修法ヶ原の池が整備され、現在の再度公園の祖形が形成された。
再度公園は、居留外国人のみならず広く神戸市民にとって、市街地ほど近い豊かな自然環境の下に、登山・ハイキング・クロスカントリーなどを楽しめる森林公園として長く親しまれてきた。また、再度山中心とする植林地は、六甲山域において最初緑化事業が行われた記念的な意義を持つことから、神戸市が「永久植生保存地」として適切な管理努めてきた。
公園の北半部を占め外国人墓地は、徳川幕府により外国人居留地隣接地に開設された小野外人墓地明治時代後期飽和状態となり、続いて開設された春日野外人墓地狭隘となったことから、昭和12年(1937)より新たに外国人のための公園墓地として造成開始されたものである第二次世界大戦激化した昭和16年1941)から戦後混乱期にかけて造成工事中断されたが、昭和26年再開され、翌年完成した。小野浜及び春日野の両外人墓地からの移転統合完了したのは昭和36年(1961)であったが、移転に当たっては、両外人墓地地区別に配置し、それぞれに存在した墓碑慰霊碑のみならず、門・柵・車止めに至るまで移転前の形姿を損なうことなく移設された。
上のように、再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地は、保健休養の場である都市公園としてのみならず六甲山域における最初植生再生地や居留外国人墓園としても公園史上価値は高く、その風致に富んだ優秀な景趣及び設計思想には高い芸術上又は観賞上の価値認められる再度公園及び再度山永久植生保存地区域をはじめ、外国人墓地のうち明治初年堺事件により死亡した11名のフランス人水兵の墓域、及び身寄りのない外国人墓所として神戸市整備した墓域その他の記念碑などを含め、名勝指定して確実な保護を図ろうとするものである
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
名勝:  根来寺庭園  佐渡海府海岸  佐渡小木海岸  再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地  桜川  笹川流  三多気のサクラ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地」の関連用語

再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS